真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

言葉は肉において現れる

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

`

神の業の段階について

外面的には、現時点における神の業の諸段階はもう完了し、人類は既に裁きと刑罰を体験し、打ち砕かれ、また、神の言葉による精錬を受け、奉仕者の試練や刑罰の時代の精錬、死の試練、引き立て役の試練、神を愛する時といった諸段階を踏んで来たように見える。人間は、各段階で大きな苦難を受けたにもかかわらず、未だに神の意志を理解できずにいる。ちょうど奉仕者の試練の時と同様に、そこから人間が得たもの、理解したもの、それを通して神が望む成果などの問題について、人間は未だに理解が不明瞭である。神の働きの速度を考えると、現在の進度では、人間が遅れを取り戻すことは絶対にあり得ないと思われる。そのことから分かるのは、神はまず最初にそれらの業の段階を人類に明示しているが、神は、どの段階においても、人間が想像し得るレベルに必ずしも達する必要はない。しかし、神はそれを使って問題を明瞭化しようとしているのだ。人を完全にして本当に神のものにするためには、神が上記の段階を遂行しなけらばならない。この業を行うことの目的は、一群の人々を完全にするために神が遂行しなければならない段階を、人間に見せることである。故に、神の業の諸段階は外面上は完了しているが、実質的には、神は人類を完全にすることを正式に始めたばかりである。人々が明瞭に理解すべきなのはその事である。すなわち、神の業の段階が完了しているのであって、それは神の業が完了しているということではないのだ。しかし、人間が自分の観念によって信じるのは、神の業の段階は既に人類に明示されており、神の業が完了したことに疑いの余地は無い、ということである。このようなものの見方は完全に誤りである。神の業は人間の観念に則したものではなく、あらゆる面で人間の観念に対する反撃である。神の業の段階は殊更に人間の観念にそぐわないものであり、そのことは神の知恵を示している。このことから分かるのは、人間の観念はあらゆる面で混乱を招くものであり、人間が想像しうることは、すべて神が反撃しようとするということである。これは実経験に基づく識見である。人々は皆、神が速く働き過ぎると思い、彼らがまだ何も理解できずに混乱し、当惑している間に、神の業は知らないうちに完了してしまったと考える。神の業のあらゆる段階が、このようである。殆どの人々が、神は人間をもてあそんでいると思っているが、神が行う業の背後にある意図は、そのようなものではない。神が働く手段は、熟慮によるもので、まず総体的なレベルから働き、次に細部に及び、その後それらの細部を充分に洗練するのである。それは、人間の意表を突く。人間は皆、神を騙そうとして、その場しのぎで神を満足させるところまで辿り着くことができると考えているが、実際、どうしてその場しのぎの試みによって神を満足させることができようか。神は、最大限の効果を得るため、また人間に神の知恵を一層認識させ、神の義、威厳、侵害不可能な性質をもっと理解させるために、人間の意表を突き、不意を打つ手段で業を為す。

神は人間を完全にする業を今公けに開始した。人間は、完全にされるために、神の言葉による啓示、裁き、刑罰を受け、神の言葉による試練と精錬(奉仕者の試練など)を受けなければならない。それに加えて、人間は死の試練に耐えることが出来なければならない。つまり、神の意志を本当に実行する者は、神の裁き、刑罰、試練のただ中でも心の奥深くから讃美に溢れ、完全に神に従い、自我を捨て去り、こうして誠実で純粋な心を一つにして神を愛することが出来る。こういう人こそが完全にされた者である。またそれは、神が行いたいと願い、達成することを望んでいる業でもある。人間は、神が働く手段について、安易に結論を出してはならない。また、人間はただ、いのちの中へ入ることを追求できるだけである。これが基礎である。神が働く手段を絶えず詮索してはならない。それは、あなたの将来性を妨げるだけである。あなたは、神の働く手段を現在どれほど見たことがあるのか。あなたは、どれだけ従順であっただろうか。神が働く手段の一つひとつから、どの程度得るものがあったであろうか。あなたは、神により完全にされることを望んでいるであろうか。あなたは、完全な人間となる心構えが出来ているであろうか。あなたがたが完全明瞭に理解すべきなのは、これらのことである。それこそが、あなたがたが入るべきことなのである。

前へ:信者はどんな見解を持つべきか

次へ:堕落した人間は神を体現することができない

他のお気に入り