第百十七章

あなたは巻物を開く者である。あなたは七つの封印を解く者である。なぜなら、すべての奥義はあなたに由来しており、すべての祝福はあなたによって明らかにされるからである。わたしは必ず永遠にあなたを愛し、すべての民族に必ずあなたを崇めさせる。なぜならあなたはわたしの本体であり、豊富で完全なわたしの現れの一部であり、欠くことのできないわたしの体の一部だからである。したがって、わたしは特別な証しをしなければならない。わたしの本体の内にある者以外に、わたしの心に適う者がいるだろうか。あなたを証しするのはあなた自身ではなく、わたしの霊であり、あなたにあえて逆らう者が誰であれ、わたしは無論許さない。これはわたしの行政命令に関わるからである。あなたが言うことのすべてを、わたしは確実に達成し、あなたが考えることのすべてを必ず受け入れるだろう。あなたに忠実でない人がいれば、その人たちは公然とわたしに抵抗しているのであり、わたしは無論、彼らを許さない。わたしは、わたしの子に抵抗する者はすべて厳しく処罰し、あなたと相容れる人々は祝福する。これはわたしがあなたに与える権威である。過去に語られたこと、つまり長子たちに対して出された要求と基準において、あなたはその模範である。すなわち、あなたがあるように、長子たちもあるべく、わたしは長子たちに対して要求する。これは人の力でできることではなく、わたしの霊自身がすることである。あなたを証しするのは人間だと信じている者がいるなら、その者は間違いなくサタンの同類でありわたしの敵である。したがって、わたしの証しは決定的で、永久に変わらず、聖霊が確認していることである。誰も安易にそれを変えてはならない。さもないと、わたしは許さない。人間がわたしの証しをすることができないので、わたしは自らわたしの本体のために証しする。人々はわたしの働きの邪魔をしてはならない。これらの言葉は誰もが心に留めておかなければならない厳しい裁きの言葉である。

あなたがたはわたしの言うことを一つ残らず熟考し、留意すべきである。わたしの言葉を不用意に扱わず、注意深く聞きなさい。わたしが、長子たちはわたしの本体であると言うのはなぜか。そしてわたしの国には欠かせない一部であると言うのはなぜか。歴史が始まる前、わたしたちは一緒にいて、離れたことがなかった。サタンによる崩壊によって、わたしが最初に人間の姿になった後、わたしは再びシオンに戻った。それからわたしたちは皆この世に来て、わたしが終わりの日に勝利を収めた後──つまり、わたしがあなたがたをサタンによって堕落させられた肉体から取り戻した後──わたしはわたしの本体が再び一つとなり、二度と離ればなれにならないように、あなたがたをシオンに連れ戻すだろう。その後、わたしが再び受肉することはなく、あなたがたがわたしの体から離れることは決してないだろう。すなわち、その後わたしは二度と世界を創造せず、シオンにいるわたしの長子たちと永久に離れることはないだろう。なぜならすべては余すところなく完成しており、今わたしは古い時代をすべて終わらせようとしているからである。新しい天と地の生活があるのはシオンだけである。わたしの本体はシオンにあるからである。ここから離れて存在する新しい天や新しい地はもうないだろう。わたしは新しい天であり、新しい地でもある。わたしの本体がシオン全体を満たすからである。わたしの長子たちは新しい天であり、わたしの長子たちは新しい地であると言うこともできるだろう。わたしの長子たちとわたしは一つの体であり、分けることはできない。わたしについて語ることは必然的に長子たちのことも含み、わたしたちを離れさせようとする者は誰であれ、わたしは無論許さない。わたしがすべての国々、すべての民をわたしの玉座の前に戻す時、サタンはすべて完全に面目をつぶされ、汚れた悪霊たちはすべてわたしから遠ざかる。そうすれば、義はすべての民の中に(つまり、わたしの子供たちと人々の中に)確かに存在するであろうし、すべての国々でサタンによる崩壊は確実になくなるだろう。わたしがすべての国々や民族を統治しており、わたしが宇宙世界全体に力を振るっており、サタンたちはすっかり壊滅し、完全に敗北し、わたしの行政命令による懲罰を受けているからである。

わたしはすべての民族の中で働きを進めているが、彼らはわたしの霊の啓きを受けるだけで、彼らの中にわたしの奥義を明らかにできる者は誰もおらず、わたしを表現する資質を持つ者は誰もいない。わたしから出る者だけがわたしの働きを行う資格を持ち、残りの者について言えば、わたしが一時的に使うだけである。わたしの霊は勝手気ままに人の上に降りて来るわけではない。わたしの中のすべては貴重だからである。わたしの霊が誰かの上に降ることとわたしの霊が誰かに働くことはまったく別のものである。わたしの霊はわたしの外側の人々に働くが、わたしの霊はわたしから出る者の上に降る。これら二つは、完全につながりのない事柄である。わたしから出る者は聖いが、わたしの外側にいる人はどれほど善人でも聖くないからである。わたしの霊が些細な理由で誰かの上に降ることはない。人々は心配するべきではない。わたしは間違いを一切犯さず、自分のすることについて100パーセント確信している。わたしは彼の証しをしたのだから、必ず彼を守る。その者は絶対にわたしから出る者であり、わたしの本体にとって欠かせないからである。したがってわたしは、人々が自分の観念を傍らに置き、サタンに与えられた考えを捨て、わたしの発する言葉のすべてを真実だと信じ、自分の心の中にある疑念に負けないことを望む。これは人類に対するわたしの委託であり、人類に対するわたしの勧告である。誰もがこれらのことを忠実に守らなければならない。誰もが真摯にこれらのことに従わなければならず、わたしの言うことを基準としなければならない。

わたしはすべての国家と民族の中でわたしの働きを始めるつもりだが、それだけでなく宇宙世界の至る所でも始めるつもりである。そしてこれはさらに、わたしがシオンに戻る日が近いことを示している(すべての民の中で、そして宇宙世界で、わたしが働きを始める前にシオンに戻る必要があるからだ)。わたしの働きの段階や働き方を推測できる人がいるだろうか。わたしが霊の中で外国人と会うだろうという理由は、このことが基本的に肉においては行えないからであり、再び危険を冒すのは気が進まないからである。以上が霊の中で外国人と話を交わす理由である。これが本当の霊の世界であるべきで、肉において生きている人々が想像するような[a]曖昧な霊の世界ではない。その時わたしの語ることは、異なる時代に語るということで話し方だけが少し違う。したがって、わたしは人類に対して、わたしの話し方に注意するようにと、繰り返し促している。また、わたしが言うことの中には人にはわからない奥義があることも思い起こさせる。だが、なぜわたしがこれらのことを言うのかを誰も理解せず、わたしが今日語って初めてあなたがたは少しだけ理解できるが、まだ完全には理解してはいない。この段階のわたしの働きの後、わたしはあなたがたに少しずつ語るだろう(わたしは未だにこれを通して一部の人々を除外したいと思っている。そこで今は何も言わない)。これがわたしの働きの次の段階の方法である。誰もが注目して、わたしが知恵ある神自身であることをはっきりと知るべきである。

脚注

a.原文に「人々が想像するような」の語句は含まれていない。

前へ: 第百十六章

次へ: 第百十八章

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

第十三章

わたしの言葉と発言の中には、わたしの意図がいくつも隠れている。しかし、人はそのことを何も知らず理解せず、わたしの言葉をひたすら外側から受け入れ、ひたすら外側から従い、わたしの言葉の内側からわたしの心を理解したり、わたしの思いを悟ったりすることができない。たとえわたしが言葉を明瞭に…

完全にされた者だけが意義ある人生を生きられる

実のところ、現在なされている働きは、人々に古い祖先であるサタンを捨て去らせるためのものだ。言葉による裁きはすべて、人間の堕落した性質を明らかにし、人々に人生の本質を理解させることを目的としている。繰り返されるこれらの裁きはすべて、人々の心を貫き通す。一つ一つの裁きは人々の運命に直…

道……(4)

人々が神の愛しさを見出し、現代において神を愛する道を探求できること、そして現在における神の国の訓練を喜んで受け入れていることは、いずれも神の恵みであり、それ以上に神が人間を高めているのである。このことを考えるたび、わたしは神の愛しさを強く感じる。神はわたしたちを心から愛している。…

神の三つの段階の働きを認識することは神を認識する道である

人類を経営する働きは三つの段階に分けられるが、それは人類を救う働きが三つの段階に分けられることを意味している。これら三つの段階には、天地創造の働きは含まれず、むしろ、律法の時代、恵みの時代、そして神の国の時代の三つの段階の働きのことである。天地創造の働きは、人類全体を創り出す働き…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索