神による人間の試練と精錬の意味

精錬の業は、人々の信仰を完全にするためであり、最終的には立ち去りたいが立ち去れず、ある人々は、わずかな希望のかけらをも奪われてもなお信仰を維持し、自分の将来にもはや希望が無くなる状態に達するためである。そして、この時点に到達してはじめて、神の精錬が完了する。人類は、生と死の間を彷徨う段階には未だに達しておらず、死を味わったことがないので、精錬はまだ終わっていない。効力者の段階にある者たちでさえ、極限までには精錬されてはいなかったが、ヨブは頼れるものが何もなくなって、極限まで精錬されたのだ。人間は、希望を失い、頼るものがなにも無くなる時点まで、精錬を受けなければならない。その時はじめて、それはほんとうの意味で精錬となる。


ヨブの試練を受けることは、ペテロの試練を受けることでもある。ヨブが試された時、ヨブは証しに立ち、最終的にヤーウェがヨブの前に現された。ヨブが証しに立った後になってはじめて、ヨブは神の顔を仰ぎ見るに相応しい者となった。「わたしは汚れた地から隠れ、聖なる国に自分の姿を現わしているのか。」ということが言われたのは何故だろうか。それは、あなたが聖くなり、証しに立つ時のみ、あなたは神の顔を見るための品位を得ることが出来る、という意味である。もしあなたが神の証しに立つことが出来ないなら、あなたには神の顔を見るための品位が無い。精錬に直面し、あなたが退いたり、神に対して不平を言い、神の証しに立てず、サタンの笑い者となったとしたら、神の出現を得ることは出来ないであろう。


『言葉は肉において現れる』の「完全にされる者は精錬を経なければならない」より編集

前へ: 神が人に試練を与えるのは人を清めるため

次へ: 神が為すのは人を完全にし愛することだけ

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

人の一生は完全に神の支配下にある

人は運命だけ信じても 創造主による運命の支配を知らずに 認識もしなければ ああ、運命だけ信じても 創造主による運命の支配に従わず 受け入れもしないなら 人生は悲劇となり そして無駄になり 空虚になるだろう 彼らは神の支配に従えず 被造物という言葉が真に意味するものにもなれず 日々…

神はサタンを打ち負かし人を救うために肉となった

神が肉体として地上にいる間 人々の間で神の業を行なう 全ての業にはたった一つの目的がある それは悪魔サタンを打ち倒すこと 神は人を征服することでサタンを倒す また人々を完全な存在にすることで 世界に鳴り響くような証しとするならば これもサタンの敗北のしるし 神はサタンを打ち倒し…

神は全ての愛を人類に与えた

神は愛により 人を救う 救いの計画 成し遂げる たとえ義を 表すにせよ たとえ威厳を 表すにせよ そして怒りを 表すにせよ どれほど大きな 愛なのか?たとえ人が 尋ねても 大きさは 答えではない なぜなら 神のその愛は100パーセント なのだから 神は与えた 人類のため 全ての愛…

神の言葉を実践しない人は取り除かれるだろう

神の働きと言葉は あなた方の性質に変化をもたらすためにある 神の目的は働きと言葉を理解させ 知らしめるだけでは十分でなく それが全てではない 神の言葉はほとんどが人の言語で書かれているため あなたが受け入れるなら容易に理解できる 凡人であっても 神があなたに知って欲しいこと …

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索