人類はサタンによって堕落させられ惑わされたが

万物のなかでも、動物は、すべて行き来を繰り返しており、無数の変化が一瞬にして発生する。しかし、その本能と生存のための法則は不変である。動物は神の施しと糧により生きており、動物の本能を変えることや、動物の生存の法則を妨害することは、誰にもできない。万物の中で生きる人間はサタンにより腐敗し、騙されたものの、人間は依然として、神により造られた水、空気など、神により造られた全ての物を差し控えることができず、また人間は依然として神により造られた空間で生活し、繁殖している。

人間の本能は、依然として不変のままである。人間は、見ることを眼に、聞くことを耳に、考えることを脳に、理解することを心に、歩くことを脚に、業を行うことを手に、それぞれ依存している。神の施しを人間が受け取れるように神が人間に授けられた本能や、人間が神と協力するために必要な能力、創造物としての義務を履行するために必要な能力は変わっておらず、人間の霊的な必要性、人間が自分達の起源を知りたいという願望、創造主による救いに対する人間の切望は、変わっていない。以上が、神の権威の下で生活し、サタンによる残酷な破壊を幾度となく経験してきた人間の現況である。

『言葉は肉において現れる』の「唯一無二の神自身 1」より編集

前へ: 神の権威はサタンが越えられない天の律法

次へ: 人類は依然として神が造られた人類と同じである

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

最後までついて行くために聖霊の働きに従いなさい

聖霊の働きは日々変化し より大きな啓示とともに段階ごとに高くなる こうして神は働き 人類を完全にするが ついて来れない人はとり残されるだろう 進んで従う心なしに 人々は最後までついて行くことはできない 生まれつき不従順で意志に逆らう者は 神の働きが速まるにつれ とり残され…

人を救う神の意図は変わることがない

人々は、神の様々な性質、神がもつもの、神であるものの側面、また神の働きについてはある程度理解しているものの、この理解の大部分が、表面的な読書、原理の理解、あるいは単にそれらについて考えることに留まっています。人間に最も不足しているのは、実経験から得られる真の理解と見解です。…

災いが襲うとき

神のすべての憐みは 神を愛し 自己を放棄する者たちに施され 悪人への懲罰は神の怒りと義の証しだ 災いが襲うとき 神に反抗する者は飢えや病に直面して涙する 神に従うが 悪を行ってきた者も この運命に直面し 恐れの中で生きる 神に従う者だけが喜び 神の力を称賛する 彼らは大き…

神の言葉による裁きは人を救うため

神が語った刑罰や裁きについての多くの言葉は あなたに下ることはなかった そう、確かに下ることはなかった 神は業を為し、語るために来た 神の言葉が厳しいのは あなたの堕落と反抗を裁くためなのだ 神の目的は人を害することではなく サタンの支配から救うことである 神の言葉が厳しいのは成…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索