第百九章

わたしは日々言葉を発し、日々語り、わたしの偉大なしるしと不思議を日々現わしている。これらは全てわたしの霊の働きである。人々の目にはわたしは一人の人間でしかないが、わたしがわたしの全てとわたしの偉大な力を現わすのは、正にこの人間においてなのである。

人々はわたしという人間と、わたしの行動を無視するので、彼らはこれらのことが人間によって為されたことと考える。だがあなたはどうして次のように考えないのか。人々には、わたしが為すことを成し遂げることができるだろうか。人々はそれ程までわたしを知らず、わたしの言葉を理解せず、わたしの行いを理解できない。邪悪な、堕落した人間たちよ。いつお前を飲み込もうか。いつ火と硫黄の池に沈めようか。わたしは幾度もあなたがたの群から追い払われ、幾度も人々に侮辱され、嘲られ、中傷され、幾度も公に裁かれ、反抗されてきた。盲目の人間たちよ。あなたがたは自分がわたしの手の中にある一握りの土に過ぎないことを知らないのか。あなたがたは自分がわたしの創造物であることを知らないのか。今やわたしの怒りが発せられ、それから自分を防御できる者はいない。彼らは何度も憐れみを請う以外にない。しかしわたしの働きはここまで進んで来たので、それを変えられる者は一人もいない。造られたものは土に帰らなければならない。わたしが不義なのではなく、あなたがたが過度に堕落していて、好き勝手ばかりしているからであり、あなたがたがサタンの虜になり、その道具になっているからである。わたしは聖なる神自身であり、けがされることはなく、けがれた宮を所有することはない。今後、わたしの(怒りより重い)燃える怒りが全ての国々と人々に注がれ、わたしから出ているけれどもわたしを知らない屑をみな罰し始める。わたしは極限まで人間を憎み、これ以上憐れみをかけることはなく、わたしの全ての呪いを降らせる。これ以上絶対に慈悲も愛もなく、全ては焼き尽くされて無に帰す。そしてわたしの国のみが残り、わたしの民がわたしの家でわたしを賛美し、わたしに栄光を帰し、永遠にわたしを歓呼する(これがわたしの民の役割である)。わたしの手は、わたしの家の中にいる者たちと外にいる者たちの両方を正式に罰し始める。悪事を行う者はひとりとして、わたしの手とわたしの裁きから逃れることはできない。誰もがこの厳しい試練を経験してわたしを礼拝しなければならない。これがわたしの威厳であり、更に、わたしが悪事を行うものに宣言する行政命令である。他の者を救うことは誰にもできない。彼らはただ自分たちの世話をするだけで、何をしても、わたしの刑罰の手を逃れることはできない。わたしの行政命令が厳しいと言われる理由がここにある。これは誰もが自分の目で見ることができる事実である。

わたしが怒り始める時、悪魔は大きいものも小さいものも、皆わたしに打ち殺されることを恐れ、大慌てで逃げる。だがわたしの手から逃げられるものは誰もいない。わたしは拷問用の道具を全て握り、わたしの手は全てを支配しており、全てはわたしの掌中にあり、だれも逃れることはできない。これがわたしの知恵である。人間の領域に来た時、わたしは準備の働きを全て完了しており、人間の間でわたしの働きを始める為の基礎を築いていた(わたしは知恵ある神であり、すべき事とそうでない事を適切に扱うからである)。全てが適切に準備されると、わたしは肉となり、人間の領域に現れたが、誰ひとりとしてわたしに気づかなかった。わたしが啓いた人々を除いては、反逆の子たちはみなわたしに反抗し、わたしを辱め、冷たくあしらった。だが最後には、わたしは彼らをおとなしくさせ、従順にする。わたしが大したことをしていないように人々には見えるが、わたしの大いなる働きは既に完了している。(人々はみな、人間であるわたしに言葉と心の両方において完全に従う。これはしるしである。)今日、わたしは立ち上がって、わたしに逆らうあらゆる邪悪な霊を罰する。どれほど長くわたしに従って来たかに関わらず、彼らはわたしの傍らから去らなければならない。わたしは、わたしに敵対する者は誰も欲しない(彼らは霊的理解に欠ける者たちであり、一時的に邪悪な霊に取り憑かれた者たちであり、わたしを知らない者たちである)。わたしはそのような者たちを一人として欲しない。全員取り除かれ、地獄の子らとなるのだ。今日わたしの為に奉仕した後に、全員去らなければならない。わたしの家に残ってはならない。恥知らずな居候であってはならない。サタンに属する者はみな悪魔の子であり、永遠に消滅する。わたしに逆らう者はみな静かにわたしの傍らを去るので、わたしの働きは今のように邪魔されたり中断されたりすることなく進む。全ての物事は何の障害も妨害もなく、わたしの命令によって為される。全てはわたしが見ている前で倒れ、わたしの火で焼き尽くされ滅びるであろう。これはわたしの全能性とわたしの完全なる知恵(わたしが長子たちの中で行ったこと)を示している。それはわたしの名に更に大いなる栄光を帰し、わたしに大いなる栄光を加えることになる。わたしの行う事とわたしの声の調子から、あなたがたはみな、わたしがわたしの家での働きを全て完了し、異邦人の国々へと目を向け始めたことを知るであろう。わたしはそこでわたしの働きを始め、次の段階の働きを実行しているところである。

わたしの言葉のほとんどは、あなたがたの観念には合わないが、わたしの子どもたちよ、わたしの元を去ってはならない。人間の観念に合わないということは、それがわたしの声ではないという意味ではない。正にそれこそが、これがわたしの声であるという証拠である。人間の観念に合うならば、それは邪悪な霊の働きである。だから、あなたがたはわたしの言葉にもっと努力を注ぎ、わたしのする事を行い、わたしの愛するものを愛さなければならない。この最後の時代は、全ての災難が再び起きる時代でもあり、なによりも、わたしがわたしの全ての性質を現わす時代でもある。わたしの聖なるラッパがみな鳴り響くと、人々は心から恐れ、邪悪な行いをしようとする者は一人もいなくなり、わたしの前でみなひれ伏し、わたしの知恵と全能性を理解するようになる。結局のところ、わたしは知恵ある神自身なのである。誰がわたしに反論できるだろうか。だれが立ち上がってわたしに敵対しようとするだろうか。誰がわたしの知恵を認めないことなどあろうか。だれがわたしの全能性を知らないことなどあろうか。わたしの霊があらゆる場所で大いなる働きをしている時、人々はみなわたしの全能性を知るが、わたしの目標はまだ達成されていない。わたしは、人々がわたしの怒り故に、わたしの全能性を知り、わたしの知恵を知り、わたしの本体の栄光を知ることを願う。(これは間違いなく、全て長子の中にある。彼らを除いては、誰もわたしの本体の一部となることはできない。これはわたしにより定められている。)わたしの家では、人々にははかり知れない奥義が限りなくある。わたしが語ると、人々はわたしが余りに情けがないと言う。彼らは、多くの人々が既にわたしをある程度愛していると言う。だが、彼らは赤い大きな竜の子孫だとわたしが言うのは何故か。そしてわたしが彼らを一人ずつ見捨てるのは何故か。わたしの家にいる人が多い方が良いのではないか。それでもわたしはこのように行動する。わたしが予め決めた人数より、一人多くても、一人少なくてもいけない。(これはわたしの行政命令である。それは人々が変えられないだけでなく、わたし自身も変えることができない。なぜなら、わたしはサタンに屈する訳にはいかないからだ。わたしの知恵と威厳を示すにはこれで十分である。わたしは唯一の神自身である。人々はわたしの前にひれ伏すが、わたしが人々の前で屈することはない。)サタンを最も辱めるのは正にこの点である。わたしが選んだ人々はみな謙遜で、従順で、素直で、正直であり、謙虚で、誰にも知られずにわたしに仕えることができる。(サタンはこの事を利用してわたしを辱めようとしたが、わたしは反撃した。)わたしの性質はこれらの人々から知ることができる。わたしは戦いに勝利して戻った時、わたしの長子たちに油を注ぎ、わたしの国の王にする。そして、わたしはその時初めて安息を得始める。それは、わたしの長子たちがわたしの傍らで王となるからだ。わたしの長子たちはわたしの代表であり、彼らはわたしを表現する。彼は謙虚に、誰にも知られずに仕える中で、わたしに従い、誠実さの中でわたしの言葉を実行し、誠実さの中でわたしの言うことを語り、謙虚さの中で、わたしの名に栄光をもたらす(横柄さも野蛮さもなく、威厳と怒りをもって)。わたしの長子たちよ。宇宙世界を裁く時が来た。わたしはあなたがたに祝福を授け、あなたがたに権威を与え、祝福をもって報いる。全てのことは既に完成し、あなたがたによって全ては支配され、采配されている。わたしがあなたがたの父であるからだ。わたしはあなたがたの堅固なやぐら、あなたがたの避け所、あなたがたの支え、更には、あなたがたの全能なる存在、あなたがたの全てである。全てのものは、わたしの手の中にあり、また、あなたがたの手の中にもあるのだ。今日だけでなく、昨日も明日もである。これは記念するに値しないだろうか。あなたがたが歓喜するに値しないだろうか。あなたがたは皆、自分の受けるべき分をわたしから受けるがよい。わたしはあなたがたにわたしの全てを与え、何一つ残しておくことはない。わたしの全財産はあなたがたのものであり、わたしの富みはあなたがたの上にあるからだ。わたしがあなたがたを創造したのち、「非常に良い」と言ったのはそれ故である。

あなたがたは、自分が今日する事、考える事、言う事を誰が指示しているか知っているだろうか。あなたがたがする事全ては何のためだろうか。あなたがたに尋ねる。小羊の婚宴にはどうやって出席するのだろうか。それは今日だろうか。それとも将来のことだろうか。小羊の婚宴とは何だろうか。あなたがたはそれを知らないのだろう。それでは説明しよう。わたしは、人間の領域に来た時、今のわたしという人間に仕えさせる為に、あらゆる種類の人々と物事を準備した。全てが完了した今、わたしは効力者たちを放り出す。このことは小羊の婚宴と何の関係があるのだろうか。この人々がわたしに奉仕を提供する時、つまり、わたしが小羊とされる時、わたしは婚礼の宴の味を知るのである。言い換えると、わたしが生涯の中で体験したあらゆる苦しみ、わたしが為したあらゆること、わたしが語ったあらゆること、わたしが出会った全ての人々、そしてわたしが為した全ての事が婚宴を構成しているのである。人間であるわたしに油が注がれた後、あなたがたはわたしに従った(この時わたしは小羊だった)ので、わたしの指導の下、あなたがたはあらゆる苦痛、災難を経験し、この世から捨てられ、けなされ、家族に捨てられ、そしてわたしの祝福の中で生きている。これらは全て小羊の婚宴である。わたしが婚宴を用いるのは、わたしに導かれてあなたがたが為すことは、全てあなたがたを獲得するためのものだからである。だがこれは全て婚宴の一部である。将来(今日と言ってもよいが)、あなたがたが楽しむこと全て、あなたがたが得るもの全て、そしてあなたがたがわたしと共有する王としての力は、全て婚宴であると言うことができる。わたしの愛は、わたしを愛する全ての者に訪れる。わたしが愛する者は永遠に残り、決して排除されることはなく、永遠にわたしの愛の中にいるであろう。永遠に、である。

前へ: 第百八章

次へ: 第百十章

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

実践(2)

過去において人は神と共にあり、一瞬一瞬を霊の中で生きるために自分を訓練した。それは今日の実践に比べると単純な形態の霊的訓練である。それは人がいのちの正しい軌道に乗る前に行われる最も浅く単純な実践方法であり、人の神への信仰における実践の第一段階を成す。人が常にこのような実践に頼るな…

道……(6)

わたしたちが現代に至ったのは神の働きのおかげであり、それゆえわたしたちは神の経営(救いの)計画における生存者である。わたしたちが現在に留まっているのは神の大いなる称揚である。なぜなら、神の計画によると、赤い大きな竜の国は滅ぼされるべきだからだ。しかし、神はおそらく別の計画を立てた…

唯一無二の神自身 1

神の権威(1)過去数回の交わりは、神の働き、神の性質、そして神自身に関するものでした。これらの交わりを聞いて、神の性質についての理解と認識を得たと思いますか。どの程度の理解と認識を得ましたか。それを数え上げることはできますか。これらの交わりによって、神に関するより深い理解を得られ…

経験について

ペテロはさまざまな経験をする中で、何百もの試練に遭遇した。今日の人々は、「試練」という言葉を知ってはいるが、その真の意味や状況をまったく理解していない。神は人間の決意を強化したり、信心を精錬したり、人間のあらゆる部分を完全にしたりするが、それはほとんど試練を通して成し遂げられる。…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索