終わりの日の働きは主に人間にいのちを与えるため

終わりの日の神の業の成果は

言葉を通して得られる

言葉は人に奥義と歴史をつらぬく神の業を理解させる

言葉は人に聖霊の啓示を与え

長年の秘義を理解させ

預言者と使徒たちの業と

その業を行う際の原則を説き明かす

人の反抗と本質だけでなく

神の性質を言葉は知らしめる

これらの業の段階と全ての言葉を通して

人は知る

霊の業と神の受肉の業

更に神の性質の全様を

六千年の業も

言葉を通してあなたは認識できる

以前の観念を知り

それを捨てることも

言葉によって達成されるのではないか?

最初の段階でイエスは奇蹟を行ったが

その後には行なっていない

言葉を通し、今奇跡がない理由を

ついに理解したのではないか

この段階の言葉は

過去の使徒たちや預言者の業に勝る

預言者たちの預言でさえ

こんな結果は、ありえなかったはずだ

預言者たちは未来を預言するだけで

神が当時なすべき業を語ることはできなかった

彼らは導きや真理や、奥義を告げるために

まして人に命を与えるために預言をしたのではない

この段階の言葉は真理と預言を含み

おもに、人に命を授ける

ただの預言とは違い

現在の言葉は

命のため人の性質を変える業の一段階


『言葉は肉において現れる』の「受肉の奥義(4)」より編集

前へ: 神の言葉は権威と裁き

次へ: 神の国の時代に言葉はすべてを成し遂げる

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

人間の意図はみな何のためなのか?

信者でない子供や親戚を 教会の中へと引き込む者たちはみな 自己中心で親切心を示している 人々が信じているかどうか この行いが神の意志に沿うかどうかに関わらず 彼らはただ愛だけを強調する 神の前に妻や両親を連れてくる人もいるが 聖霊が同意するかどうか 働きを行うかどうかに関わらず…

あなたがたは真理を受け入れる人になるべきだ

自分自身の道を選びなさい 真理を拒んだり聖霊を冒瀆せずに 無知にならないで、傲慢にならないで 聖霊の導きに従いなさい イエスの再臨は 真理を受け入れる全ての人にとって 大いなる救いだ イエスの再臨は 真理を受け入れられない人を罪に定める Oh… 真理を渇望し、求めなさい あ…

神は傷つきながら人を愛する

肉にある神は裁かれ 罪に定められ 嘲笑され 悪魔と宗教界に追い払われた 誰も神の痛みを埋め合わすことはできない 人類の抵抗や中傷 追跡とでっち上げは 神の肉が危機に直面する原因となる 誰がその苦痛を理解し和らげることができるのか? 神は忍耐強く 堕落から人を救い …

神の足跡を探すなら

神の足跡を探すなら 探さねばならない 神の御心、神の御言葉、神の御声 神の新しい御言葉の中 神の御声がある 神の足跡があるところには 神の御業がある 神の印があるところ そこには神が現れる 神の現れるところには 真理、道、命がある 神の足跡を探す時 神の真理、生きる道、…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索