神をあなたの心に迎え入れて

心を開かなければ神は入れない

入れば、神が持つものや

その存在やあなたへの心意を見れる

だから心を開いて、心を開いて!

そのとき気づくだろう

神のすべてと

神が持つすべては貴いと

それに比べれば

人や物や暮らしも愛する人さえ

言及する価値もない

それらがどんなに卑小か分かるだろう

他の物はあなたを惹き付けることも

代価を求めることもない

神だけが、あなたを惹き付ける

心を開かなければ神は入れない

入れば、神が持つものや

その存在やあなたへの心意を見れる

だから心を開いて、心を開いて!

神の謙虚さに偉大さと優越がある

小さなことに神の無限の知恵と寛容と

あなたへの理解と寛容と忍耐を見出して

神への愛を抱くだろう

人は汚れた世で生き

人生の出来事、愛する人

彼らの愛や気遣いや守りさえ価値はない

神だけを愛すべきと感じるだろう

心を開かなければ神は入れない

入れば、神が持つものや

その存在やあなたへの心意を見れる

だから心を開いて、心を開いて!

神の愛は偉大で本質は聖い

欺きも悪も妬みも争いもない

ただ義と真実のみある

神の持つものと存在をただ慕い求めよ

心を開かなければ神は入れない

入れば、神が持つものや

その存在やあなたへの心意を見れる

だから心を開いて、心を開いて!

『言葉は肉において現れる』の「神の働き、神の性質、そして神自身 3」より編集

前へ: あなたが神に心を開く時

次へ: 常に正しい霊的生活を維持しなければならない

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神は六千年に及ぶ救いの計画における支配者である

全ての神の働きは 神自身によって為される 神の働きを起こすのも、完了させるのも神である その全ての働きを 計画するのは神であり  それを営むのもそれを 成就させるのも神である それについて 聖書にはこう 書かれている・・ 書かれている 「神は始めであり・・神は終わりでもある  …

神を知りさえすれば人は神を畏れ悪を避けることができる

悪を避けるには 神を畏れることを理解し 畏れるには神を知らなければならない 神を知るにはその言葉を体験し 裁きと訓練を知る必要がある 神を畏れ悪を避けることは 神への認識において無数の繋がりを持つ 神を知れば人は神を畏れ悪を避けられる 神の言葉を体験するには 神とその言葉に…

人間への神の憐れみは止んだことはない

「創造主の憐れみ」は虚しい言葉や約束ではない 原則と目的があり 真実で現実的で虚偽ではない その憐れみは人に授けられ とこしえに続く だが創造主がヨナと交わした言葉に残っている なぜ彼が憐れみ深いか どのようにそれを示すか どれだけ人に寛容か そして彼らへの本当の感情が 幾度怒り…

神の権威はいたるところにある

神の権威はどんな状況にもある 神は全ての者の運命と全てのことを 思いと望みのままに定め、采配する それは人の変化によらず 人の意志とも関係ない また時間や空間や地理など いかなる変化によっても変わらない 神の権威はまさに神の実質だからだ 神の権威は神だけのもの 人にも場所にも何…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索