性質が変化した人は人間らしく生きられる

性質を変える人々は真に人間の姿を生き、真理を自分のものにしている。彼らはいつも真理に従って物事を語ったり見たりすることができ、何をしても原則があり、どんな人や物事にも影響されない。彼らの性質は比較的安定しており、熱しやすく冷めやすいということはなく、状況がどうであろうと、本分をどうきちんと尽くすか、神に満足していただくためにどう物事を行なうべきかを理解している。性質が変えられた人々は、表面的に自分を良く見せるために何をするべきかに重点を置いたりしない。彼らは神に満足してもらうためにどうすべきかを心の中で明確に把握しているのである。それ故、外面的には熱心には見えなかったり、偉大なことを成し遂げたようには見えなかったりするかもしれないが、彼らのすること全ては意味があり、価値があり、現実的な結果をもたらす。

性質の変化した人が真理を多く得ていることは確かである。このことは彼らの物事の見方や行動の原則を通して確認できる。性質の変化において何より重要なのは、人の内なるいのちが変わったということである。神の表す真理が彼らのいのちそのものとなり、サタン的な毒は取り除かれ、ものの見方が全く変わり、それらのどれも、この世のものとは全く違うものとなる。彼らには赤い大きな竜の策略と毒がはっきり分かる。彼らはいのちの真の本質を得ている。そのようにして彼らのいのちの価値が変わったのだ。これが最も基本的な変化であり、性質の変化の本質なのである。

3性質が変化した人は、人間は神を満足させ、立派に本分を尽くし、有意義な人生を送るために生きるべきだと感じており、そのため死ぬときでさえ満足を感じ、みじんも後悔しない。無意味に生きることがないのである。神を礼拝し、神にしたがい、神を満足させられることは人間であることの基礎であり、変わることのない天地の原則と一致する必ず果たすべき義務なのだ。そうしなければ人間と呼ばれる価値はない。人のいのちの性質が変化する主な要因は、内側に真理を持ち、神を知ることである。人生観は変わり、価値観も以前と違う。変化は内側から、その人のいのちから始まるのであって、決して単なる外面的変化ではない。

『キリストの言葉の記録』の「外面的な変化と性質の変化の相違」より編集

前へ: 性質の変化の特徴

次へ: これが真の人間らしさである

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神の言葉を実践しない人は取り除かれるだろう

神の働きと言葉は あなた方の性質に変化をもたらすためにある 神の目的は働きと言葉を理解させ 知らしめるだけでは十分でなく それが全てではない 神の言葉はほとんどが人の言語で書かれているため あなたが受け入れるなら容易に理解できる 凡人であっても 神があなたに知って欲しいこと …

神の言葉を大切にする者は祝福される

喜んで神の見守りを受け入れる者は 神への認識を追求する人である 彼らは喜んで神の言葉を受け入れ 神からの授かり物と祝福を得るだろう 彼らは最も祝福された者である 神は神のため場所を持たない者を呪い 罰を与え 見捨てる 神の言葉追求して大切にする者の中で神は働く あな…

人間の意図はみな何のためなのか?

信者でない子供や親戚を 教会の中へと引き込む者たちはみな 自己中心で親切心を示している 人々が信じているかどうか この行いが神の意志に沿うかどうかに関わらず 彼らはただ愛だけを強調する 神の前に妻や両親を連れてくる人もいるが 聖霊が同意するかどうか 働きを行うかどうかに関わらず…

災いが襲うとき

神のすべての憐みは 神を愛し 自己を放棄する者たちに施され 悪人への懲罰は神の怒りと義の証しだ 災いが襲うとき 神に反抗する者は飢えや病に直面して涙する 神に従うが 悪を行ってきた者も この運命に直面し 恐れの中で生きる 神に従う者だけが喜び 神の力を称賛する 彼らは大き…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索