言葉の働きを通して人々は神をよりよく知る

終わりの日の神は、しるしや奇跡で抑えつけたり説得するのではなく、

主に言葉を用いて人を完全にする。

何故ならそれらは、神の力を説明できないからだ。

神がしるしと奇跡だけを示したら、

神の実在性を明らかにすることは不可能であり、

人を完全にすることもできないだろう。

神はしるしと奇跡によって人を完全にするのではなく、

言葉を使って人を潤し、人を牧会し、

人が従順になり神を知ることを実現する。

これが神の業と言葉の目的である。

神はしるしと奇跡を用いて、人を完全にするのではない。

代わりに、言葉と様々な業を用いる。

それは精練、取り扱い、刈り込み、言葉による満たしなどである。

神は違った観点から語り、人を完全にし、

神の業と知恵と素晴らしさへのより広い認識を与える。

今日なされる神の業は実際の業であり、

何のしるしも奇跡もない。

なぜなら、それらは神の実際の業を混乱させ、

神が何の業も出来なくなるからである。

もしも神が、人を完全にするために

言葉を用いると言い、

同時にしるしや奇跡を示すならば、それは神への信仰が本物であるかどうかを示すことが出来るだろうか?

それ故、神はそのようなことはしない。

神はしるしと奇跡を用いて、人を完全にするのではない。

代わりに、言葉と様々な業を用いる。

それは精練、取り扱い、刈り込み、言葉による満たしなどである。

神は違った観点から語り、人を完全にし、

神の業と知恵と素晴らしさへのより広い認識を与える。

人間は宗教でいっぱいである。

人の宗教的観念、超自然的な事柄を取り除き、

神の現実を教えるために、

神は終わりの日に来た。

神は抽象的で空想的で、

実在しない、神のイメージをとり除くために来た。

だから、今、あなたにとって唯一大切なことは、

現実の認識を持つことである。

神への信仰において真理を探求し、

しるしや奇跡よりも、命を追求すること、

これこそが神を信じる全ての者の目標であるべきだ。

神はしるしと奇跡を用いて、人を完全にするのではない。

代わりに、言葉と様々な業を用いる。

それは精練、取り扱い、刈り込み、言葉による満たしなどである。

神は違った観点から語り、人を完全にし、

神の業と知恵と素晴らしさへのより広い認識を与える。

『言葉は肉において現れる』の「すべては神の言葉が達成する」より編集

前へ: 言葉が肉において現れることの実際の意義

次へ: 神は終わりの日に言葉を用いて全宇宙を征服する

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神を崇め悪を避ける者を神は救う

ノアの時代に 人類は迷って堕落をし 神の祝福を失った もはや神の配慮は得られずに 神の約束は失われた 神の光りを失くした 彼らは暗闇の中で生き ふしだらな性質になり 恐ろしい堕落へと身を任せた ノアだけが悪を避け神を崇めたので 神の声と指示を聞くことができ 神の命令に従って箱舟を…

人間に対する神の姿勢

神は決然としてことを為す 神の目的と原則はいつも 簡潔で明瞭だ 企みも策略も 一切なく 全てが純粋で完璧だ 神の本質には 闇も悪も全くない 人々の邪悪な行いが 神を怒らせる時 真に悔い改めなければ 神は彼らの上に 怒りを注ぐ 人々が神に背き続けるなら 神の憤りは 彼らが滅ぶま…

聖霊の働きは普通で実際的だ

聖霊の働きは普通で現実的だ 神の言葉を読んで祈るとき 心は揺るぎないものとなる 外の世界はあなたを妨げない あなたの心はとても明るくなる あなたは喜んで神を愛し 邪悪な世界を憎み良いことを好む これが神の内に生きることであり 一部の人が言うような 非常に楽しむという 非現実的な…

神の足跡を探すなら

神の足跡を探すなら 探さねばならない 神の御心、神の御言葉、神の御声 神の新しい御言葉の中 神の御声がある 神の足跡があるところには 神の御業がある 神の印があるところ そこには神が現れる 神の現れるところには 真理、道、命がある 神の足跡を探す時 神の真理、生きる道、…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索