神の国の王は勝利した


神が語り始めると 東から稲妻が閃く

天空は照らされ すべての星が変化し

人類は分類され清められる


稲妻の輝きのもと 人間の真相があらわにされる

目がくらみ混乱し 醜い顔を隠すことはできない


赤い大きな竜のすみかに 神は新たな始まりをもたらし

神のものである宇宙で 新たな働きも始めた


すぐに地上の王国は 神の国になるだろう

神は勝利し凱旋したからだ


人間はみな驚き じっと待ちながら見守っている

神の光が現れ みな自分の生まれた日を

喜ぶと同時にその日を呪う


矛盾する感情は はっきりと表現しにくい

自責の涙は川となり 激流にのまれ瞬く間に消える


赤い大きな竜のすみかに 神は新たな始まりをもたらし

神のものである宇宙で新たな働きも始めた


すぐに地上の王国は 神の国になるだろう

神は勝利し凱旋したからだ


再び神の日が迫り 人類を目覚めさせ

新たな始まりを迎えさせる


神の心は高鳴り そのリズムに合わせて

波は岩に打ち付け 山は躍動し水は踊る

神がその思いを語るのは困難だ


神はその眼光で 邪悪で穢れたものを焼き尽くす

背きの子らが消え 再び現れないことを望む


赤い大きな竜のすみかに 神は新たな始まりをもたらし

神のものである宇宙で新たな働きも始めた


すぐに地上の王国は 神の国になるだろう

神は勝利し凱旋したからだ

『言葉は肉において現れる』第二部「全宇宙への神の言葉」の「第十二章」より編集

前へ: 神は神の国で王権を振るう

次へ: 七つの雷鳴が玉座から発せられる

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

神の足跡を探すなら

神の足跡を探すなら 探さねばならない 神の御心、神の御言葉、神の御声 神の新しい御言葉の中 神の御声がある 神の足跡があるところには 神の御業がある 神の印があるところ そこには神が現れる 神の現れるところには 真理、道、命がある 神の足跡を探す時 神の真理、生きる道、命…

人類はもはや神が望むような存在ではない

人類は何年もかけ発展し 今日に至った しかし神が創造した人類は 長い間堕落に沈んでいる 人は神の存在を信じない 神が来ることを歓迎しない 神の求めにいやいや同意し 人生の喜び 悲しみを 心から神と分かち合わなかった 人は神を不可解なものと見る 神に微笑むふりをし へつらうよう…

神は人を救うために大いに苦しむ

神は、遠い昔に人間の世界へ来て人間と同じ苦難を受けた。神は長年にわたり人間と共に生活したが、彼の存在を見出した者はいなかった。神は人間の世界の惨事に黙して耐えつつ、自身が負う業を行っている。父なる神の心と、人間の必要性のため、神は人間が嘗て経験したことの無い苦痛を受け、それに…

神は傷つきながら人を愛する

肉にある神は裁かれ 罪に定められ 嘲笑され 悪魔と宗教界に追い払われた 誰も神の痛みを埋め合わすことはできない 人類の抵抗や中傷 追跡とでっち上げは 神の肉が危機に直面する原因となる 誰がその苦痛を理解し和らげることができるのか? 神は忍耐強く 堕落から人を救い …

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索