あなたの性質は神の働きに従わなければ変化しない

実践の道は単純である。実体験において聖霊の現在の言葉に従うことができるなら、あなたは自分の性質において変化を実現できるであろう。聖霊の語ることには何でも従い、それを求めるなら、あなたは神に従う者であり、そのようにして、性質を変化させることができるだろう。人間の性質は、聖霊の現在の言葉により変化する。あなたがいつも遠い過去の経験や規則を掲げるならば、あなたの性質は変化しないだろう。現時点で最も決定的な点は、聖霊の導きに従うことである。神の言うことは何でも守り、神の語ることには全て従うことである。人間は、自分で自分の性質を変化させることができない。人々は神の言葉による裁き、刑罰、そして辛い精錬を受けるか、あるいは神の言葉による取り扱いと懲らしめ、刈り込みを受けなければならない。その後初めて、彼らは神への従順と献身を実現することができ、神を欺こうとしたり、いい加減に神に対応したりしなくなる。


神の言葉による精錬のもとで、人間の性質は変化するのである。神の言葉による暴露、裁き、懲らしめ、そして取り扱いを受ける者のみが、見境なく行動しなくなり、平静沈着となる。最も重要な点は、神の現在の言葉と業に従えることであり、たとえそれが人間の観念と一致しない場合でも、それらの観念を捨てて、意図的に従うことができる、ということである。過去に性質における変化について語られた時は、それは主として自分を捨て去ること、肉を苦しませること、自分の肉体を修練すること、そして肉の好むものを自分から取り除くことに関するものであったが、これは性質における変化の一形態である。今人々は、性質の変化の真の表れとは、神の現在の言葉に服従すること、また同時に神の新たな業を真に理解できるようになることであると知っている。そうすることで、人々は、自分の観念の中にある以前の神に関する理解を取り除き、神への真の理解と服従に達することができるようになるであろう。性質の変化の真の表れはこれしかない。


『言葉は肉において現れる』の「性質が変化した者たちとは神の言葉の現実の中へ入った人々である」より編集

前へ: 真理を求めて性質を変化させよ

次へ: 良い行いは性質の変化と同じではない

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

人間に対する神の姿勢

神は決然としてことを為す 神の目的と原則はいつも 簡潔で明瞭だ 企みも策略も 一切なく 全てが純粋で完璧だ 神の本質には 闇も悪も全くない 人々の邪悪な行いが 神を怒らせる時 真に悔い改めなければ 神は彼らの上に 怒りを注ぐ 人々が神に背き続けるなら 神の憤りは 彼らが滅ぶま…

神に味方する人はあまりにも少ない

神は人に多くの働きを為した 人の救いのために 人が神に味方するために 神は多くを語った しかし神は心を同じくする者を ほんの少ししか得なかった そこで神はこう言った 「人は神の言葉を大切にしない それは人が神に味方しないからだ」 神の働きはただ 人が神を礼拝するためではない…

神の前で心を静める方法

神の前で心を静めるには 外部から心を遠のかせ 神の前で静まり 集中して神に祈りなさい 神の前で心を静め 言葉を食べ享受しなさい 神の愛に思い巡らせ 心で神の働きを熟考し 祈ることから始めなさい 祈りから始めなさい 時間を決め 一心に祈りなさい 忙しく時間に追われても 何が起こっ…

人間の意図はみな何のためなのか?

信者でない子供や親戚を 教会の中へと引き込む者たちはみな 自己中心で親切心を示している 人々が信じているかどうか この行いが神の意志に沿うかどうかに関わらず 彼らはただ愛だけを強調する 神の前に妻や両親を連れてくる人もいるが 聖霊が同意するかどうか 働きを行うかどうかに関わらず…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索