人々のどんな言動も神の目から逃れられない


あなた方の信仰は素晴らしい。あなた方は言う。

「我らの願いは生涯を神の働きに捧げること。

そのためにできる限り尽つくしたい。」

ただあなた方の性質だけはほとんど変わっていない。

傲慢な言葉、これがあなた方の言ったことだが、

あなた方が実際にすることは惨めなことだ。

それは、まるであなた方の舌と唇は天にあるが、

足は遠く地にあるかのようだ。

だから、あなた方の言葉、行いそして名声はまだひどい状態だ。

神があなた方の言動の全てを吟味しなくても、

あなた方は神の働きと言葉の聖地に

入る権利を得られると信じるのか?

神の二つの目を、誰がごまかせるのか?

あなた方の卑しい行いや低俗な話が、どうして神の目を逃れられよう?


今ではあなた方の名声は損なわれ、

そのふるまいは賎しく、言葉は低俗で、

あなた方の生活は忌まわしく、人性は乏しい。

あなた方は、人に対して心が狭く、

細かいことで言い争う。

地位や名声などのことで口論し、

地獄への道を下り、

そんなに火の池に跳び込みたいのか。

あなた方の今の言動は、

神に「罪深い者だ」と言われるに十分だ。

神があなた方の言動の全てを吟味しなくても、

あなた方は神の働きと言葉の聖地に

入る権利を得られると信じるのか?

神の二つの目を、誰がごまかせるのか?

あなた方の卑しい行いや低俗な話が、どうして神の目を逃れられよう?


神の働きに対してそんな態度では、

あなた方は不義だと神が決めても当然だ。

あなた方のすべての性質を見れば、

あなた方はけがれた霊であり、恥辱に満ちている、と言うに十分だ。

あなた方が為すことや表すことは、ただひとつのことを意味する――

あなた方は汚れた霊の血をたっぷり飲んだということを。

天国に入ることが語られると、

あなた方は自分の気持を見せないように努める。

あなた方のふるまいは、神の国に入るのにふさわしいのか?

神があなた方の言動の全てを吟味しなくても、

あなた方は神の働きと言葉の聖地に

入る権利を得られると信じるのか?

神の二つの目を、誰がごまかせるのか?

あなた方の卑しい行いや低俗な話が、どうして神の目を逃れられよう?


神はすべての人々の心を二つの目で見続ける、なぜなら、

人間を創造するはるか前に、

神はその手の中に彼らの心を捕らえたからだ。

神は昔、人の心を見透したのだから、

どうして人の心の思いが、神の目を逃れられるだろう?

また、どうして神の焼き尽くす霊から遅れずに逃げられるだろう?

『言葉は肉において現れる』の「あなたがたは人格が卑しすぎる」より編集

前へ: これがあなた方の信仰なのか

次へ: 人間への神の警告

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

神の前で心を静める方法

神の前で心を静めるには 外部から心を遠のかせ 神の前で静まり 集中して神に祈りなさい 神の前で心を静め 言葉を食べ享受しなさい 神の愛に思い巡らせ 心で神の働きを熟考し 祈ることから始めなさい 祈りから始めなさい 時間を決め 一心に祈りなさい 忙しく時間に追われても 何が起こっ…

神の本質は全能で実際的である

神が実際的にわざを行う間、ご自身の性質と全てを表す。神は人にできないわざができる。ここに神の全能がある。神はそのわざをご自身でする。ここに神が実際的であることが示される。心に留めよ。神の本質は全能で実際的、それぞれが強め合う。神のすることは、ご自身の性質と神が何であるかを表す。神…

神自身の本性と位置

神は万物を支配し  万物を統べ治める 神は全てを創造し 統治し  すべてを支配し 満ち足らせる これが神の位置 そして存在 全ての被造物にとって 神は万物を創り 全ての主である 神の存在の真実 神の本性はたぐいないものである 人であろうと霊であろうと 神のふりをして そ…

人を救う神の意図は変わることがない

人々は、神の様々な性質、神がもつもの、神であるものの側面、また神の働きについてはある程度理解しているものの、この理解の大部分が、表面的な読書、原理の理解、あるいは単にそれらについて考えることに留まっています。人間に最も不足しているのは、実経験から得られる真の理解と見解です。神…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索