言葉は肉において現れる

目次

終着点について

終着点に関する話になると、あなたがたはその話を特に真剣に受け止める。あなたがたは全員この話題について特に敏感である。好ましい終着点に辿り着くために、神にひれ伏すのを切望する者も居る。あなたがたが切望するのは十分理解可能であり、それを言い表すことは不要である。あなたがたは、自分の肉が災いに陥ることは絶対に避けたいと考え、それにも増して、将来は長年続く罰を受けることを避けたいと考えている。あなたがたは、一層自由で快適に暮らすことを望むのみである。ゆえに、終着点の話になると、あなたがたは殊更心配になり、十分注意しないと神の怒りを買い、然るべき報いを受けるかもしれない、と大いに恐れる。あなたがたは、自分の終着点のためであれば、躊躇なく妥協してきた。また、あなたがたのうち、嘗て不従順で軽薄であった多くの者が、突然極めて優しく素直になり、その素直さは寒気がする程である。いずれにせよ、あなたがたは皆素直な心を備えており、終始私に対し、非難であれ、虚偽であれ、信心であれ、隠しだて無く心を開いている。総合的に、あなたがたは私に対し、そうした心の奥にある重要な物事を極めて腹蔵なく「告白」して来た。無論、私もそうした物事を回避したことは無い。なぜなら、そうした物事は私にとって普通の事となったからである。あなたがたは、心労の末に神の承認を得るよりも、むしろ終着点のために火の海に飛び込むほうが良いと考えているであろう。私はあなたがたに対して独善的すぎるということではなく、あなたがたの信心は、特に私の行うあらゆる業に直面するに足りないということである。あなたがたは私の言う事を理解できないかも知れないので、簡単に説明する。あなたがたが欲しているのは、真理といのちでは無く、自分の行動原理でも無く、いわんや私が骨折って行う業では無い。あなたがたが欲しているのは、富や地位、家族、結婚など、すべて自分が肉にあって持っている物事である。あなたがたは私の言葉や業を完全に軽視しているので、あなたがたの信仰をひとことで概括すれば、それは「半信半疑」と言える。あなたがたは、自分が完全に専心している物事を得るためなら何も厭うことは無い。しかし、あなたがたの神への信仰に関する事のために、全てを無視することが無いことを、私は知った。むしろ、あなたがたは単に比較的忠誠かつ真剣なだけである。最大限に真剣な心の無い者は、神への信仰に欠陥のある者である。あなたがたのうち、欠陥のある者が多数居るかどうかを、注意深く考える必要がある。

成功は、人々の独自の行動により達成されるということを知る必要がある。人々が成功せずに失敗した場合、それもまた、自分の行動が原因であり、他の要素の影響が原因ではない。比較的困難で苦労を伴う事柄を成し遂げるためなら、何でもするであろうし、その事柄を極めて真剣に扱うであろうと思う。過ちをおかすことさえも嫌うであろう。こうした事柄は、あなたがた全員が人生において行う、様々な絶え間ない努力である。あなたがたは、自分の家族を欺くことが無い状況において、肉にある私を欺くことすら出来る。これが、あなたがたの一貫した姿勢であり、あなたがたが自分の人生に適用する原則である。あなたがたは、私を欺くため、また美しく満足できる終着点を得るために、依然として偽りの姿を創っているのではなかろうか。あなたがたの信心と真剣さは一時的なものでしかないことに気付いている。あなたがたの志と、あなたがたが支払う代償は、今のためだけであり、過去のためではないのではないか。あなたがたは、美しい終着点を確保するために、一度だけの決定的な取り組みを行いたいと思っている。あなたがたの目的は、取り引きをすることのみであり、真理に対する負債を抱えることを避けることであり、とりわけ私が支払った代償を償還しないようにすることである。つまり、あなたがたは自分の聡明さだけを用いることを好むが、そのために戦うことを好まない。それがあなたがたの心からの願いではなかろうか。あなたがたは自分自身を隠してはならず、またそれ以上に、自分の終着点のために、食事や睡眠が出来なくなるほど頭脳を苦しめてはならない。いずれにせよ、結局あなたがたの終着点は既に定められている、というのは本当だろうか。あなたがたは隠すこと無く正直な気持ちで、出来る限り自分の本分を尽くし、そのためなら喜んで何でもする必要がある。あなたがたが述べた通り、終わりの日が来た時、神のために苦難を受けて代償を払った者を、神が虐げられることは一切無い。このような信念は保つ価値のあるものであり、決して忘れてはならないものである。あなたがたに関して私の気が安まるのは、こうするよりほか無い。さもなければ、あなたがたに関して私の気が安まることは無く、私にとって、あなたがたは永遠に私の嫌悪対象となるであろう。あなたがた全員が自らの良心に従い、私に全てを与え、私の業のために出来る限り努め、私の福音の業に対して一生涯を捧げるならば、私の心は、あなたがたのために歓喜して飛び跳ねるのではなかろうか。あなたがたに関して、私の心は完全に安らぐことが出来るのではなかろうか。あなたがたに出来ることは、私が期待する事のうち、ごく僅かでしか無いことは恥辱的であるが、それならば、あなたがたは、どうして厚かましくも自分が望む物事を私に求めることが出来ようか。

あなたがたの終着点と運命は、あなたがたにとって極めて重要であり、由々しき懸念である。あなたがたが十分注意して行動しなかったならば、それは終着点が無くなり、運命の破滅に等しいと考えている。しかし、ある者の努力が自分の終着点のためだけである場合、そうした努力は成果の無いものである、といったことが、あなたがたに嘗て無かっただろうか。そのような努力は、本物ではなく、虚偽である。その場合、自分の終着点のために努力する者は、最終的に失敗するであろう。なぜならば、人間の神に対する信仰の過ちは、偽りに起因するからである。嘗て、私は媚びへつらわれたり、熱狂的に扱われるのを好まないと述べた。私は、私の真理や期待と向き合う正直な者を好む。それ以上に、私は私の心に出来るだけ配慮し、私のために全てを捨て去ることの出来る者を好む。私の心が満足できるのは、こうした場合のみである。今、あなたがたに関して私が嫌う物事は、いくつあるであろうか。今、あなたがたに関して私が好む物事は、いくつあるであろうか。あなたがたが、自分の終着点のために示した大いなる醜悪さに気付いた者は誰も居ないのだろうか。

私の心の中では、肯定的かつ意欲的な心に苦痛を与えることを望まず、またとりわけ誠実に自分の本分を尽くしている者の勢力を減衰させることを望まない。それでもなお、あなたがた各人に対し、あなたがたに不足している物事や、心の奥にある汚れた霊に注意を喚起するする必要がある。そうすることの目的は、あなたがたが私の言葉に対して真の心を捧げられるようにすることである。なぜなら、私は、人間の私に対する欺きを最も嫌悪するからである。私は、私の業の最終段階において、あなたがたが見事な成果を実現できること、完全に身を捧げていること、半信半疑ではなくなることを望むのみである。無論、あなたがた全員が好ましい終着点を得ることも、私は望んでいる。それでもなお、私には、あなたがたが私に対して単独かつ最終的な信心を捧げる際に最善の決断を下すことという、私自身の条件がある。ある者に単独の信心が無い場合、その者は間違い無くサタンに重宝されるようになり、私がその者を継続して用いることは無い。私はその者を自分の家に戻し、その者の両親にその者の世話をさせる。私の業は、あなたがたにとって極めて有益である。私があなたがたから得ることを望むのは、正直で肯定的な心であるが、現在に至るまで、私の手には何も無い。考えて欲しいのだが、将来、私が依然としてこのような言いようの無い苦い思いをしているとしたら、あなたがたに対する私の態度はどのようなものとなるであろうか。私は現在と同様に親しくするであろうか。私の心は、現在と同様に安らかであろうか。あなたがたは、骨折って畑仕事をしたが全く収穫を得なかった者の気持ちが分かるだろうか。強く打たれた者の傷がどれほど深いか分かるだろうか。希望に満ちつつ、誰かと不当な条件で訣別せねばならない者の苦渋を、あなたがたは感じることができるだろうか。挑発された者の怒りを理解したことがあるだろうか。敵意を向けられ、欺かれた者の復讐の衝動を理解することが出来るだろうか。そうした者の精神を理解するならば、神が報いられる時の姿勢を想像するのは、困難ではないであろう。最後に、あなたがた全員が自分の終着点のため真剣に努力することを望むが、努力する際は、虚偽的な方法は利用しない方が良いだろう。さもなければ、あなたがたについて、私の心は落胆するであろう。こうした落胆の結果、どうなるであろうか。あなたがたは自分をごまかしているのではないだろうか。自分の終着点のことを懸念しつつ、それを破滅させる者は、全く救われることが無いであろう。そうした者が憤慨したとしても、誰が共感するであろうか。とにかく、私は依然として、あなたがたが適切かつ良好な終着点を得るよう願うことを望む。それにもまして、私は、あなたがたのうちに災いに遭う者が一切居ないことを願っている。