神に用いられる人のあるべき姿

神が用いる人々は

他の人と違って見えるかもしれない

理性的でなく

他人と正常な関係を持っていないように見える

しかし彼らは不注意に話すことはなく

礼儀正しく話す

そして彼らの心はどのような時でも

神の前に静まっている

彼らは表面的な愛を見せたり

印象付けるために行動することはないが

霊的な話しをするときには心を開いている

自分を顧みることなく

神の前での実体験から得た啓示を

すべての人に与えることが神に愛を表し

神の意志を満足させる方法なのだ

彼らは快活で愛らしく無邪気だが

冷静な感覚も持っている

これが神に用いられる人のあるべき姿だ


神に用いられる人は中傷され嘲笑されても

外部の人や環境や物事に支配されずに

神の前で静まっている

このような人は独自の見解を持ち

他の人が何をしても

彼らの心が神から離れることはない

離れることは決してない

彼らは他の人が軽率にはしゃいでいるときでも

落ち着いたまま神に祈り

神の意図を求め

そして その言葉を熟考する

彼らは他人と正しい関係を保つ方法など考えないし

人生哲学があるようにも見えない


神が人を用いる基準は

神に心を向け

その言葉を渇望し

喜んで真理を求めることで

このような人は啓示を受け

聖霊の働きを得られる

彼らは快活で愛らしく無邪気だが

冷静な感覚も持っている

これが神に用いられる人のあるべき姿だ


『言葉は肉において現れる』の「神との正常な関係を築くことは極めて重要である」より編集

前へ: あなたには神との正常な関係があるか

次へ: 完全になるために神と正しい関係を持ちなさい

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

終わりの日に神は自らの性質の全てを現した

神の霊は世界の始まりからずっと 大いなるわざを行ってきた 神はあらゆる国と時代に それぞれ異なるわざを行ってきた 神のそのさまざまな性質を あらゆる時代に人々は見る その性質はさまざまな働きを通して 全ての人にありのままに示される 神は、憐みに満ち、思いやりに満ちた方 神は罪を贖…

終わりの日に神は言葉を通して全てを成し遂げる

このようにして、終わりの日に、神が肉になるとき、神はすべてを成し遂げるために、すべてを明らかにするために、主として言葉を用いる。神の言葉の中においてのみ、あなたは、神とは何かを知ることができる。神の言葉の中においてのみ、あなたは、神が神自身であることを知ることができる。肉と…

神の勝利の象徴

人は最初の姿に戻される 人々は己の努めを全うできる 自分の居場所で神の全ての定めに従う その時神は 地で神を礼拝する、一群の人を得るだろう また神は、神を礼拝する国をこの地に建てるだろう また神は、神を礼拝する国をこの地に建てるだろう 神は地上で永遠の勝利を得る 神に逆らう…

聖霊の働きは普通で実際的だ

聖霊の働きは普通で現実的だ 神の言葉を読んで祈るとき 心は揺るぎないものとなる 外の世界はあなたを妨げない あなたの心はとても明るくなる あなたは喜んで神を愛し 邪悪な世界を憎み良いことを好む これが神の内に生きることであり 一部の人が言うような 非常に楽しむという 非現実的な…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索