終わりの日の働きは主に人間にいのちを与えるため

終わりの日の神の業の成果は

言葉を通して得られる

言葉は人に奥義と歴史をつらぬく神の業を理解させる

言葉は人に聖霊の啓示を与え

長年の秘義を理解させ

預言者と使徒たちの業と

その業を行う際の原則を説き明かす

人の反抗と本質だけでなく

神の性質を言葉は知らしめる

これらの業の段階と全ての言葉を通して

人は知る

霊の業と神の受肉の業

更に神の性質の全様を

六千年の業も

言葉を通してあなたは認識できる

以前の観念を知り

それを捨てることも

言葉によって達成されるのではないか?

最初の段階でイエスは奇蹟を行ったが

その後には行なっていない

言葉を通し、今奇跡がない理由を

ついに理解したのではないか

この段階の言葉は

過去の使徒たちや預言者の業に勝る

預言者たちの預言でさえ

こんな結果は、ありえなかったはずだ

預言者たちは未来を預言するだけで

神が当時なすべき業を語ることはできなかった

彼らは導きや真理や、奥義を告げるために

まして人に命を与えるために預言をしたのではない

この段階の言葉は真理と預言を含み

おもに、人に命を授ける

ただの預言とは違い

現在の言葉は

命のため人の性質を変える業の一段階


『言葉は肉において現れる』の「受肉の奥義(4)」より編集

前へ: 神の働きの三段階が人類をすっかり救った

次へ: 受肉した神は人間の救いという最も重大な働きをする

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

人類が安息に至る唯一の道

懲らしめと裁きによる 神の最後の聖めの中立つ者は 最後の安息に入る サタンから解き放された者は 神のものとなり最後の安息に至る 裁きと懲らしめの真髄は 最終の安息に備え人を清めること この業がなければ 全人類は種類で分類されない それが安息に入る唯一の道 清めだけが不義を消す…

人類はもはや神が望むような存在ではない

人類は何年もかけ発展し 今日に至った しかし神が創造した人類は 長い間堕落に沈んでいる 人は神の存在を信じない 神が来ることを歓迎しない 神の求めにいやいや同意し 人生の喜び 悲しみを 心から神と分かち合わなかった 人は神を不可解なものと見る 神に微笑むふりをし へつらうよう…

終わりの日に神は言葉で人を裁き清める

終わりの日の神の業は 言葉を伝えること それがもたらす変化は かつての恵みの時代に 神が見せた奇跡的なしるしや 不思議な業よりも大きい その恵みの時代には 手を置くと悪魔は逃げたが 人の中には堕落した性質が残った 病気を癒され罪を赦されたのに 悪魔的性質を追い出す業は まだ成し遂…

人間への神の憐れみは止んだことはない

「創造主の憐れみ」は虚しい言葉や約束ではない 原則と目的があり 真実で現実的で虚偽ではない その憐れみは人に授けられ とこしえに続く だが創造主がヨナと交わした言葉に残っている なぜ彼が憐れみ深いか どのようにそれを示すか どれだけ人に寛容か そして彼らへの本当の感情が 幾度怒り…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索