誰も神の言葉から離れられない

今 神が肉として来るのは

招きによるもの

人の状態を考えて

必要なものを与えるため

神が来るのは

人がどんな素質・教養であっても

神の言葉を見て

神の存在と現れを見るためで

言葉で神が与える完全さを受け入れるためだ

神が望むのは

人がその思想と観念を変えること

そうすれば神の本当の顔が

人の心に植えつけられるだろう

これが神が地上で願う唯一のこと

人の本性がいかに偉大でも

本質が貧しくても

神は目を留めない

人の過去の行いがどうであれ

心にある神の姿を変えることを

神は望んでいる

神が望むのは

人がその思想と観念を変えること

そうすれば神の本当の顔が

人の心に植えつけられるだろう

これが神が地上で願う唯一のこと

神は人が人の本質を知り

見解を変えることを望む

人が神を深く慕い

永遠の愛情を抱くことを望む

これは神が人に求める全て

神が望むのは

人がその思想と観念を変えること

そうすれば神の本当の顔が

人の心に植えつけられるだろう

これが神が地上で願う唯一のこと

『言葉は肉において現れる』の「働きと入ること(7)」より編集

前へ: 神は終わりの日に言葉を用いて全宇宙を征服する

次へ: すべては神の言葉で成就する

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

誰も積極的に神を理解しようとしない

神が悲しむ時は 神に全く気を留めない人々 神に従い神を愛していると言いながら 神の感情を無視する人々に向き合う これで神の心が傷つかないことがあろうか? 神は救いの業の中で 誠実に働き 語り 遠慮なく人と向き合うが 神に従う者たちは神から隔てられ 神に近づこうとも 神の…

人類が安息に至る唯一の道

懲らしめと裁きによる 神の最後の聖めの中立つ者は 最後の安息に入る サタンから解き放された者は 神のものとなり最後の安息に至る 裁きと懲らしめの真髄は 最終の安息に備え人を清めること この業がなければ 全人類は種類で分類されない それが安息に入る唯一の道 清めだけが不義を消…

神を知りさえすれば人は神を畏れ悪を避けることができる

悪を避けるには 神を畏れることを理解し 畏れるには神を知らなければならない 神を知るにはその言葉を体験し 裁きと訓練を知る必要がある 神を畏れ悪を避けることは 神への認識において無数の繋がりを持つ 神を知れば人は神を畏れ悪を避けられる 神の言葉を体験するには 神とその言葉に…

闇の中にいる者は起き上がるべきだ

幾千年もこの地はひどく汚れ悲惨で 幽霊がうろつき 人を騙し欺き 根拠無く人を告発していた 彼らは冷酷で残忍で この地を踏み荒らし死骸で汚す 腐敗した悪臭が充満する 厳重に守られている この地で誰に空の向こうの世界が見えるのか? ゴーストタウンの人々が どうして神を…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索