征服の働きの内なる意味

人類征服の内なる意味は 創造主に立ち返ること

サタンに背を向け完全に神の方を向くこと

これが完全なる救い 征服とはサタンとの最後の戦

神の勝利の計画の最終段階

これなしでは誰も救われず

サタンに対する勝利は得られず

誰もよい終着点に着けない

人はサタンのもとで苦しむ

この戦いが終わるまで 人を救う業も終わらない

全ての業は人を救うためだから


最終的な征服は 救いをあたえ行き先示す

裁きで人の堕落を明らかにし

悔い改めさせ、奮い立たせ

正しい道を求めさせる

無関心な心を目覚めさせる

不従順な者は裁かれ 内なる反逆は露わになる

人が悔い改めず 正しい道を逸れ

内なる堕落を捨てないなら

サタンに飲み込まれ 助けと救いは受けられない

救いそして行き先を示す

それが征服の目的

行き先が良くとも悪くとも

神の征服の中で明らかになる


『言葉は肉において現れる』の「人間の正常な生活を回復し、素晴らしい終着点に連れて行く」より

前へ: 神の裁きは人間を完全にする主要な方法

次へ: 神の裁きの働きの目的

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

聖霊の働きの原則

聖霊は単独で働くわけではなく また人も独りでは働けない 人と神の霊は共に手を取り合い 一緒に働きを成し遂げる 人の努力と聖霊の働きは 神の言葉の理解をもたらす 人と聖霊が日々共に歩むことで 徐々に完璧な人間が創られる 聖霊から啓示を受け 明察を得るために 必要なことがある 聖霊…

神はあなたの心と霊を捜し求めている

全能者の命の供給を離れ 生きる意味知らずに 死をまた恐れ 支えはなく、救いもないが それでも目を閉じようとせずに 魂の感覚のない肉体を支え 無理をして良心をごまかして生きている 誰も彼もが望みはなく 目標もなく生存している 伝説の聖なる者だけが救う 彼の到来を待ち 苦しみの中…

失われた時は二度と戻ってこない

目覚めよ!兄弟姉妹たち! 神の日は遅れることがない 時は命、時をとらえることは命を救い その時は近い 試験なら、落ちたとしても 学び直し、再挑戦できるが 神の日は決して遅れないことを あなたは知らなければならない 覚えておくように 神のこれらの良い言葉は あなたを促すため…

全能神の聖なる霊の体が現れた

全能神が栄光の体を現し 神の聖なる体が現れた 彼は神自身であり 真の神である 世界は変わり 肉もまた変わった 神の変容は神の真の姿である 金の冠を冠り 白い衣まとい 金の帯 胸に巻く 世界の万物は神の足台 神の眼は炎のようで 口には諸刃の剣 右手には七つの星 神の国の道は無…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索