神様への忠実な心

神様にとって私の命は重要でないかもしれませんが

私が命を捧げたいと願うのはあなただけ

人はあなたを愛するに値せず

人の愛と心には結局価値がないかもしれないが

あなたは人の親切心がわかる

人の肉はあなたの水準に合わないが

私の心を受け入れてくださるよう願う

私は塵よりはるかに小さいから

この忠実な心を捧げることしかできない

神様 あなたに


神様にとって私の命は重要でないかもしれませんが

私の心の全てを捧げるのはあなたです

あなたのために何もできないけれど

私は自分を捧げます

あなたを忠実に満足させるため

あなたが心を見守っている

あなたは私の心を見守っている

人生何もいらないが

真の望みは

あなたを愛する思いが受け入れられることです

私は塵よりはるかに小さいから

この忠実な心を捧げることしかできない

神様 あなたに


神様にとって私の命は重要でないかもしれませんが

私が命を捧げたいと願うのはあなただけ

私はあなたと長く共にいても

あなたを知りませんでした

あなたを一度も愛さなかったことは

私の最大の負い目です

私は陰で悪口さえ言いました

あなたに言うべきではない言葉を

おお 神様

このようなことであなたに永遠の負い目を感じます

私は塵よりはるかに小さいから

この忠実な心を捧げることしかできない

神様 あなたに

前へ: 私は喜んで神の働きに服従する

次へ: 私は奮起して立ち上がる

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

人間に対する神の姿勢

神は決然としてことを為す 神の目的と原則はいつも 簡潔で明瞭だ 企みも策略も 一切なく 全てが純粋で完璧だ 神の本質には 闇も悪も全くない 人々の邪悪な行いが 神を怒らせる時 真に悔い改めなければ 神は彼らの上に 怒りを注ぐ 人々が神に背き続けるなら 神の憤りは 彼らが滅ぶま…

神は人をかけがえのない存在として見守る

神は人々を創った全ての人を創った 人が神に従っても 逆に人が堕落したとしても 神は人々を見守る 全ての人を見守る かけがえのない存在として かけがえのない我が子のように 人々は神にとって おもちゃではない 神は創造主であり 人は神の被造物である そう言うと神と人との階級が異なるよ…

人間への神の憐れみは止んだことはない

「創造主の憐れみ」は虚しい言葉や約束ではない 原則と目的があり 真実で現実的で虚偽ではない その憐れみは人に授けられ とこしえに続く だが創造主がヨナと交わした言葉に残っている なぜ彼が憐れみ深いか どのようにそれを示すか どれだけ人に寛容か そして彼らへの本当の感情が 幾度怒り…

神は人を救うために大いに苦しむ

神は、遠い昔に人間の世界へ来て人間と同じ苦難を受けた。神は長年にわたり人間と共に生活したが、彼の存在を見出した者はいなかった。神は人間の世界の惨事に黙して耐えつつ、自身が負う業を行っている。父なる神の心と、人間の必要性のため、神は人間が嘗て経験したことの無い苦痛を受け、それ…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索