新時代の戒めは極めて意義深い

新時代における戒めの意義は極めて深淵である。戒めは、神が実際に地に現れ、地にあって宇宙全体を征服し、神の栄光を肉に完全に現すであろうことを示している。また戒めは、実践の神が地上で一層多大な実践の働きを行い、神が選んだ者を全員完全にする旨であることを示している。さらに、神は地上において言葉によりあらゆる物事を実現し、「肉にある神が最も高い所へと昇って讃美され、あらゆる民と国々が跪いて大いなる神を崇拝する」という法令を現す。新時代の戒めは人間が守るべきものであり、それは人間の本分であり、実現すべき目的であるものの、そうした戒めの意義は極めて深く、ひと言ふた言では完全に説明出来ない。新時代の戒めは、ヤーウェとイエスが公表した旧約の律法や新約のしきたりに取って代わる。これはさらに深淵な教えであり、人間が想像するほど簡明ではない。

新時代の戒めには、実践的な意味合いの側面がある。すなわち、こうした戒めは恵みの時代と神の国の時代の間の接点として機能する。旧時代の実践やしきたり、そしてイエスの時代の実践や新時代よりも前[a]の実践は、新時代の戒めをもって終焉を迎える。そうした戒めにより、人間は一層実践的な神の前に連れ出され、神による直接的な完全化を受け始めることが出来るようになるが、それは完全にされる道の端緒である。したがって、あなたがたは新時代の戒めに対する正しい姿勢を身に付けるべきであり、そうした戒めに安易に従ったり、それを安易に嫌ったりしてはならない。新時代の戒めでは、ある点が重視されている。それはすなわち、人間は現在における実践の神自身を崇拝すべきである、つまり霊の本質に一層実践的に従うべきである、という点である。またそうした戒めでは、神が義の太陽として現れて人間を罪人か義なる者かを裁く時の原則にも重点が置かれている。

新時代の戒めは、神と人間が新たな天と新たな地の領域に入ったこと、またヤーウェがイスラエルの民の間で働きを行い、イエスがユダヤ人の間で働きを行ったのと同様に、神が地において一層実践的な働きを行い、より偉大な働きをより多く行うことを象徴する。

『言葉は肉において現れる』の「戒めを守ること、真理を実践すること」より編集

前へ: 新しい時代の戒め

次へ: 行政命令十項を守り神の意志に従え

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神の前で心を静める方法

神の前で心を静めるには 外部から心を遠のかせ 神の前で静まり 集中して神に祈りなさい 神の前で心を静め 言葉を食べ享受しなさい 神の愛に思い巡らせ 心で神の働きを熟考し 祈ることから始めなさい 祈りから始めなさい 時間を決め 一心に祈りなさい 忙しく時間に追われても 何が起こっ…

世界は崩壊しバビロンは麻痺している!

全宇宙の人々は、わたしの日の到来を祝い、天使たちが民たちの間を歩く。サタンが問題を起こすと、天使たちが天での仕えにより、いつでもわが民を助ける。彼らは人間の弱さのせいで悪魔に欺かれることはないが、闇の勢力の攻撃の結果、よりいっそう霧の中で人生を経験しようと努める。民たちはみな…

人類が安息に至る唯一の道

懲らしめと裁きによる 神の最後の聖めの中立つ者は 最後の安息に入る サタンから解き放された者は 神のものとなり最後の安息に至る 裁きと懲らしめの真髄は 最終の安息に備え人を清めること この業がなければ 全人類は種類で分類されない それが安息に入る唯一の道 清めだけが不義を消…

人間の意図はみな何のためなのか?

信者でない子供や親戚を 教会の中へと引き込む者たちはみな 自己中心で親切心を示している 人々が信じているかどうか この行いが神の意志に沿うかどうかに関わらず 彼らはただ愛だけを強調する 神の前に妻や両親を連れてくる人もいるが 聖霊が同意するかどうか 働きを行うかどうかに関わらず…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索