征服の働きの内なる意味

人類征服の内なる意味は 創造主に立ち返ること

サタンに背を向け完全に神の方を向くこと

これが完全なる救い 征服とはサタンとの最後の戦

神の勝利の計画の最終段階

これなしでは誰も救われず

サタンに対する勝利は得られず

誰もよい終着点に着けない

人はサタンのもとで苦しむ

この戦いが終わるまで 人を救う業も終わらない

全ての業は人を救うためだから

最終的な征服は 救いをあたえ行き先示す

裁きで人の堕落を明らかにし

悔い改めさせ、奮い立たせ

正しい道を求めさせる

無関心な心を目覚めさせる

不従順な者は裁かれ 内なる反逆は露わになる

人が悔い改めず 正しい道を逸れ

内なる堕落を捨てないなら

サタンに飲み込まれ 助けと救いは受けられない

救いそして行き先を示す

それが征服の目的

行き先が良くとも悪くとも

神の征服の中で明らかになる

『言葉は肉において現れる』の「人間の正常な生活を回復し、素晴らしい終着点に連れて行く」より

前へ: 神の裁きは人間を完全にする主要な方法

次へ: 神の裁きの働きの目的

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神自身の本性と位置

神は万物を支配し  万物を統べ治める 神は全てを創造し 統治し  すべてを支配し 満ち足らせる これが神の位置 そして存在 全ての被造物にとって 神は万物を創り 全ての主である 神の存在の真実 神の本性はたぐいないものである 人であろうと霊であろうと 神のふりをして そ…

聖霊の働きの原則

聖霊は単独で働くわけではなく また人も独りでは働けない 人と神の霊は共に手を取り合い 一緒に働きを成し遂げる 人の努力と聖霊の働きは 神の言葉の理解をもたらす 人と聖霊が日々共に歩むことで 徐々に完璧な人間が創られる 聖霊から啓示を受け 明察を得るために 必要なことがある 聖霊…

終わりの日に神は言葉で人を裁き清める

終わりの日の神の業は 言葉を伝えること それがもたらす変化は かつての恵みの時代に 神が見せた奇跡的なしるしや 不思議な業よりも大きい その恵みの時代には 手を置くと悪魔は逃げたが 人の中には堕落した性質が残った 病気を癒され罪を赦されたのに 悪魔的性質を追い出す業は まだ成し遂…

人類はもはや神が望むような存在ではない

人類は何年もかけ発展し 今日に至った しかし神が創造した人類は 長い間堕落に沈んでいる 人は神の存在を信じない 神が来ることを歓迎しない 神の求めにいやいや同意し 人生の喜び 悲しみを 心から神と分かち合わなかった 人は神を不可解なものと見る 神に微笑むふりをし へつらうよ…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索