神を本当に渇望する者を神は見捨てない

もし、これらの人間が途方もない欲望を打ち捨て、神のもとに戻ることができるならば、彼らにはまだ救いの機会はある。もし、人が本当に神を渇望する心を持つならば、神に見捨てられることはない。人が神を得ることができないのは、神が感情を持っているからでも、神が人に得られたくないからでもなく、人が神を得たくないからであり、人が切迫して神を探し求めないからである。本当に神を探し求める人がどうして神に呪われることがあり得ようか。健全な理知と繊細な良心を持つ人がどうして神に呪われることがあり得ようか。本当に神を礼拝し、仕える人がどうして神の怒りの火によって破壊されることがあり得ようか。喜んで神に従う人がどうして神の家から追放されることがあり得ようか。神をどれほど愛しても愛しきれない人がどうして神の懲罰の中で生きることになり得ようか。喜んですべてを神のために断念する人がどうして無一文な状態になることがあり得ようか。

『言葉は肉において現れる』の「性質が変わらないままなのは、神に敵対していることである」より編集

前へ: 真理をあきらめなければあなたは救われる

次へ: 無関心は破滅をまねく

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神に味方する人はあまりにも少ない

神は人に多くの働きを為した 人の救いのために 人が神に味方するために 神は多くを語った しかし神は心を同じくする者を ほんの少ししか得なかった そこで神はこう言った 「人は神の言葉を大切にしない それは人が神に味方しないからだ」 神の働きはただ 人が神を礼拝するためではない…

神の言葉の重要性

神の信者は良い行いをすべきだ 大切なのは神の言葉を持つこと 何があってもそれから離れない 神の言葉を通し神を知り満足させる あらゆる教派・国家・各界が いつか言葉で征服されるだろう 神は人々に直接語り 彼らは神の言葉を握るだろう これで人々は完全にされ 神の言葉は浸透するだろう…

神のあなたがたへの期待を感じたことがあるか

誰がこの終わりなき世で神に吟味されるのか? 誰が神の霊の言葉を聞いたのか? 誰がヨブに答えられるのか? 皆の中にペテロはいるか? 神はなぜ幾度もヨブとペテロのことにふれたのだろう? 皆、神からの期待に気づいたか? もっと熟考することに時間を割くべきだ 大勢が闇の中を探り、逆境の…

人を救う神の意図は変わることがない

人々は、神の様々な性質、神がもつもの、神であるものの側面、また神の働きについてはある程度理解しているものの、この理解の大部分が、表面的な読書、原理の理解、あるいは単にそれらについて考えることに留まっています。人間に最も不足しているのは、実経験から得られる真の理解と見解です。…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索