悔いなく神を愛する歌

神の国への道は

起伏が激しい。

生と死のはざま、

責苦と涙の中で私はさまよう。

神の守りなしでは

誰が今日まで歩んで来られただろうか。

終わりの日に私たちが誕生することを神は予め定めした。

私たちはキリストに従えて幸いだ。

神は身を卑しくして人間になり、

大変な屈辱を忍ばれた。

私は神を愛さずして、どうして人間でいられようか。

私は永遠に悔いなく神を愛する。

いかなる試練の中であれ、

神の言葉は道を示す。

私の心は挫折に嘆くが

神は愛すべき方だと私は知っている。

苦しみがどんなにひどくても

精錬がどんなに深くても

私には後悔も不平もない。

人に対する神の愛は無限で

神の真理は私たちのいのちになる。

神の言葉は貴く、

神の性質は愛に満ちている。

私は永遠に悔いなく神を愛する。

神を愛するからには、神に従い証しすることを悔いはしない。

私は弱く消極的だが

涙の中でも神を愛する。

私は苦しみ、神へ愛を捧げる。

神を決して悲しませないように。

試練で鍛えられるのは

黄金が火によって試されるよう。

私の心は黄金のように鍛えられる。

どうして神に心を捧げずにいられようか。

天国への道は険しく

たくさん涙を流すだろうが

私は永遠に悔いなく神を愛する。

神の裁きと刑罰を経て

私の心は征服された。

裁かれ精錬されたが、

私はいのちを得た。

肉となられた神の働きは現実。

真理を追求し神を愛そうとすれば

最後まで神に従えるに違いない。

神は人のために苦痛を受け、

私は生涯神に報いながら生きる。

私は精錬され神を愛したい。

神を知れば、私は死んでもいい。

私は永遠に悔いなく神を愛する。

私が誠実で、神を愛そうとするなら、

私は神に相応しい者になれる。

神を愛し畏れれば、

神の称賛を得られるに違いない。

神の言葉の真理を実践すれば、

神は私を導き祝福してくださるだろう。

苦難と試練をとおして

私の堕落は清められつつある。

報われなくとも神を愛し、

神を満足させようと心がける。

神を知り、真理といのちを得れば、

私の人生は無駄ではない。

私は永遠に悔いなく神を愛する。

神の働きを通して私は神の業を知る。

私の心は本当に楽しい。

終わりの日に私は神を見て、

一生神に仕える。

神に従うためすべてを棄てよう。

自分の命でさえも。

神を喜ばせるためなら拒絶にも甘んじよう。

神を愛し、神を証しすることは

真の光栄だ。

私は永遠に悔いなく神を愛する。

私は永遠に悔いなく神を愛する。

前へ: 神を愛する道を邁進する

次へ: 神を愛する道で勇敢になりなさい

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神の救いの業の目的

神には6000年に渡る救いの計画があり それは3つの段階に分かれている 律法の時代 次に恵みの時代 そして最後の段階は神の国の時代と呼ばれている それぞれの段階で神の業は違うが 全ては人類に必要であり 神と戦う サタンの企みに対処するもの 神の業の目的は神の知恵と全能を現し…

神が人に授ける最高の祝福

神のことばの完成により神の国が形成する 人が正常に戻るとともに 神の国がここにある 神の国の民は正常な生活を取り戻し 今日は神の前に生き 明日は神の国で生きる 全地は喜びと温かい心で満ちる 神の国がこの地上にある 神の国がこの地上にある 凍える冬は常春の世界となり 人は悲惨な…

神は人をかけがえのない存在として見守る

神は人々を創った全ての人を創った 人が神に従っても 逆に人が堕落したとしても 神は人々を見守る 全ての人を見守る かけがえのない存在として かけがえのない我が子のように 人々は神にとって おもちゃではない 神は創造主であり 人は神の被造物である そう言うと神と人との階級が異なるよ…

誰も積極的に神を理解しようとしない

神が悲しむ時は 神に全く気を留めない人々 神に従い神を愛していると言いながら 神の感情を無視する人々に向き合う これで神の心が傷つかないことがあろうか? 神は救いの業の中で 誠実に働き 語り 遠慮なく人と向き合うが 神に従う者たちは神から隔てられ 神に近づこうとも 神の…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索