本分を守らなければならない

人間に確信が無ければ、その道を歩み続けるのは容易では無い。現在、全ての者は、神の業は人間の観念とは全く相容れないものであり、神が行う業や、神の言葉がいかに多くても、それは人間の観念とは全く異なることが分かる。このことにより、確信を持ち、それまで理解したこと、経験の中から得たことを固持する決意を固めることが、人間に対して求められる。神が人間に対して行う業が何であるかを問わず、人間は自分自身が所有するものを保ち、神の前で誠実であり、最後まで神に忠実である必要がある。そうしたことは、人類の本分である。これが、人間がすべき事であり、人間はこれを保つ必要がある。

神への信仰には、神への服従と、神の業を経験することが必要とされる。神は多数の業を行って来ており、人間にとって、それは全てが完全にする業であり、精錬の業であり、さらにそれは全て刑罰であると言えるであろう。現在まで、神の業の段階には人間の観念に則したものが一切無く、人間が享受してきたのは、すべて神の辛辣な言葉のみである。神が来る時、人間は神の威厳と怒りを享受するはずだが、神の言葉がいかに辛辣であったとしても、神は人類を救い、完全にするために来る。被造物として、人間はなすべき本分を尽くし、精錬の最中に神の証しに立つ必要がある。あらゆる試練において、人間は、なすべき証しを堅持し、神の明白な証しに立つ必要がある。それが勝利者である。

『言葉は肉において現れる』の「あなたは神への忠誠を保たなければならない」より編集

前へ: あなたの本分を尽くすことだけが神を満足させることができる

次へ: 本分を良く尽くせば証しに立つことができる

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神は六千年に及ぶ救いの計画における支配者である

全ての神の働きは 神自身によって為される 神の働きを起こすのも、完了させるのも神である その全ての働きを 計画するのは神であり  それを営むのもそれを 成就させるのも神である それについて 聖書にはこう 書かれている・・ 書かれている 「神は始めであり・・神は終わりでもある  …

神は誠実な者を祝福する

あなたが神だけに心を捧げ 決して裏切らず どんな立場の人も決して欺かず 神に何も隠しごとをしない時 神の歓心や微笑みを求めたりせずに どんなことも私心なく行う時 あなたは誠実であると言えるのだ 誠実とは あらゆる言葉や行いにおいてけがれを避け 神も人も欺かないこと 誠実とは …

罪に捕らえられた悔い改めない人々は救いようがない

自分の肉や安楽だけを考える者 信仰の確信のない者 魔術師や妖術師 好色で落ちぶれた者 神から盗み、捧げものを奪う者 賄賂を愛し、天国をぼんやり夢見る者 高慢で名利を追い求める者 不遜な言葉を広め 冒涜的で神をそしる者 神を裁く者 徒党を組み集う者 神の上に立うとする者 浮…

人間の意図はみな何のためなのか?

信者でない子供や親戚を 教会の中へと引き込む者たちはみな 自己中心で親切心を示している 人々が信じているかどうか この行いが神の意志に沿うかどうかに関わらず 彼らはただ愛だけを強調する 神の前に妻や両親を連れてくる人もいるが 聖霊が同意するかどうか 働きを行うかどうかに関わらず…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索