性質が変化した人は人間らしく生きられる

性質を変える人々は真に人間の姿を生き、真理を自分のものにしている。彼らはいつも真理に従って物事を語ったり見たりすることができ、何をしても原則があり、どんな人や物事にも影響されない。彼らの性質は比較的安定しており、熱しやすく冷めやすいということはなく、状況がどうであろうと、本分をどうきちんと尽くすか、神に満足していただくためにどう物事を行なうべきかを理解している。性質が変えられた人々は、表面的に自分を良く見せるために何をするべきかに重点を置いたりしない。彼らは神に満足してもらうためにどうすべきかを心の中で明確に把握しているのである。それ故、外面的には熱心には見えなかったり、偉大なことを成し遂げたようには見えなかったりするかもしれないが、彼らのすること全ては意味があり、価値があり、現実的な結果をもたらす。

性質の変化した人が真理を多く得ていることは確かである。このことは彼らの物事の見方や行動の原則を通して確認できる。性質の変化において何より重要なのは、人の内なるいのちが変わったということである。神の表す真理が彼らのいのちそのものとなり、サタン的な毒は取り除かれ、ものの見方が全く変わり、それらのどれも、この世のものとは全く違うものとなる。彼らには赤い大きな竜の策略と毒がはっきり分かる。彼らはいのちの真の本質を得ている。そのようにして彼らのいのちの価値が変わったのだ。これが最も基本的な変化であり、性質の変化の本質なのである。

3性質が変化した人は、人間は神を満足させ、立派に本分を尽くし、有意義な人生を送るために生きるべきだと感じており、そのため死ぬときでさえ満足を感じ、みじんも後悔しない。無意味に生きることがないのである。神を礼拝し、神にしたがい、神を満足させられることは人間であることの基礎であり、変わることのない天地の原則と一致する必ず果たすべき義務なのだ。そうしなければ人間と呼ばれる価値はない。人のいのちの性質が変化する主な要因は、内側に真理を持ち、神を知ることである。人生観は変わり、価値観も以前と違う。変化は内側から、その人のいのちから始まるのであって、決して単なる外面的変化ではない。

『キリストの言葉の記録』の「外面的な変化と性質の変化の相違」より編集

前へ: 性質の変化の特徴

次へ: これが真の人間らしさである

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神の救いの業の目的

神には6000年に渡る救いの計画があり それは3つの段階に分かれている 律法の時代 次に恵みの時代 そして最後の段階は神の国の時代と呼ばれている それぞれの段階で神の業は違うが 全ては人類に必要であり 神と戦う サタンの企みに対処するもの 神の業の目的は神の知恵と全能を現し…

人間に対する神の姿勢

神は決然としてことを為す 神の目的と原則はいつも 簡潔で明瞭だ 企みも策略も 一切なく 全てが純粋で完璧だ 神の本質には 闇も悪も全くない 人々の邪悪な行いが 神を怒らせる時 真に悔い改めなければ 神は彼らの上に 怒りを注ぐ 人々が神に背き続けるなら 神の憤りは 彼らが滅ぶま…

人を救う神の働きの意義

神の救いは神を礼拝し従う人を得るため サタンにより堕落したが 父と呼ばない もう二度と 人はサタンの忌わしさを知っているから サタンを拒め サタンを拒め 人は受け入れる 神の前で罰と裁きを 人は知っている どちらが忌わしくまた聖いのかを 神の偉大さとサタンの邪悪さを こ…

堕落した人類の悲哀

幾時代も神と共に歩みながら 一体誰が知っているだろうか 神が万物の運命を治め指揮し導いていることを 人が心に留めないのは 神の業が曖昧だからでも 計画が果たされていないからでもなく 人の心と霊が神から離れているからだ 彼らは神に従う時でさえ 気づかぬままサタンに仕えている …

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索