神を愛することほど深い教訓はない

生涯の信仰から人が学ぶことは

いかに神を愛するかであり

神を信じるなら

神を愛そうと努めるべきだ

信じてるのに心から愛さないなら

神を知ることができず

あなたの信仰は無益だ

神を信じているのに神を愛さないなら

あなたの人生は卑しくむなしいものである

神を愛することも満足させることもないなら

生きることや神を信じることに何の意義があるのか?

それは無駄な努力ではないのか?


神を信じ愛するには代価が伴う

上辺の行動だけでなく

心の奥にある真の見識を求めるべきだ

賛美歌を歌い 踊るのに熱心でも

真理を実践しないなら

神を愛すると言えるのか?

神を愛するなら

すべてに神の意志を求め

何かが起きたら深く探り

神の意志を模索し

神に何を求められ

その意志にいかに配慮するかを知るべきだ

神を信じているのに神を愛さないなら

あなたの人生は卑しくむなしいものである

神を愛することも満足させることもないなら

生きることや神を信じることに何の意義があるのか?

それは無駄な努力ではないのか?


『言葉は肉において現れる』の「神を愛することだけが本当に神を信じることである」より編集

前へ: 全存在を捧げ神の旨を行う

次へ: 神の御心を行うために生きることは最も意義あること

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神の権威はいたるところにある

神の権威はどんな状況にもある 神は全ての者の運命と全てのことを 思いと望みのままに定め、采配する それは人の変化によらず 人の意志とも関係ない また時間や空間や地理など いかなる変化によっても変わらない 神の権威はまさに神の実質だからだ 神の権威は神だけのもの 人にも場所にも何…

神の現れが持つ意義

神の現れとは業のため神降ること 神の方法で身分も性質も保ちながら 時代を始めまた幕引くため 神は降る 神の現れはしるしや絵画ではなく 奇跡でも大いなる幻でもない ましてや宗教的な儀式でもない それは実際に見て触れることのできる事実である 神の現れは 業の手順踏むためや早く終わ…

全能神の聖なる霊の体が現れた

全能神が栄光の体を現し 神の聖なる体が現れた 彼は神自身であり 真の神である 世界は変わり 肉もまた変わった 神の変容は神の真の姿である 金の冠を冠り 白い衣まとい 金の帯 胸に巻く 世界の万物は神の足台 神の眼は炎のようで 口には諸刃の剣 右手には七つの星 神の国の道は無…

神は天地万物を人のために創造した

すべてのものは互いに繋がって依存し これを通して人の環境は守られている この原則のもとでその環境は守られ存続し この生存環境により人は増え そして栄えることができる 神はこの原則を使って 万物の命を維持し 奇しい業で全ての存在を保つ 神はこうして万物に与え 同じように人類にも与え…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索