神は人が心と思いと力を尽くして神を愛することを望む


神は教会の人々の中での働きをほぼ完了し、その後怒りを用いてすべての人々の前に現われるであろう。神が地上でさまざまな災害を起こすことで、この働きが実行されるはずである。しかし神は現れないだろう。この間、赤い大きな竜の国に生きるすべての人々は惨禍を経験するだろう。当然そこには地上の神の国(教会)も含まれる。これは事実が現れるまさにその時であり、よってすべての人々が経験し、誰も逃げることはできない。これは神によって運命づけられている。災いの到来のため人々はいかなることも考えられず、災いのただ中で神を享受することは難しく、そのため機会を逃さないように、この素晴らしい時に心を尽くして神を愛するよう人々は求められる。


この事実が過ぎ去るころには神は赤い大きな竜を完全に打ち負かしており、神の人々による証の働きは終了している。その後、神は働きの次の段階を開始し、赤い大きな竜の国を荒廃させ、最終的には世界の隅々で人々を逆さまにして十字架に釘付けし、その後神は全人類を絶滅させるだろう。これは神の働きの将来の段階である。それだから、この平和な環境において神を愛するように努めなければならない。ゆくゆくは、あなたがた神を愛する機会がなくなるだろう。人々には肉において神を愛する機会を得るのみだからである。人々が別の世界に住むときには、愛の神を語る者はいないだろう。これは被造物である人の責任ではないのか。


人生の日々において、あなたがたはどのように神を愛するのか。このことを考えたことがあるだろうか。死後まで神を愛さないつもりなのか。これは空虚な話ではないか。今日、あなたが努めて神を愛そうとしないのはなぜなのか。あなたがたが自らのいのちを守っているように、心を尽くし、精神を尽くし、力を尽くして神を愛することが望まれている。これは究極の意味の人生ではないだろうか。他のどこに人生の意味を見つけ得るのか。それほどあまりに盲目的ではないだろうか。あなたは神を愛するつもりか。だからあなたは何をすべきなのか。無条件で勇敢に神を愛し、神があなたに何を行うかを見よ。

『言葉は肉において現れる』第二部「全宇宙への神の言葉の奥義の解釈」の「第四十二章」より

前へ: 神を愛する者には完全にされる機会がある

次へ: 神は神を愛する者を守る

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神の現れが持つ意義

神の現れとは業のため神降ること 神の方法で身分も性質も保ちながら 時代を始めまた幕引くため 神は降る 神の現れはしるしや絵画ではなく 奇跡でも大いなる幻でもない ましてや宗教的な儀式でもない それは実際に見て触れることのできる事実である 神の現れは 業の手順踏むためや早く終わ…

神の愛

この人の海の中で 神が終わりの日に肉となるのを 誰が知っていようか 神は教会を巡って話し 神の働きをされる 静かに真理を表しながら 神は謙り隠れている 神は大きな屈辱に耐える ああ神よ あなたは肉となられ 人類を救うため 多くの苦難を味わわれた なぜ人類は あなたを否定し拒絶する…

神は人が真の信仰を持つことを願う

神は常に 人に厳しさを求める もしあなたの忠誠心が条件付きなら 神はその「忠誠心」を欲しない 神はわざと神を欺いたり 神に要求ばかりする人を嫌う 神が人に望むのは忠誠を誓い 誰にもまして神に忠実で 全てを信仰のために行い 信仰という一語を証明すること あなたが神を喜ばせよう…

神はあなたの心と霊を捜し求めている

全能者の命の供給を離れ 生きる意味知らずに 死をまた恐れ 支えはなく、救いもないが それでも目を閉じようとせずに 魂の感覚のない肉体を支え 無理をして良心をごまかして生きている 誰も彼もが望みはなく 目標もなく生存している 伝説の聖なる者だけが救う 彼の到来を待ち 苦しみの中…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索