192 神の裁きは私を罪から救う

すべてを捨てて主に従うと 何度も誓ったのに

富と名声の誘惑から自由になれなかった

福音を広め 主を証しするために苦しむのは 栄誉あることだと実感していたのに

弾圧や苦難に出会うと 屈辱と恥を感じた

主の戒めを守って 己を愛するように人を愛すると たびたび決意したのに

地位のために企んで同労者と競い 罪の中で生きていた

主の御前で何度も断食して祈り 切に呼び求めた

ああ主よ いつお戻りになって 私を罪の淵から救ってくださるのですか

私はいつ清められて あなたと天国に入れるのですか

茫然としながら 心の扉を叩く全能神の声を聞いた

その御言葉はどれも 鋭い剣のように心を突き刺し 堕落の真相を暴く

私が主を信じていたのは ただ祝福を得て天国に入るため

主と取引していただけ

主の恵みを享受していたが 主の愛に報いることを考えなかった 良心や理知がどこにあるのか

主を証しすることを口にしながら 地位のために働いていた

私は主を騙した

善い行いを積んだおかげで 自分は本当に変わったと思い込んでいた

試練に遭遇すると 証しをしていると信じながらも 心の中では不満を言った

罪の中に生き 毎日罪を犯して告白するのに それでも天国に入ることを切望した

神の義と聖さを見て 恥ずかしさを隠せずひれ伏した

神の裁きと刑罰を経るのは 火の池で精錬されるよう

私はいつも傲慢で反抗的だった

神は私を厳しく懲らしめ鍛えた

自分のやり方にこだわると 聖霊は離れてしまい 私は闇の中で生きる

私は何度も頑固で反抗的になり いつも神の裁きから逃れたがった

御言葉が私を啓いて導き 神の働きを理解させた

神の裁きが人にあらわすのは 全て真理と義

神を信じながらも裁きに従わないなら どうして神を知り真理を得られるだろう

真理を追い求めすに どうしてサタンの影響から逃れられるだろう

試練を通して 裁きと刑罰がまことに神の愛だと知った

神の裁きが私を救い 私は真の人間らしく生きる

前へ: 191 神の言葉が私の心を目覚めさせた

次へ: 193 神の憐みが私を甦らせた

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

155 神の肉と霊は全く同じ本質を持つ

1 神の霊が纏っている肉は神自身の肉である。神の霊は至高であり、全能で、聖く、義である。同様に、神の肉も至高であり、全能で、聖く、義である。2 このような肉は、人間にとって義であり有益なこと、聖いこと、栄光あること、そして力あることしか行えず、真理や道義に反することはできず、まし…

101 神の救いの業の目的

1神には6000年に渡る救いの計画がありそれは3つの段階に分かれている律法の時代次に恵みの時代そして最後の段階は神の国の時代と呼ばれているそれぞれの段階で神の業は違うが全ては人類に必要であり神と戦う サタンの企みに対処するもの神と戦う サタンの企みに対処するもの神の業の目的は神の…

774 ペテロの神への愛の表現

1生活で神の要望を満たせないものがあればそれはペテロを不安にしたもしそれが神を満足させなければ彼は悔やみ努力し神の心を満たそうとした生活のどんなに小さなことでもペテロは神の要望を満たそうと自らに求め自分の古い性質を容赦することなく更に深く真理に入ることを求めた更に深く真理に入るこ…

905 神の権威を知るための道

1神の権威と力神に固有の身分と本質についての認識はあなたの想像力によって得られるものではないあなたの想像力によって得られるものではない「想像するな」ということは「何もせずただ座って破滅を待て」という意味ではなく「何もせずただ座って破滅を待て」という意味ではなく「論理を用いて推測せ…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索