神を知ることは人類への最後の要求

神の言葉を知る過程とは

神とその働きを知るようになること。

ビジョンを知ることは、肉なる神、

その人間性、神の言葉と働きを知ること。

神の言葉から、人は神を知るようになり、

人は神の意志を悟る。

神の働きから、人は神の性質を知り、

人は神の存在そのものを知る

神を知ることは、働きが完成した時に遂げられる最後の成果、

人への最後の要求。

それは神の最後の証しのため。

神がこの働きをするのは、

ついには人が完全に神に立ち返るため。

神への信仰は神を知る第一歩。

最初の信仰が深まりゆくこと、

それこそが神を知るようになり、

神の働きを経験する過程。

神への信仰がただ信じるだけで

神を知るためではないなら、

あなたの信仰には現実がなく、

信仰が純粋でないのは明らかだ。

神を知ることは、働きが完成した時に遂げられる最後の成果、

人への最後の要求。

それは神の最後の証しのため。

神がこの働きをするのは、

ついには人が完全に神に立ち返るため。

もし神の働きを経験する過程において、

人がしだいに神を知るようになると、

人の性質はゆっくりと変わり、

信仰がより本物になる。

神への信仰がうまくいくとき

人は神を完全に得ている。

神が大きな犠牲を払って再び肉となったのは、

人が神を知り、見ることができるため

神を知ることは、働きが完成した時に遂げられる最後の成果、

人への最後の要求。

それは神の最後の証しのため。

神がこの働きをするのは、

ついには人が完全に神に立ち返るため。

人は神を知ることでのみ神を愛するようになる。

神を愛するには、神を理解するようにならなければいけない。

何をどのように求めようと、神を知ることができなければいけない。

それが神の意志にかなう唯一の道。

『言葉は肉において現れる』の「神を知る者だけが神に証しを立てることができる」より編集

前へ: 神についての真の認識を持つ人を神は獲得する

次へ: 神を知るためには神の働きの三段階を知らなければならない

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

人間の意図はみな何のためなのか?

信者でない子供や親戚を 教会の中へと引き込む者たちはみな 自己中心で親切心を示している 人々が信じているかどうか この行いが神の意志に沿うかどうかに関わらず 彼らはただ愛だけを強調する 神の前に妻や両親を連れてくる人もいるが 聖霊が同意するかどうか 働きを行うかどうかに関わらず…

災いが襲うとき

神のすべての憐みは 神を愛し 自己を放棄する者たちに施され 悪人への懲罰は神の怒りと義の証しだ 災いが襲うとき 神に反抗する者は飢えや病に直面して涙する 神に従うが 悪を行ってきた者も この運命に直面し 恐れの中で生きる 神に従う者だけが喜び 神の力を称賛する 彼らは大き…

神は人の真心を望む

今の人は神を大切にしない 彼らの心の中に神はいない 苦難が訪れる日 人は神へ真の愛を示せるのか 神の業は人の心に価しないのか 何故人は神に心を捧げないのか 何故人は心を固く守り手放さないのか 人の心は喜びと平和を保証できるのか 人の正義に形などはなく 触れたり見たりすること…

闇の中にいる者は起き上がるべきだ

幾千年もこの地はひどく汚れ悲惨で 幽霊がうろつき 人を騙し欺き 根拠無く人を告発していた 彼らは冷酷で残忍で この地を踏み荒らし死骸で汚す 腐敗した悪臭が充満する 厳重に守られている この地で誰に空の向こうの世界が見えるのか? ゴーストタウンの人々が どうして神を…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索