最初の人類は霊をもつ生き物であった


初めに神は 人を創った

神は人類の 始祖アダムを創った

触れることの出来る 完全な形を持ち

いのちに溢れるアダムは目覚めた

神の栄光に包まれて

それから神は 最初の女エバを創った

エバはアダムの あばら骨から造られた

エバも又全ての 人類の始祖である

アダムとエバは起き上った 神の息と栄光によって

あぁ、なんて栄光に満ちた日だろう!

神がアダムを創った日は

あぁ、なんて栄光に満ちた日だろう!

神がエバを創った日は

彼らは人類の始祖であり 純粋で貴重な宝

彼らは男と女であり 霊を持つ生き物


その手で神は アダムを創った

栄光といのちに 満ちた者として

触れることの出来る 完全な人アダムは

霊と息を与えられた生き物 それは神の似姿の現れ

エバは神の 息を持った 二番目の 人間であった

いのちに溢れ神の 栄光を授けられて

アダムから同じ神の似姿に造られた

骨と肉と霊をもつ生きた存在

あぁ、なんて栄光に満ちた日だろう!

神がアダムを創った日は

あぁ、なんて栄光に満ちた日だろう!

神がエバを創った日は

彼らは人類の始祖であり 純粋で貴重な宝

彼らは男と女であり 霊を持つ生き物

彼らは男と女であり 霊を持つ生き物

『言葉は肉において現れる』の「神の経営の中でのみ人は救われる」より編集

前へ: 神の憐みにより人は今日まで生存することができた

次へ: 堕落した人類の悲哀

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神は六千年に及ぶ救いの計画における支配者である

全ての神の働きは 神自身によって為される 神の働きを起こすのも、完了させるのも神である その全ての働きを 計画するのは神であり  それを営むのもそれを 成就させるのも神である それについて 聖書にはこう 書かれている・・ 書かれている 「神は始めであり・・神は終わりでもある  …

全能神の聖なる霊の体が現れた

全能神が栄光の体を現し 神の聖なる体が現れた 彼は神自身であり 真の神である 世界は変わり 肉もまた変わった 神の変容は神の真の姿である 金の冠を冠り 白い衣まとい 金の帯 胸に巻く 世界の万物は神の足台 神の眼は炎のようで 口には諸刃の剣 右手には七つの星 神の国の道は無…

神の新しい業を受け入れる者は祝福される

聖霊の今の言葉に従えば 誰もが祝福される 聖霊がどう働きかけたかや 過去がどうであろうと この日に御業を受け入れる者は 誰より祝福される この日に御業を受け入れずいれば ふるい落とされる 今 新しい光を受け入れよう 今 神の御業を受け入れよう 神は待っておられる 御業を受け…

人間への神の憐れみは止んだことはない

「創造主の憐れみ」は虚しい言葉や約束ではない 原則と目的があり 真実で現実的で虚偽ではない その憐れみは人に授けられ とこしえに続く だが創造主がヨナと交わした言葉に残っている なぜ彼が憐れみ深いか どのようにそれを示すか どれだけ人に寛容か そして彼らへの本当の感情が 幾度怒り…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索