創造されたすべての存在物の命は神から来る

神によって人に授けられたいのちは無限であり、肉体、時間、空間の拘束を受けないという事実なのである。これは神によって人に授けられたいのちの奥義であり、いのちが神から来たことの証しなのである。多くの者は、いのちが神から来たと信じないかもしれないが、神の存在を信じるか、否定するかにかかわらず、人間は必然的に神から来るものすべてを享受する。もし神がある日突然心変わりし、世に存在するものすべてを取り戻し、神が与えたいのちを取り戻したいと望むなら、すべてのものは存在しなくなるだろう。

神は自分のいのちを用いて生けるものといのちのないものの両方にすべてのものを供給し、神の力と権威によって、すべてに良き秩序をもたらすのである。これは、誰にも想像できず、たやすく理解できない真理であり、これらの理解不可能な真理こそが、神の生命力の現れと証しなのである。今わたしはあなたにひとつの奥義を教えよう:神のいのちの偉大さとその力は、いかなる被造物にも推し測ることができない。これは今もそうであり、昔もそうであったし、これからもそうであろう。

わたしが伝える第二の奥義はこれである:すべての被造物のいのちの源は、形や構造にいかなる違いがあっても、神から来るのである。あなたがどのような生命体であっても、神が定めたいのちの道と逆方向に動くことはできないのである。いずれにしても、わたしが人に理解してほしい唯一のことは、人がどんなに努力し奮闘しても、神の配慮、守り、備えなしには、人は受け取るはずであったものを何も受け取ることができないということである。神からのいのちの満たしなしには、人は生きる価値観を失い、いのちの目的意識を失う。

『言葉は肉において現れる』の「神は人間のいのちの源である」より編集

前へ: このように神は全てを統べ治める

次へ: 人を救おうとする神の切実な願いを知る者はいない

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神の本質は全能で実際的である

神が実際的にわざを行う間、ご自身の性質と全てを表す。神は人にできないわざができる。ここに神の全能がある。神はそのわざをご自身でする。ここに神が実際的であることが示される。心に留めよ。神の本質は全能で実際的、それぞれが強め合う。神のすることは、ご自身の性質と神が何であるかを表す。神…

神の権威はいたるところにある

神の権威はどんな状況にもある 神は全ての者の運命と全てのことを 思いと望みのままに定め、采配する それは人の変化によらず 人の意志とも関係ない また時間や空間や地理など いかなる変化によっても変わらない 神の権威はまさに神の実質だからだ 神の権威は神だけのもの 人にも場所にも何…

人間に対する神の姿勢

神は決然としてことを為す 神の目的と原則はいつも 簡潔で明瞭だ 企みも策略も 一切なく 全てが純粋で完璧だ 神の本質には 闇も悪も全くない 人々の邪悪な行いが 神を怒らせる時 真に悔い改めなければ 神は彼らの上に 怒りを注ぐ 人々が神に背き続けるなら 神の憤りは 彼らが滅ぶま…

神は六千年に及ぶ救いの計画における支配者である

全ての神の働きは 神自身によって為される 神の働きを起こすのも、完了させるのも神である その全ての働きを 計画するのは神であり  それを営むのもそれを 成就させるのも神である それについて 聖書にはこう 書かれている・・ 書かれている 「神は始めであり・・神は終わりでもある  …

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索