堕落した人類には受肉の神の救いが必要である

神はサタンの霊や、肉でないものにではなく

人に対し業を為すため肉となった

それはサタンが人の肉を堕落させたからだ

神が救うのはまさに人なのだ

死にゆく血肉に過ぎぬ人を神だけが救える

最善の結果を得るためには

肉と人の全てを神はまとうべきだ

神は肉となるべきだ

人が罪に克てぬ肉だから

神は肉となるべきだ

それは人が肉の束縛から逃れられないから

サタンは人の肉を堕落させ 欺き 害を与える

そして神が肉となるのは人を救うためだ

そしてサタンが人の肉を使い

神の業を邪魔するからだ

人を征しサタンと戦い、また人を救う

こうして神は肉となるべきだ

業を為すため、業を為すために

堕落させられサタンの化身となった人に神は勝つ

サタンと戦い人を救うため

神は地で肉となるべきだ

これは現実の業だ

肉なる神はサタンと戦う

霊の領域の業は現実的で

地上と肉において起こる

神は不従順な人を征し

サタンの権化を負かす

最終的に人を救う、人を救う

神はサタンと戦い

また反抗する人を征するため

被造物の外形をまとうべきだった

神が人となり創造物の外形をまとうのは

同じ外形をまといサタンによって損なわれた人類を

救うためだった

神の敵は人

また神は人を征服し救うため

人となるべきだ

そうすれば神は働きやすくなるのだ

神はサタンを負かし

神は人を征し

神は人を救う

『言葉は肉において現れる』の「堕落した人類には受肉した神による救いの方が必要である」より編集

前へ: 終わりの日のキリストは人が神の国に入るための門

次へ: 人類には神の二度の受肉が必要だ

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神の新しい業を受け入れる者は祝福される

聖霊の今の言葉に従えば 誰もが祝福される 聖霊がどう働きかけたかや 過去がどうであろうと この日に御業を受け入れる者は 誰より祝福される この日に御業を受け入れずいれば ふるい落とされる 今 新しい光を受け入れよう 今 神の御業を受け入れよう 神は待っておられる 御業を受け…

人間への神の憐れみは止んだことはない

「創造主の憐れみ」は虚しい言葉や約束ではない 原則と目的があり 真実で現実的で虚偽ではない その憐れみは人に授けられ とこしえに続く だが創造主がヨナと交わした言葉に残っている なぜ彼が憐れみ深いか どのようにそれを示すか どれだけ人に寛容か そして彼らへの本当の感情が 幾度怒り…

神を崇め悪を避ける者を神は救う

ノアの時代に 人類は迷って堕落をし 神の祝福を失った もはや神の配慮は得られずに 神の約束は失われた 神の光りを失くした 彼らは暗闇の中で生き ふしだらな性質になり 恐ろしい堕落へと身を任せた ノアだけが悪を避け神を崇めたので 神の声と指示を聞くことができ 神の命令に従って箱舟を…

神に味方する人はあまりにも少ない

神は人に多くの働きを為した 人の救いのために 人が神に味方するために 神は多くを語った しかし神は心を同じくする者を ほんの少ししか得なかった そこで神はこう言った 「人は神の言葉を大切にしない それは人が神に味方しないからだ」 神の働きはただ 人が神を礼拝するためではない…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索