人は神に多く要求しすぎる

人はあまりに多くを神に求め、それは途方もない要求です。神にあれこれするよういつも求める人にはひとかけらの理知もありません。人は完全に神に服従することも、神を崇めることもできません。むしろ自分の好みにしたがって無理な要求ばかりするのです。人は神が忍耐強く、常に寛容で、人を見るたびに真理を伝え、いつも語りかけることを、期待します。あなたがたはこれらの点について反省すべきです。人間の理知は欠陥だらけではないですか。神の指揮と采配に完全に従うことも、神からもたらす全てのものを受け入れられないだけでなく、逆に神にさらなる要求を押しつけます。このような要求をする人が神に忠実だと言えますか。どうして神の采配に従えますか。どうして神を愛せますか。


神がどのように人を愛し、寛容で、人を見守り、思いやるべきか、誰しも要求しますが、自分がどのように神を愛し、神のことを考え、神を思いやり、満足させ、心の中に神をもち、神を崇めるべきかについては何の要求もしません。人の心にそのようなものがありますか。それらは人が行なうべきことなのに、精進しないのはなぜですか。一時的に熱心な人もいますが、長続きはしません。小さな挫折に遭うと挫け、失望し、不平を漏らすのです。人には多くの問題があり、真理を追求し、神を愛し満足させるよう努める人はほとんどいません。人間にはまったく理知がなく、間違った位置に立ち、自分をとりわけ価値ある存在だと見なしているのです。


『キリストの言葉の記録』の「常に神に対して要求がある者は最も理知に欠ける」より編集

前へ: 軽率に働くことは本分を尽くすことではない

次へ: なぜ人はいつも神に要求するのか

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

二千年に及ぶ切望

神が肉体となる事は宗教界を揺り動かし 宗教的秩序を覆した それは神の出現を待ち望んでる 全ての人の魂を掻き立てた この出来事を見て驚かない者がいるであろうか? その目で神を見たいと願わない者がいるであろうか? 神は何年もの間人々と共に過ごしたが 人々はその事に少しも気付かなかっ…

神への信仰の本当の意味

神を信じている人はたくさんいるが、神への信仰とは何を意味するか、神の心に従うためには何をしなければならないかを理解している人はほとんどいない。人々は「神」という言葉や「神の働き」のような語句はよく知っているが、神を知らないし、ましてや神の働きなど知らないからである。それなら、神…

終わりの日に神は言葉を通して全てを成し遂げる

このようにして、終わりの日に、神が肉になるとき、神はすべてを成し遂げるために、すべてを明らかにするために、主として言葉を用いる。神の言葉の中においてのみ、あなたは、神とは何かを知ることができる。神の言葉の中においてのみ、あなたは、神が神自身であることを知ることができる。肉とな…

あなたは永遠のいのちの源を知っているか

神は人の命の源であり 天と地は神の力によって生きている 命ある全てのものたちは 神の支配と権威から逃れられない あなたが何者であったとしても 人々は神に従わなくてはならない そしてまた人は 神の支配と神の命令に服従しなければならない あなたは熱意を持って 命と真理を探しているか…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索