誰も神の言葉から離れられない

今 神が肉として来るのは

招きによるもの

人の状態を考えて

必要なものを与えるため


神が来るのは

人がどんな素質・教養であっても

神の言葉を見て

神の存在と現れを見るためで

言葉で神が与える完全さを受け入れるためだ

神が望むのは

人がその思想と観念を変えること

そうすれば神の本当の顔が

人の心に植えつけられるだろう

これが神が地上で願う唯一のこと


人の本性がいかに偉大でも

本質が貧しくても

神は目を留めない

人の過去の行いがどうであれ

心にある神の姿を変えることを

神は望んでいる

神が望むのは

人がその思想と観念を変えること

そうすれば神の本当の顔が

人の心に植えつけられるだろう

これが神が地上で願う唯一のこと


神は人が人の本質を知り

見解を変えることを望む

人が神を深く慕い

永遠の愛情を抱くことを望む

これは神が人に求める全て

神が望むのは

人がその思想と観念を変えること

そうすれば神の本当の顔が

人の心に植えつけられるだろう

これが神が地上で願う唯一のこと


『言葉は肉において現れる』の「働きと入ること(7)」より編集

前へ: 神は人が心から悔い改めることを望む

次へ: あなたがたは大きな祝福を享受した

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

神の国の王の顔は比類なき栄光に輝く

神はこの地で新しく始め この地で栄光を受ける 最後の美しい光景で 神は心の情熱を伝える 神の鼓動にしたがって 水は踊り、山は動き 波は岩礁に打ち付ける 神が心を語るのは難しい 計画通りに神は行った それは神により定められ 神が人々に見せ経験して欲しいと思っていることだ 神の…

神の溢れるいつくしみと計り知れない怒り

神のいつくしみと寛容の存在は 本当であり真実 だが神が怒りを注ぐ時 神の聖さと義はどんな罪も容赦しないという 神の別の面が表される 人が神の命令に完全に従い 神の要求に沿って行動すれば 神は溢れるいつくしみを豊かに与える 堕落・憎しみ・神への敵意で満ちるなら 神は計り知れない…

堕落した人類の悲哀

幾時代も神と共に歩みながら 一体誰が知っているだろうか 神が万物の運命を治め指揮し導いていることを 人が心に留めないのは 神の業が曖昧だからでも 計画が果たされていないからでもなく 人の心と霊が神から離れているからだ 彼らは神に従う時でさえ 気づかぬままサタンに仕えている …

このように神は全てを統べ治める

産声を上げ  この世に生まれた時から 人は自分の義務を行う  神の計画と采配の中  自分の役割を担い 人生の旅を始める  どんな経歴・旅路があろうと 誰も天にある指揮と采配を逃れられない 誰も運命をコントロールできない 全てを統べ治める方のみ  全て為すことができる  人間が…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索