神は人々を正しい人生の道に導いている

皆知っているが

神は人を導き 正しい人生へと導く

人が古く暗い時代を離れ

次の時代に一歩踏み出せるよう神は導く

神は人が闇の勢力のくびきと

サタンの影響から離れるよう

肉から導き出すので

人は自由の世界に生きる

美しい明日のため

人がより大胆に己の道を歩めるよう

神の霊は全てを計画する

人がより喜べるよう

神は人が望むその日を早めながら

人の前途を備えるために

全ての労力を肉に捧げる


願わくばこの美しい瞬間を

人が皆大切にするように

神と共に行くのは困難だ

人が神を知らずとも

すでに長く神と共にいる

皆がこの美しくも儚い日々を

永遠に覚えていることができれば

その日々を決して忘れず

地上の宝とするだろう

美しい明日のため

人がより大胆に己の道を歩めるよう

神の霊は全てを計画する

人がより喜べるよう

神は人が望むその日を早めながら

人の前途を備えるために

全ての労力を肉に捧げる


『言葉は肉において現れる』の「働きと入ること(5)」より編集

前へ: 神の栄光の日を尊びなさい

次へ: 今日の祝福を大切にしなければならない

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神の足跡を探すなら

神の足跡を探すなら 探さねばならない 神の御心、神の御言葉、神の御声 神の新しい御言葉の中 神の御声がある 神の足跡があるところには 神の御業がある 神の印があるところ そこには神が現れる 神の現れるところには 真理、道、命がある 神の足跡を探す時 神の真理、生きる道、…

神は六千年に及ぶ救いの計画における支配者である

全ての神の働きは 神自身によって為される 神の働きを起こすのも、完了させるのも神である その全ての働きを 計画するのは神であり  それを営むのもそれを 成就させるのも神である それについて 聖書にはこう 書かれている・・ 書かれている 「神は始めであり・・神は終わりでもある  …

災いが襲うとき

神のすべての憐みは 神を愛し 自己を放棄する者たちに施され 悪人への懲罰は神の怒りと義の証しだ 災いが襲うとき 神に反抗する者は飢えや病に直面して涙する 神に従うが 悪を行ってきた者も この運命に直面し 恐れの中で生きる 神に従う者だけが喜び 神の力を称賛する 彼らは大き…

誰も積極的に神を理解しようとしない

神が悲しむ時は 神に全く気を留めない人々 神に従い神を愛していると言いながら 神の感情を無視する人々に向き合う これで神の心が傷つかないことがあろうか? 神は救いの業の中で 誠実に働き 語り 遠慮なく人と向き合うが 神に従う者たちは神から隔てられ 神に近づこうとも 神の…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索