かけがえのない人生

果てしない空は雄大・荘厳で素晴らしい

地上で生きる者が従い礼拝すべきは誰か?

神による創造と万物の統治は奥義に満ち

その業の不思議をどこにでも見ることができる

宇宙の万物の動きは全て神の手中にあり

人の運命の禍福は思いもよらず

神の支配から逃れられない

人生は一瞬なので

魂に悔いがないようにしなければならない

神を知り愛する時だけ

人生には意義がある

長く神を信じ

真理を理解し 神の意図を知る

御言葉で生きる時だけ魂に平安が来る

互いに愛し合い

生活は豊かになり

霊とまことで礼拝することは

喜びと活力をもたらす

御言葉を読み真理を理解することが

神を知ることになる

私は酷く堕落し

人間と呼ばれるに値しない

神が表した真理が

私の人生の道を示してくれる

真に神を愛することで

有意義な人生を生きる

神が肉となり働くことは千載一遇である

困難により完全にされることは光栄である

御言葉を実践し

神の啓きと真理といのちを得る

神のために費やし

真理を追うことで祝福を得る

被造物として神に従い

礼拝することが果たすべき責務である

本分を尽くし

神から糧をいただくことが高められること

神の裁きを受けて清められ人間らしく生きる

神に認められ神のものとされるなら悔いはない

前へ: 私は神の麗しさを見た

次へ: 忠実に神を満足させることを決意する

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神は人をかけがえのない存在として見守る

神は人々を創った全ての人を創った 人が神に従っても 逆に人が堕落したとしても 神は人々を見守る 全ての人を見守る かけがえのない存在として かけがえのない我が子のように 人々は神にとって おもちゃではない 神は創造主であり 人は神の被造物である そう言うと神と人との階級が異なるよ…

終わりの日に神は言葉で人を裁き清める

終わりの日の神の業は 言葉を伝えること それがもたらす変化は かつての恵みの時代に 神が見せた奇跡的なしるしや 不思議な業よりも大きい その恵みの時代には 手を置くと悪魔は逃げたが 人の中には堕落した性質が残った 病気を癒され罪を赦されたのに 悪魔的性質を追い出す業は まだ成し遂…

最後までついて行くために聖霊の働きに従いなさい

聖霊の働きは日々変化し より大きな啓示とともに段階ごとに高くなる こうして神は働き 人類を完全にするが ついて来れない人はとり残されるだろう 進んで従う心なしに 人々は最後までついて行くことはできない 生まれつき不従順で意志に逆らう者は 神の働きが速まるにつれ とり残され…

神の足跡を探すなら

神の足跡を探すなら 探さねばならない 神の御心、神の御言葉、神の御声 神の新しい御言葉の中 神の御声がある 神の足跡があるところには 神の御業がある 神の印があるところ そこには神が現れる 神の現れるところには 真理、道、命がある 神の足跡を探す時 神の真理、生きる道、…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索