神は人々を正しい人生の道に導いている

皆知っているが

神は人を導き 正しい人生へと導く

人が古く暗い時代を離れ

次の時代に一歩踏み出せるよう神は導く

神は人が闇の勢力のくびきと

サタンの影響から離れるよう

肉から導き出すので

人は自由の世界に生きる

美しい明日のため

人がより大胆に己の道を歩めるよう

神の霊は全てを計画する

人がより喜べるよう

神は人が望むその日を早めながら

人の前途を備えるために

全ての労力を肉に捧げる

願わくばこの美しい瞬間を

人が皆大切にするように

神と共に行くのは困難だ

人が神を知らずとも

すでに長く神と共にいる

皆がこの美しくも儚い日々を

永遠に覚えていることができれば

その日々を決して忘れず

地上の宝とするだろう

美しい明日のため

人がより大胆に己の道を歩めるよう

神の霊は全てを計画する

人がより喜べるよう

神は人が望むその日を早めながら

人の前途を備えるために

全ての労力を肉に捧げる

『言葉は肉において現れる』の「働きと入ること(5)」より編集

前へ: 神の栄光の日を尊びなさい

次へ: 今日の祝福を大切にしなければならない

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神は六千年に及ぶ救いの計画における支配者である

全ての神の働きは 神自身によって為される 神の働きを起こすのも、完了させるのも神である その全ての働きを 計画するのは神であり  それを営むのもそれを 成就させるのも神である それについて 聖書にはこう 書かれている・・ 書かれている 「神は始めであり・・神は終わりでもある  …

人間への神の憐れみは止んだことはない

「創造主の憐れみ」は虚しい言葉や約束ではない 原則と目的があり 真実で現実的で虚偽ではない その憐れみは人に授けられ とこしえに続く だが創造主がヨナと交わした言葉に残っている なぜ彼が憐れみ深いか どのようにそれを示すか どれだけ人に寛容か そして彼らへの本当の感情が 幾度怒り…

神は人の真心を望む

今の人は神を大切にしない 彼らの心の中に神はいない 苦難が訪れる日 人は神へ真の愛を示せるのか 神の業は人の心に価しないのか 何故人は神に心を捧げないのか 何故人は心を固く守り手放さないのか 人の心は喜びと平和を保証できるのか 人の正義に形などはなく 触れたり見たりすること…

神を崇め悪を避ける者を神は救う

ノアの時代に 人類は迷って堕落をし 神の祝福を失った もはや神の配慮は得られずに 神の約束は失われた 神の光りを失くした 彼らは暗闇の中で生き ふしだらな性質になり 恐ろしい堕落へと身を任せた ノアだけが悪を避け神を崇めたので 神の声と指示を聞くことができ 神の命令に従って箱舟を…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索