誰も神の言葉から離れられない

今 神が肉として来るのは

招きによるもの

人の状態を考えて

必要なものを与えるため


神が来るのは

人がどんな素質・教養であっても

神の言葉を見て

神の存在と現れを見るためで

言葉で神が与える完全さを受け入れるためだ

神が望むのは

人がその思想と観念を変えること

そうすれば神の本当の顔が

人の心に植えつけられるだろう

これが神が地上で願う唯一のこと


人の本性がいかに偉大でも

本質が貧しくても

神は目を留めない

人の過去の行いがどうであれ

心にある神の姿を変えることを

神は望んでいる

神が望むのは

人がその思想と観念を変えること

そうすれば神の本当の顔が

人の心に植えつけられるだろう

これが神が地上で願う唯一のこと


神は人が人の本質を知り

見解を変えることを望む

人が神を深く慕い

永遠の愛情を抱くことを望む

これは神が人に求める全て

神が望むのは

人がその思想と観念を変えること

そうすれば神の本当の顔が

人の心に植えつけられるだろう

これが神が地上で願う唯一のこと


『言葉は肉において現れる』の「働きと入ること(7)」より編集

前へ: 神は終わりの日に言葉を用いて全宇宙を征服する

次へ: すべては神の言葉で成就する

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神の権威はいたるところにある

神の権威はどんな状況にもある 神は全ての者の運命と全てのことを 思いと望みのままに定め、采配する それは人の変化によらず 人の意志とも関係ない また時間や空間や地理など いかなる変化によっても変わらない 神の権威はまさに神の実質だからだ 神の権威は神だけのもの 人にも場所にも何…

苦しい試練を通してのみ神の麗しさを知ることができる

神を満足させることを求めるのは 神への愛を持って神の言葉を実行することである いつであれ 他の人の力が欠けても あなたは神を愛し 深く慕い 神のことを焦がれる これが実際の背丈である あなたの背丈は神への愛によって あなたが試練の中でも 立つことができるかどうかによって決ま…

神は人類が生き続けるのを願っている

神は人を蔑んだ 人が神に敵対したから でも神の心の中の 人への思いやり、心配、憐れみは変わらない 人間を滅ぼした時さえ 極みまで人が汚れ 不従順になっても神は その性質と本質のゆえに 原則に従い 人間を滅ぼさざるを得なかった 神はそれでもなお人類を憐れんだ 神の本質のゆえに 人…

あなたは肯定的な進歩を追い求めるべきだ

人が神の意志を理解し 共通の理想のために 神を満足させるよう共に働き 神の国への道を共に進むことを 神は願っている 無用な観念を持つ必要などあるのだろうか? 今まで神のために存在しない者などいただろうか? それなら悲しみも 嘆きも ため息も 何になるというのか? これは誰のた…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索