神が救いたい人をサタンが意のままに害することを神は許さない

試練を経験した後にヨブから証しを受けた神は、ヨブのような人々の集まりをひとつあるいは複数獲得しようと決心したが、ヨブに対してしたように、サタンが神に賭けをして誰かを誘惑し、攻撃し、虐げることは決して再びさせないと決心していた。神はサタンが弱く愚かで無知な人間にそのようなことを繰り返すことは決して許さなかった。ヨブに対するサタンの誘惑でもうたくさんだった。サタンの思うように攻撃させないのは神の憐れみであった。

神に従う人々の人生とその人々の全ては神によって支配され作り上げられており、神の選民をサタンが操る権利はなかった。この点ははっきりと理解しなければいけない。神は人の弱さに心を砕き、人の愚かさや無知さを理解する。人が完全に救われるために、神は人をサタンの手に渡さなければならないが、人がサタンの手によって玩具のように扱われるのを神は喜んで見ることはない。神は人が常に苦しむのを見たいとは思わない。人間は神によって造られ、人間の全てが神によって支配され管理されることは全く義なることである。そうすることは神の責任であり、神が全てを支配する権威によるものである。

神はサタンが意のままに人間を虐げ虐待することを許さず、様々な手段で人間を進むべき道から踏み外させることを許さず、更に、人間に対する神の主権を犯すことを許さず、神が全てを支配する法則を踏みつぶして壊すことも許さず、人間を管理して救う神の偉大な働きを踏みつぶして壊すことを許さないのは言うまでもない。神が救いたいと望む人々、神の証しとなる人々は神の6千年の経営(救いの)計画の中心であり結晶であると同時に、神の6千年の働きの代価である。簡単にサタンに渡せるはずがない。

『言葉は肉において現れる』の「神の働き、神の性質、そして神自身 3」より編集

前へ: サタンの本質は残忍で邪悪

次へ: 神の権威はサタンが越えられない天の律法

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神の言葉による裁きは人を救うため

神が語った刑罰や裁きについての多くの言葉は あなたに下ることはなかった そう、確かに下ることはなかった 神は業を為し、語るために来た 神の言葉が厳しいのは あなたの堕落と反抗を裁くためなのだ 神の目的は人を害することではなく サタンの支配から救うことである 神の言葉が厳しいのは成…

神の救いの業の目的

神には6000年に渡る救いの計画があり それは3つの段階に分かれている 律法の時代 次に恵みの時代 そして最後の段階は神の国の時代と呼ばれている それぞれの段階で神の業は違うが 全ては人類に必要であり 神と戦う サタンの企みに対処するもの 神の業の目的は神の知恵と全能を現し…

人を救うからには神は人を完全に救う

神は人を創造したが故 みずから人を導く 救うからには神は人を救い完全に得る 神は人を導くが故 人を連れて行く 人を正しい方へ連れて行く 創り救うからには 神は人の前途や運命の 全ての責任を負わなければならない これが創造主によってなされた業 もし人類の将来を奪えば 征服の業は成し…

あなたは肯定的な進歩を追い求めるべきだ

人が神の意志を理解し 共通の理想のために 神を満足させるよう共に働き 神の国への道を共に進むことを 神は願っている 無用な観念を持つ必要などあるのだろうか? 今まで神のために存在しない者などいただろうか? それなら悲しみも 嘆きも ため息も 何になるというのか? これは誰のた…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索