神は人が心と思いと力を尽くして神を愛することを望む

神は教会の人々の中での働きをほぼ完了し、その後怒りを用いてすべての人々の前に現われるであろう。神が地上でさまざまな災害を起こすことで、この働きが実行されるはずである。しかし神は現れないだろう。この間、赤い大きな竜の国に生きるすべての人々は惨禍を経験するだろう。当然そこには地上の神の国(教会)も含まれる。これは事実が現れるまさにその時であり、よってすべての人々が経験し、誰も逃げることはできない。これは神によって運命づけられている。災いの到来のため人々はいかなることも考えられず、災いのただ中で神を享受することは難しく、そのため機会を逃さないように、この素晴らしい時に心を尽くして神を愛するよう人々は求められる。

この事実が過ぎ去るころには神は赤い大きな竜を完全に打ち負かしており、神の人々による証の働きは終了している。その後、神は働きの次の段階を開始し、赤い大きな竜の国を荒廃させ、最終的には世界の隅々で人々を逆さまにして十字架に釘付けし、その後神は全人類を絶滅させるだろう。これは神の働きの将来の段階である。それだから、この平和な環境において神を愛するように努めなければならない。ゆくゆくは、あなたがた神を愛する機会がなくなるだろう。人々には肉において神を愛する機会を得るのみだからである。人々が別の世界に住むときには、愛の神を語る者はいないだろう。これは被造物である人の責任ではないのか。

人生の日々において、あなたがたはどのように神を愛するのか。このことを考えたことがあるだろうか。死後まで神を愛さないつもりなのか。これは空虚な話ではないか。今日、あなたが努めて神を愛そうとしないのはなぜなのか。あなたがたが自らのいのちを守っているように、心を尽くし、精神を尽くし、力を尽くして神を愛することが望まれている。これは究極の意味の人生ではないだろうか。他のどこに人生の意味を見つけ得るのか。それほどあまりに盲目的ではないだろうか。あなたは神を愛するつもりか。だからあなたは何をすべきなのか。無条件で勇敢に神を愛し、神があなたに何を行うかを見よ。

『言葉は肉において現れる』第二部「全宇宙への神の言葉の奥義の解釈」の「第四十二章」より

前へ: 神を愛する者には完全にされる機会がある

次へ: 神は神を愛する者を守る

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

聖霊の働きは普通で実際的だ

聖霊の働きは普通で現実的だ 神の言葉を読んで祈るとき 心は揺るぎないものとなる 外の世界はあなたを妨げない あなたの心はとても明るくなる あなたは喜んで神を愛し 邪悪な世界を憎み良いことを好む これが神の内に生きることであり 一部の人が言うような 非常に楽しむという 非現実的な…

神は誠実な者を祝福する

あなたが神だけに心を捧げ 決して裏切らず どんな立場の人も決して欺かず 神に何も隠しごとをしない時 神の歓心や微笑みを求めたりせずに どんなことも私心なく行う時 あなたは誠実であると言えるのだ 誠実とは あらゆる言葉や行いにおいてけがれを避け 神も人も欺かないこと 誠実とは …

神の足跡を探すなら

神の足跡を探すなら 探さねばならない 神の御心、神の御言葉、神の御声 神の新しい御言葉の中 神の御声がある 神の足跡があるところには 神の御業がある 神の印があるところ そこには神が現れる 神の現れるところには 真理、道、命がある 神の足跡を探す時 神の真理、生きる道、…

神の言葉による裁きは人を救うため

神が語った刑罰や裁きについての多くの言葉は あなたに下ることはなかった そう、確かに下ることはなかった 神は業を為し、語るために来た 神の言葉が厳しいのは あなたの堕落と反抗を裁くためなのだ 神の目的は人を害することではなく サタンの支配から救うことである 神の言葉が厳しいのは成…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索