性質が変化した人は人間らしく生きられる

性質を変える人々は真に人間の姿を生き、真理を自分のものにしている。彼らはいつも真理に従って物事を語ったり見たりすることができ、何をしても原則があり、どんな人や物事にも影響されない。彼らの性質は比較的安定しており、熱しやすく冷めやすいということはなく、状況がどうであろうと、本分をどうきちんと尽くすか、神に満足していただくためにどう物事を行なうべきかを理解している。性質が変えられた人々は、表面的に自分を良く見せるために何をするべきかに重点を置いたりしない。彼らは神に満足してもらうためにどうすべきかを心の中で明確に把握しているのである。それ故、外面的には熱心には見えなかったり、偉大なことを成し遂げたようには見えなかったりするかもしれないが、彼らのすること全ては意味があり、価値があり、現実的な結果をもたらす。

性質の変化した人が真理を多く得ていることは確かである。このことは彼らの物事の見方や行動の原則を通して確認できる。性質の変化において何より重要なのは、人の内なるいのちが変わったということである。神の表す真理が彼らのいのちそのものとなり、サタン的な毒は取り除かれ、ものの見方が全く変わり、それらのどれも、この世のものとは全く違うものとなる。彼らには赤い大きな竜の策略と毒がはっきり分かる。彼らはいのちの真の本質を得ている。そのようにして彼らのいのちの価値が変わったのだ。これが最も基本的な変化であり、性質の変化の本質なのである。

3性質が変化した人は、人間は神を満足させ、立派に本分を尽くし、有意義な人生を送るために生きるべきだと感じており、そのため死ぬときでさえ満足を感じ、みじんも後悔しない。無意味に生きることがないのである。神を礼拝し、神にしたがい、神を満足させられることは人間であることの基礎であり、変わることのない天地の原則と一致する必ず果たすべき義務なのだ。そうしなければ人間と呼ばれる価値はない。人のいのちの性質が変化する主な要因は、内側に真理を持ち、神を知ることである。人生観は変わり、価値観も以前と違う。変化は内側から、その人のいのちから始まるのであって、決して単なる外面的変化ではない。

『キリストの言葉の記録』の「外面的な変化と性質の変化の相違」より編集

前へ: 良い行いは性質の変化と同じではない

次へ: 神の信者が得るべき最も大事なもの

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

全能者の超越性と偉大さ

いつも神の意のまま 神の見守る中 雷光のような速さで この世界は変わることがある 人が夢にも思わなかったことが到来するだろう 人が長らく手にしていた物は 消え去ってしまうだろう 神の足跡を知る者は誰もいない 誰も彼の力の偉大さを把握できない 人に見えないものを感知するのが神の超…

二千年に及ぶ切望

神が肉体となる事は宗教界を揺り動かし 宗教的秩序を覆した それは神の出現を待ち望んでる 全ての人の魂を掻き立てた この出来事を見て驚かない者がいるであろうか? その目で神を見たいと願わない者がいるであろうか? 神は何年もの間人々と共に過ごしたが 人々はその事に少しも気付かなかっ…

人間に対する神の姿勢

神は決然としてことを為す 神の目的と原則はいつも 簡潔で明瞭だ 企みも策略も 一切なく 全てが純粋で完璧だ 神の本質には 闇も悪も全くない 人々の邪悪な行いが 神を怒らせる時 真に悔い改めなければ 神は彼らの上に 怒りを注ぐ 人々が神に背き続けるなら 神の憤りは 彼らが滅ぶまで…

神は人類が生き続けるのを願っている

神は人を蔑んだ 人が神に敵対したから でも神の心の中の 人への思いやり、心配、憐れみは変わらない 人間を滅ぼした時さえ 極みまで人が汚れ 不従順になっても神は その性質と本質のゆえに 原則に従い 人間を滅ぼさざるを得なかった 神はそれでもなお人類を憐れんだ 神の本質のゆえに 人…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索