神の代わりにその働きをできる者はいない

神は自ら、経営計画を為す

第一に世界を創った

人を造れたのは神だけ

第二に彼らを贖った

その計画を遂げたのは神だけ

第三に全ての業を終える

代わりなどいない、終始ずっと

神だけが為せる その働きを

唯一神が異なる地や時代に業を為した

人が知るべき、最も偉大なビジョン

神にしかできない

神にしかできない

神にしかできない


神は自ら人を経営する

贖い、征服し、完全にする 人を

サタンを打ち、人を獲得し

正しい生活を与える そのために

人の間で働き導く

神自ら経営するべきだ

代わりなどいない、終始ずっと

神だけが為せる その働きを

唯一神が異なる地や時代に業を為した

人が知るべき、最も偉大なビジョン

神にしかできない、神に

ヤーウェは人を造り、分類した

終わりの日にも全てを分類する

誰も神に代われない

神の導きを示す3段階が

実現するとみな神の権威に伏す

代わりなどいない、終始ずっと

神だけ為せる その働きを

唯一神が異なる地や時代に業を為した

人が知るべき、最も偉大なビジョン

神にしかできない

神だけの働きだ


『言葉は肉において現れる』の「神の三つの段階の働きを認識することは神を認識する道である」より編集

前へ: 神の名が異邦人に広がるであろう

次へ: 神の名の意義

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

聖霊の働きは普通で実際的だ

聖霊の働きは普通で現実的だ 神の言葉を読んで祈るとき 心は揺るぎないものとなる 外の世界はあなたを妨げない あなたの心はとても明るくなる あなたは喜んで神を愛し 邪悪な世界を憎み良いことを好む これが神の内に生きることであり 一部の人が言うような 非常に楽しむという 非現実的な…

災いが襲うとき

神のすべての憐みは 神を愛し 自己を放棄する者たちに施され 悪人への懲罰は神の怒りと義の証しだ 災いが襲うとき 神に反抗する者は飢えや病に直面して涙する 神に従うが 悪を行ってきた者も この運命に直面し 恐れの中で生きる 神に従う者だけが喜び 神の力を称賛する 彼らは大き…

あなた方は何を神に報いたのか

幾つかの秋と春を経て 神はあなた方の間にいる 神は長らくあなた方と暮らしてきた 幾つの悪行が神の前を行き過ぎたのか あなた方の心の言葉は神の耳にこだまする あなた方は百万の決意を祭壇に置くのに わずかな献身も誠意も供えない あなた方の信仰の実はどこにあるのか? 神の尽きぬ恵…

人を救う神の意図は変わることがない

人々は、神の様々な性質、神がもつもの、神であるものの側面、また神の働きについてはある程度理解しているものの、この理解の大部分が、表面的な読書、原理の理解、あるいは単にそれらについて考えることに留まっています。人間に最も不足しているのは、実経験から得られる真の理解と見解です。神…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索