731 人は神に多く要求しすぎる

1 人はあまりに多くを神に求め、それは途方もない要求です。神にあれこれするよういつも求める人にはひとかけらの理知もありません。人は完全に神に服従することも、神を崇めることもできません。むしろ自分の好みにしたがって無理な要求ばかりするのです。人は神が忍耐強く、常に寛容で、人を見るたびに真理を伝え、いつも語りかけることを、期待します。あなたがたはこれらの点について反省すべきです。人間の理知は欠陥だらけではないですか。神の指揮と采配に完全に従うことも、神からもたらす全てのものを受け入れられないだけでなく、逆に神にさらなる要求を押しつけます。このような要求をする人が神に忠実だと言えますか。どうして神の采配に従えますか。どうして神を愛せますか。

2 神がどのように人を愛し、寛容で、人を見守り、思いやるべきか、誰しも要求しますが、自分がどのように神を愛し、神のことを考え、神を思いやり、満足させ、心の中に神をもち、神を崇めるべきかについては何の要求もしません。人の心にそのようなものがありますか。それらは人が行なうべきことなのに、精進しないのはなぜですか。一時的に熱心な人もいますが、長続きはしません。小さな挫折に遭うと挫け、失望し、不平を漏らすのです。人には多くの問題があり、真理を追求し、神を愛し満足させるよう努める人はほとんどいません。人間にはまったく理知がなく、間違った位置に立ち、自分をとりわけ価値ある存在だと見なしているのです。

『キリストの言葉の記録』の「常に神に対して要求がある者は最も理知に欠ける」より編集

前へ: 730 神の権威に服従するには

次へ: 732 人はなぜいつも神に要求するのか

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

111 神は六千年に及ぶ救いの計画における支配者である

1 神は初めであり終わりである。神の働きを始動させるのは神自身なのだから、前の時代を終わらせるのも神自身でなければならない。それは、神がサタンを打ち負かし、世界を征服する証拠である。神自身が人々のもとで働くたび、それは新しい戦いの始まりとなる。新しい働きの始まりがなければ、当然古…

101 神の救いの業の目的

1神には6000年に渡る救いの計画がありそれは3つの段階に分かれている律法の時代次に恵みの時代そして最後の段階は神の国の時代と呼ばれているそれぞれの段階で神の業は違うが全ては人類に必要であり神と戦う サタンの企みに対処するもの神の業の目的は神の知恵と全能を現しサタンの企みを暴き打…

905 神の権威を知るための道

1神の権威と力神に固有の身分と本質についての認識はあなたの想像力によって得られるものではない「想像するな」ということは「何もせずただ座って破滅を待て」という意味ではなく「論理を用いて推測せず知識や科学を通して研究するな」という意味である神の言葉を食べ 飲み 体験する中であなたは神…

1015 神が人に授ける最高の祝福

1神のことばの完成により神の国が形成する人が正常に戻るとともに神の国がここにある神の国の民は正常な生活を取り戻し今日は神の前に生き明日は神の国で生きる全地は喜びと温かい心で満ちる神の国がこの地上にある神の国がこの地上にある2凍える冬は常春の世界となり人は悲惨なめに遭うことも凍える…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索