新時代の戒めは極めて意義深い


新時代における戒めの意義は極めて深淵である。戒めは、神が実際に地に現れ、地にあって宇宙全体を征服し、神の栄光を肉に完全に現すであろうことを示している。また戒めは、実践の神が地上で一層多大な実践の働きを行い、神が選んだ者を全員完全にする旨であることを示している。さらに、神は地上において言葉によりあらゆる物事を実現し、「肉にある神が最も高い所へと昇って讃美され、あらゆる民と国々が跪いて大いなる神を崇拝する」という法令を現す。新時代の戒めは人間が守るべきものであり、それは人間の本分であり、実現すべき目的であるものの、そうした戒めの意義は極めて深く、ひと言ふた言では完全に説明出来ない。新時代の戒めは、ヤーウェとイエスが公表した旧約の律法や新約のしきたりに取って代わる。これはさらに深淵な教えであり、人間が想像するほど簡明ではない。


新時代の戒めには、実践的な意味合いの側面がある。すなわち、こうした戒めは恵みの時代と神の国の時代の間の接点として機能する。旧時代の実践やしきたり、そしてイエスの時代の実践や新時代よりも前[a]の実践は、新時代の戒めをもって終焉を迎える。そうした戒めにより、人間は一層実践的な神の前に連れ出され、神による直接的な完全化を受け始めることが出来るようになるが、それは完全にされる道の端緒である。したがって、あなたがたは新時代の戒めに対する正しい姿勢を身に付けるべきであり、そうした戒めに安易に従ったり、それを安易に嫌ったりしてはならない。新時代の戒めでは、ある点が重視されている。それはすなわち、人間は現在における実践の神自身を崇拝すべきである、つまり霊の本質に一層実践的に従うべきである、という点である。またそうした戒めでは、神が義の太陽として現れて人間を罪人か義なる者かを裁く時の原則にも重点が置かれている。

新時代の戒めは、神と人間が新たな天と新たな地の領域に入ったこと、またヤーウェがイスラエルの民の間で働きを行い、イエスがユダヤ人の間で働きを行ったのと同様に、神が地において一層実践的な働きを行い、より偉大な働きをより多く行うことを象徴する。

『言葉は肉において現れる』の「戒めを守ること、真理を実践すること」より編集

前へ: 終わりの日に神は自らの性質の全てを現した

次へ: 神は全ての国々の民を征服する

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

肉となった神が現れた時に示す権威と力

「神の言葉が肉となる」という意味は 「神の言葉が肉体から発される」ということ この事実を成し遂げるために 神は地上に降りたのだ 旧約聖書のモーセの時代に 神が天から語るのとは違う それは千年の神の国の時代で実現し 全ての人々がその目で  そのとおりの成就を見られる これは神…

神の現れが持つ意義

神の現れとは業のため神降ること 神の方法で身分も性質も保ちながら 時代を始めまた幕引くため 神は降る 神の現れはしるしや絵画ではなく 奇跡でも大いなる幻でもない ましてや宗教的な儀式でもない それは実際に見て触れることのできる事実である 神の現れは 業の手順踏むためや早く終わ…

罪に捕らえられた悔い改めない人々は救いようがない

自分の肉や安楽だけを考える者 信仰の確信のない者 魔術師や妖術師 好色で落ちぶれた者 神から盗み、捧げものを奪う者 賄賂を愛し、天国をぼんやり夢見る者 高慢で名利を追い求める者 不遜な言葉を広め 冒涜的で神をそしる者 神を裁く者 徒党を組み集う者 神の上に立うとする者 浮つ…

神への信仰の本当の意味

神を信じている人はたくさんいるが、神への信仰とは何を意味するか、神の心に従うためには何をしなければならないかを理解している人はほとんどいない。人々は「神」という言葉や「神の働き」のような語句はよく知っているが、神を知らないし、ましてや神の働きなど知らないからである。それなら、神…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索