神を知ることは人類への最後の要求


神の言葉を知る過程とは

神とその働きを知るようになること。

ビジョンを知ることは、肉なる神、

その人間性、神の言葉と働きを知ること。


神の言葉から、人は神を知るようになり、

人は神の意志を悟る。

神の働きから、人は神の性質を知り、

人は神の存在そのものを知る

神を知ることは、働きが完成した時に遂げられる最後の成果、

人への最後の要求。

それは神の最後の証しのため。

神がこの働きをするのは、

ついには人が完全に神に立ち返るため。


神への信仰は神を知る第一歩。

最初の信仰が深まりゆくこと、

それこそが神を知るようになり、

神の働きを経験する過程。


神への信仰がただ信じるだけで

神を知るためではないなら、

あなたの信仰には現実がなく、

信仰が純粋でないのは明らかだ。

神を知ることは、働きが完成した時に遂げられる最後の成果、

人への最後の要求。

それは神の最後の証しのため。

神がこの働きをするのは、

ついには人が完全に神に立ち返るため。

もし神の働きを経験する過程において、

人がしだいに神を知るようになると、

人の性質はゆっくりと変わり、

信仰がより本物になる。

神への信仰がうまくいくとき

人は神を完全に得ている。

神が大きな犠牲を払って再び肉となったのは、

人が神を知り、見ることができるため

神を知ることは、働きが完成した時に遂げられる最後の成果、

人への最後の要求。

それは神の最後の証しのため。

神がこの働きをするのは、

ついには人が完全に神に立ち返るため。

人は神を知ることでのみ神を愛するようになる。

神を愛するには、神を理解するようにならなければいけない。

何をどのように求めようと、神を知ることができなければいけない。

それが神の意志にかなう唯一の道。


『言葉は肉において現れる』の「神を知る者だけが神に証しを立てることができる」より編集

前へ: 神はサタンに完全に打ち勝つ者だけを得る

次へ: 神の為すことはすべて人類の救いに関わっている

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

神への信仰の本当の意味

神を信じている人はたくさんいるが、神への信仰とは何を意味するか、神の心に従うためには何をしなければならないかを理解している人はほとんどいない。人々は「神」という言葉や「神の働き」のような語句はよく知っているが、神を知らないし、ましてや神の働きなど知らないからである。それなら、神…

あなたは肯定的な進歩を追い求めるべきだ

人が神の意志を理解し 共通の理想のために 神を満足させるよう共に働き 神の国への道を共に進むことを 神は願っている 無用な観念を持つ必要などあるのだろうか? 今まで神のために存在しない者などいただろうか? それなら悲しみも 嘆きも ため息も 何になるというのか? これは誰のた…

罪に捕らえられた悔い改めない人々は救いようがない

自分の肉や安楽だけを考える者 信仰の確信のない者 魔術師や妖術師 好色で落ちぶれた者 神から盗み、捧げものを奪う者 賄賂を愛し、天国をぼんやり夢見る者 高慢で名利を追い求める者 不遜な言葉を広め 冒涜的で神をそしる者 神を裁く者 徒党を組み集う者 神の上に立うとする者 浮つ…

堕落した人類の悲哀

幾時代も神と共に歩みながら 一体誰が知っているだろうか 神が万物の運命を治め指揮し導いていることを 人が心に留めないのは 神の業が曖昧だからでも 計画が果たされていないからでもなく 人の心と霊が神から離れているからだ 彼らは神に従う時でさえ 気づかぬままサタンに仕えている …

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索