神に用いられる人のあるべき姿

神が用いる人々は

他の人と違って見えるかもしれない

理性的でなく

他人と正常な関係を持っていないように見える

しかし彼らは不注意に話すことはなく

礼儀正しく話す

そして彼らの心はどのような時でも

神の前に静まっている

彼らは表面的な愛を見せたり

印象付けるために行動することはないが

霊的な話しをするときには心を開いている

自分を顧みることなく

神の前での実体験から得た啓示を

すべての人に与えることが神に愛を表し

神の意志を満足させる方法なのだ

彼らは快活で愛らしく無邪気だが

冷静な感覚も持っている

これが神に用いられる人のあるべき姿だ

神に用いられる人は中傷され嘲笑されても

外部の人や環境や物事に支配されずに

神の前で静まっている

このような人は独自の見解を持ち

他の人が何をしても

彼らの心が神から離れることはない

離れることは決してない

彼らは他の人が軽率にはしゃいでいるときでも

落ち着いたまま神に祈り

神の意図を求め

そして その言葉を熟考する

彼らは他人と正しい関係を保つ方法など考えないし

人生哲学があるようにも見えない

神が人を用いる基準は

神に心を向け

その言葉を渇望し

喜んで真理を求めることで

このような人は啓示を受け

聖霊の働きを得られる

彼らは快活で愛らしく無邪気だが

冷静な感覚も持っている

これが神に用いられる人のあるべき姿だ

『言葉は肉において現れる』の「神との正常な関係を築くことは極めて重要である」より編集

前へ: あなたには神との正常な関係があるか

次へ: 完全になるために神と正しい関係を持ちなさい

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神は傷つきながら人を愛する

肉にある神は裁かれ 罪に定められ 嘲笑され 悪魔と宗教界に追い払われた 誰も神の痛みを埋め合わすことはできない 人類の抵抗や中傷 追跡とでっち上げは 神の肉が危機に直面する原因となる 誰がその苦痛を理解し和らげることができるのか? 神は忍耐強く 堕落から人を救い …

神は人を救うために大いに苦しむ

神は、遠い昔に人間の世界へ来て人間と同じ苦難を受けた。神は長年にわたり人間と共に生活したが、彼の存在を見出した者はいなかった。神は人間の世界の惨事に黙して耐えつつ、自身が負う業を行っている。父なる神の心と、人間の必要性のため、神は人間が嘗て経験したことの無い苦痛を受け、それ…

神の新しい業を受け入れる者は祝福される

聖霊の今の言葉に従えば 誰もが祝福される 聖霊がどう働きかけたかや 過去がどうであろうと この日に御業を受け入れる者は 誰より祝福される この日に御業を受け入れずいれば ふるい落とされる 今 新しい光を受け入れよう 今 神の御業を受け入れよう 神は待っておられる 御業を受け…

人を救う神の働きの意義

神の救いは神を礼拝し従う人を得るため サタンにより堕落したが 父と呼ばない もう二度と 人はサタンの忌わしさを知っているから サタンを拒め サタンを拒め 人は受け入れる 神の前で罰と裁きを 人は知っている どちらが忌わしくまた聖いのかを 神の偉大さとサタンの邪悪さを こ…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索