人間は神の意志を理解していない

人間は、神に付き従い、日々神に祈りを捧げ、神の言葉を読んでいても、実際には神の心意を理解していないということである。神の心を理解し、神が好む物事や嫌悪する物事、神が求める事柄や拒む事柄、神が愛する人間と嫌う人間、神の人間に対する要求において神が適用する基準、神が人間を全きものとする際に採る方法を理解している者がいたとすれば、その者は、それでもなお自分の個人的な考えを持つ事が出来るであろうか。その者は別の人間を崇拝できるであろうか。普通の人間は、そうした者の偶像となり得るであろうか。ある者が神の心意を理解している場合、その者の観点は、もう少し理にかなっている。そうした者は、堕落した人間を自分の判断で崇拝対象とすることは無く、また真理を実践する道を進んでゆく際に、僅かな簡単な規則や原則を任意で遵守することが真理を実践することであるとは考えない。

『言葉は肉において現れる』の「神の性質と神の働きが達成する成果をいかにして知るか」より編集

前へ: 真に神を理解しているか

次へ: その働きを通して神を知るべきだ

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

肉となった神が現れた時に示す権威と力

「神の言葉が肉となる」という意味は 「神の言葉が肉体から発される」ということ この事実を成し遂げるために 神は地上に降りたのだ 旧約聖書のモーセの時代に 神が天から語るのとは違う それは千年の神の国の時代で実現し 全ての人々がその目で  そのとおりの成就を見られる これは神…

神は人を救うために大いに苦しむ

神は、遠い昔に人間の世界へ来て人間と同じ苦難を受けた。神は長年にわたり人間と共に生活したが、彼の存在を見出した者はいなかった。神は人間の世界の惨事に黙して耐えつつ、自身が負う業を行っている。父なる神の心と、人間の必要性のため、神は人間が嘗て経験したことの無い苦痛を受け、それ…

このように神は全てを統べ治める

産声を上げ  この世に生まれた時から 人は自分の義務を行う  神の計画と采配の中  自分の役割を担い 人生の旅を始める  どんな経歴・旅路があろうと 誰も天にある指揮と采配を逃れられない 誰も運命をコントロールできない 全てを統べ治める方のみ  全て為すことができる  人間が…

神の本質は全能で実際的である

神が実際的にわざを行う間、ご自身の性質と全てを表す。神は人にできないわざができる。ここに神の全能がある。神はそのわざをご自身でする。ここに神が実際的であることが示される。心に留めよ。神の本質は全能で実際的、それぞれが強め合う。神のすることは、ご自身の性質と神が何であるかを表す。神…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索