神の国の讃歌

あまたの民がわたしに喝采を送り、わたしを賛美する。万民が唯一の真なる神の名を呼び、わたしの業を仰ぎ見る。神の国が人の世に降臨し、わたしの本体は豊かで充実している。誰がこれを喜ばないのか。誰が歓喜のあまり踊らないのか。ああ、シオンよ。勝利の旗を掲げてわたしを祝え。勝利の歌を歌いあげ、わたしの聖なる名を広めよ。地の果てまでも存在するすべての被造物よ。直ちに自らを清めてわたしへの捧げ物となれ。大空の星よ。直ちにもとの位置に戻り、わたしの全能なる力を天空に示せ。わたしは地上の民の声に耳を傾ける。わたしへの無限の愛と畏れを歌に注ぐ民の声に。すべての被造物が蘇るこの日、わたしは人の世に降臨する。この瞬間、まさにこの節目、すべての花が一斉に咲き乱れ、すべての鳥が声を揃えて歌い、すべてのものが喜びに打ち震える。神の国の礼砲が鳴り響くと、サタンの国はよろめき倒れ、神の国の賛歌がとどろく中で滅び、二度と立ち上がることはない。

地上の誰があえて立ち上がり抵抗するというのか。地に降り立つわたしは焼き尽くす火をもたらし、怒りをもたらし、ありとあらゆる災難をもたらす。地上の国々はいまやわたしの国である。空の雲は激しく動いて渦を巻き、地の湖と川はうねりをあげ、感動的な旋律を喜んで奏でる。休んでいた動物はねぐらから現われ、万民はわたしにより眠りから呼び覚まされる。万民の待ち望んでいた日がついに来た。彼らは最も美しい歌をわたしに捧げるのだ。

この美しい瞬間、この心躍るとき、

賛美が天地のあらゆるところで鳴り響く。誰が興奮しないだろうか。

誰の心が明るくならないだろうか。誰がこの光景に涙を流さないだろうか。

空はかつての空でなく、いまや神の国の空である。

地はかつての地でなく、いまや聖なる大地である。

激しい雨が降ったあと、汚れた古い世界は何もかも新しくされる。

山が変わりゆく……水が変わりゆく……

人も変わりゆく……万物が変わりゆく……

ああ、汝静かなる山々よ。立ち上がってわたしのために踊れ。

ああ、汝静かなる水よ。絶えず自由に流れよ。

汝、夢を見ている人間よ。起きあがり追え。

わたしは来た……わたしは王……

全人類がその目でわたしの顔を見、その耳でわたしの声を聞く。

そして自ら神の国の生活を送る……

何と甘美なことか……なんと美しいことか……

忘れられない……忘れることなどできない……

わたしの怒りが燃えさかる中、赤い大きな竜はのた打ち回る。

威厳に満ちたわたしの裁きにおいて、悪魔はその正体を現わす。

わたしの厳格な言葉に人はみな深く恥じ入るが、どこにも隠れる場所がない。

人は過去を振り返り、いかにわたしを嘲りあざ笑ったかを思い出す。

人が自己顕示しなかったときはなく、わたしに挑まなかったときもない。

今日、泣いていない者がいるのか。自責の念を感じない者がいるのか。

全宇宙、全世界が泣き声で満たされる……

歓喜の声で満たされる……笑い声で満たされる……

比類なき喜び……比べるものなき喜び……

小雨がしとしと降り……大雪がしんしん降る……

人は悲喜こもごも……笑う者……

泣きじゃくる者……歓喜する者……

誰もが忘れてしまったかのよう……いまが雨と雲に満ちた春なのか、

花が咲き誇る夏なのか、豊かな収穫の秋なのか、

凍えるような冬なのか、誰一人知る者はいない……

空には雲が流れ、地では海がうねりをあげる。

子らは腕を振り……民は足を動かして踊る……

天使は働きにいそしみ……牧養している……

地では人々はみな忙しく立ち回り、地の万物はその数を増す。

前へ: 第十章

次へ: 第十一章

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

性質が変わらないままなのは、神に敵対していることである

数千年にわたる堕落の後、人は麻痺し、物分かりが悪くなり、神に反対する悪魔になり、神への人の反抗の歴史は「史記」に記録されるほどになり、人自身でさえその反抗的行いに完全な説明ができなくなってしまっている。人はサタンにより深く堕落させられ、惑わされてしまったので、どちらに向いたらよい…

あなたは全人類がこれまでどのように発展してきたかを知らねばならない

六千年にわたって行われてきた働きは、その全体が時代とともに徐々に変化してきた。この働きに見られる変化は、世界全体の情勢と、人類の全体的な発展の傾向に基づいて起こったものであり、経営の働きはただそれらに従って徐々に移り変わってきたのである。創世の当初からすべてが計画されていたわけで…

働きと入ること(4)

人が聖霊の働きに従って本当に真理へ入れるなら、その人のいのちは春の雨後のタケノコのごとく急速に成長する。大半の人が現在有する霊的背丈から判断すると、人は誰もいのちを重要視しておらず、それどころか一見取るに足らない事柄に重点を置いている。さもなければ、彼らはあちこちへ突進し、どの方…

第十五章

人間はみな自己認識をもたない生き物であり、自分を知ることができずにいる。それにもかかわらず、掌を指すかのごとく他の全員のことを知っており、他人のすべての言動はまず彼らの目の前で「吟味」され、承認を得てからなされたかのようである。結果として、他の全員のことを心理状態まですべて知り尽…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索