神の裁きは人間を完全にする主要な方法

神は義の性質で人を完全にする

神の主な性質は義と威厳 怒り

呪いと裁きであり

神は裁きで人を完全にする

神の業が分からない人は尋ねる

「なぜ裁きと呪いでしか人を完全にできないのか?

神に呪われたら死ぬじゃないか?」と

裁かれたら罪に定められないのか?

それで完全にされうるのか?

これが神の働きを知らない人の問いだ

神は義の性質で人を完全にする

神の主な性質は義と威厳 怒り

呪いと裁きであり

神は裁きで人を完全にする

神が呪うのは人の不従順で

神が裁くのはすべての罪だ

神の厳しく激しい言葉が

人の内なる本質を暴く

裁きで人は肉の本質を知り

神に従うようになる

神は義の性質で人を完全にする

神の主な性質は義と威厳 怒り

呪いと裁きであり

神は裁きで人を完全にする

肉は罪深くサタンに属し

反抗的で罰せられる

己を知るためには裁きの言葉が必要で

精錬によって初めて

神の働きは実を結ぶ

裁きは人を完全にする最上の方法

神は義の性質で人を完全にする

神の主な性質は義と威厳 怒り

呪いと裁きであり

神は裁きで人を完全にする


『言葉は肉において現れる』の「辛い試練を経験することでのみ、神の素晴らしさを知ることができる」より編集

前へ: 終わりの日における神の裁きの業の意義

次へ: 征服の働きの内なる意味

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神の言葉による裁きは人を救うため

神が語った刑罰や裁きについての多くの言葉は あなたに下ることはなかった そう、確かに下ることはなかった 神は業を為し、語るために来た 神の言葉が厳しいのは あなたの堕落と反抗を裁くためなのだ 神の目的は人を害することではなく サタンの支配から救うことである 神の言葉が厳しいのは成…

人類はもはや神が望むような存在ではない

人類は何年もかけ発展し 今日に至った しかし神が創造した人類は 長い間堕落に沈んでいる 人は神の存在を信じない 神が来ることを歓迎しない 神の求めにいやいや同意し 人生の喜び 悲しみを 心から神と分かち合わなかった 人は神を不可解なものと見る 神に微笑むふりをし へつらうよ…

神の言葉を実践しない人は取り除かれるだろう

神の働きと言葉は あなた方の性質に変化をもたらすためにある 神の目的は働きと言葉を理解させ 知らしめるだけでは十分でなく それが全てではない 神の言葉はほとんどが人の言語で書かれているため あなたが受け入れるなら容易に理解できる 凡人であっても 神があなたに知って欲しいこと …

神の本質は全能で実際的である

神が実際的にわざを行う間、ご自身の性質と全てを表す。神は人にできないわざができる。ここに神の全能がある。神はそのわざをご自身でする。ここに神が実際的であることが示される。心に留めよ。神の本質は全能で実際的、それぞれが強め合う。神のすることは、ご自身の性質と神が何であるかを表す。神…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索