神とその働きを知る者だけが神の心にかなう

受肉した神の働きは二つの部分から成る。神が最初に肉となった際、人々はそれを信じず、また認識もせず、イエスを十字架にかけた。その後、神が二度目に受肉したとき、人々はやはり神を信じず、ましてや認識せず、またしてもキリストを十字架にかけた。人間は神の敵ではないか。神を知らなければ、人がどうして神の知己となれようか。神の証しをする資格がどうしてあるだろうか。神を愛し、神に仕え、神に栄光を捧げているという人間の主張は、どれも人を欺く嘘ではないのか。そのような非現実的で実際的ではないことに自分の人生を捧げるなら、それは虚しい努力ではないか。神が何者かすら知らずに、どうして神の知己となれようか。そのような追求は漠然とした抽象的なものではないか。それは人を欺くものではないのか。人はどうすれば神の知己になれるのか。神の知己になることの実際の意義は何か。あなたは、神の霊の知己となれるのか。霊がどれほど偉大で崇高であるか、あなたにわかるのか。目に見えず、触れることもできない神の知己になるというのは、漠然とした抽象的なことではないか。そのような追求に実際的な意義があろうか。それはみな人を欺く嘘ではないのか。あなたは神の知己となることを追い求めながら、実際はサタンの言いなりになる子犬である。なぜなら、あなたは神を知らず、見ることも触れることもできない、自分の観念の産物である、実在しない「万物の神」を追い求めているのだから。漠然とした言い方をするならば、そのような「神」はサタンであり、実際のところを言えば、それはあなた自身なのだ。あなたは自分自身の知己となることを求めているに過ぎないが、それでも神の知己になることを追い求めていると言う――それは冒瀆ではないのか。そのような追求にどんな価値があるのか。神の霊が肉にならなければ、神の実質は目に見えず、触れることもできないいのちの霊に過ぎない。それは形がなく曖昧模糊としており、非物質的な存在であり、人間には近づくことも理解することもできない。このような、実体を持たず、不可思議で、はかり知れない霊の知己になどどうしてなれようか。それは冗談ではないのか。こうした馬鹿げた理屈には根拠がなく、非現実的だ。創造された人間は本質的に神の霊と異なっている。そうであれば、どうして両者が知己になれようか。仮に神の霊が肉において具現化されていなければ、また神が受肉せず、被造物になることで自らを卑しめていなければ、被造物である人間には神の知己となる資格も能力もない。また、魂が天に入った後、神の知己となる機会を持つかもしれない敬虔な信者を除き、大方の人は、神の霊の知己にはなれないだろう。それに、受肉した神による導きのもと、天なる神の知己になりたいと願うのであれば、その人は驚くほど愚かな非人間ではないか。人々は目に見えない神に「誠実」であろうとするだけで、目に見える神にはほんの少しも注意を払わない。目に見えない神を追い求めるのは実に簡単なのだから。人々は自分の好きなようにするだろうが、目に見える神を追い求めるのは、それほど容易なことではない。漠然とした神を求める人は、神を得ることが絶対にできない。漠然とした抽象的な物事はどれも人間による想像の産物であって、人間には得ることができないからである。あなたがたのあいだに来た神が、自分たちの手の届かない崇高な神であったなら、あなたがたはどうしてその神の旨を把握できようか。また、どうしてその神を知り、理解できようか。神が自分の働きをするだけで、人間と通常の接触を持たなかったら、あるいは、普通の人間性を持たず、ただの人間には近づき難い存在だったとしたら、また、たとえあなたがたのために多くの働きをしたとしても、まったく接触がなく、見ることもできないのなら、どうしてその神を知り得ようか。普通の人間性を持ったこの肉が存在しなければ、人間には神を知る術が一切ない。肉なる神の知己となる資格が人にあるのは、ひとえに神の受肉のおかげである。人々が神の知己になれるのは、神と接しているからであり、また神と共に暮らし、共に交わり、そうして徐々に神を知るようになるからだ。そうでなければ、人間の追求など無駄ではないか。つまり、人間が神の知己になれるのは、神の働きだけによるのではなく、受肉した神の現実性と正常性のためである。自身の本分を尽くす機会、真の神を礼拝する機会を人々が得られるのは、ひとえに神が肉となるからである。これこそが、最も現実的かつ実際的な真理ではないか。さて、あなたはまだ天なる神の知己になりたいと思っているのか。神がある程度まで自分を卑しめて初めて、つまり、神が肉となって初めて、人間は神の知己、そして神の心を知る者となれるのだ。神は霊の存在である。かくも崇高で測り知れない霊の知己になる資格が、どうして人々にあるだろうか。神の霊が肉へと降臨し、人間と同じ外見をした被造物になって初めて、人々は神の旨を理解でき、本当に神のものとなれる。神は肉において語り、働きを行う。人類の喜び、悲しみ、患難を共にし、人類と同じ世界に生き、人類を守り、そして導き、それによって人々を清め、救いと祝福を得られるようにする。これらのものを得て、人々は神の旨を真に理解し、そうなって初めて神の知己となれる。これだけが実際的なことである。神が人の目に見えず、触れることもできないのなら、どうして人が神の知己になれようか。これは空虚な教義ではないか。

今まで神を信じてきた多くの人は、漠然とした抽象的なものをいまだに追い求めている。そうした人々は、神による今日の働きの現実を知らず、依然字句と教義の世界で生きている。そのうえ、大半の人は、「神を愛する新世代の人々」、「神の知己」、「神を愛することの模範と型」、そして「ペテロの例」といった新たな語句の表す現実にまだ入っていない。それどころか、いまだに漠然とした抽象的なものを追い求め、教義をやみくもに探り回し、これらの言葉の現実をまったく理解していない。神の霊が肉になるとき、あなたは肉におけるその働きを見て触れることができる。しかし、それでも神の知己になることができず、神の心を知る者になることができないのなら、どうして神の霊の心を知る者になれようか。現在の神を知らないのなら、どうして神を愛する新世代の一員になれようか。そのような語句など空虚な字句と教義ではないか。あなたは霊を見、その旨を把握できるのか。そのような語句など虚しくはないか。ただこうした語句や用語を口にするだけでは不十分だし、決意だけでは神を満足させられない。あなたは、こうした言葉を口にすることだけで満足しており、それによって自分の願望を満たし、自分の非現実的な理想を満たし、自分の観念と思考をを満足させようとしているだけだ。今日の神を知らないのなら、あなたが何をしようと、神が心に抱く願望を満たすことはできない。神の心を知る者であるというのは、どういう意味か。まだこのことが理解できないのか。神の知己が人間である以上、神もまた人間である。つまり、神は肉となり、人となったのだ。同類の者だけが互いのことを、自分の心を知る者と呼ぶことができ、そのとき初めて両者は知己だと見なされる。神が霊の存在なら、どうして被造物である人間が神の知己になれようか。

あなたの神への信仰、そして真理の追求はおろか、あなたの振る舞い方さえも、みな現実に基づいたものでなければならない。あなたのすることはすべて実践的でなければならず、幻想や空想的な物事を追い求めてはいけない。そうした振る舞いには何の価値もないし、さらに、そのような生き方には何の意味もない。あなたの追求と人生は、まさに偽りと欺きの中で費やされ、また価値や意義のあることを追い求めないので、あなたが得るものは馬鹿げた理屈や、真理ではない教理だけである。そうした物事は、あなたの存在の意義や価値に対して何の関わりもなく、あなたを空しい状態に陥れるだけだ。このようにして、あなたの生涯は何の価値も意義もないものになる――そして、有意義な人生を追い求めないのであれば、たとえ百年生きたとしても、すべてが虚しく終わるだろう。どうしてそれを人生と言えようか。それは実際のところ、動物の一生ではないのか。同様に、あなたがたが神への信仰の道を辿ろうとしても、目に見える神を求めようとせず、見ることも触れることもできない神を崇めているのであれば、そうした追求はいっそう虚しくはないか。結局、あなたの追求は瓦礫の山となるだろう。そうした追求に何の益があるのか。人間の最大の問題は、見ることも触れることもできないもの、途方もなく神秘的で不思議なもの、人間の想像を超えた、ただの人間には手の届かないものだけを愛する点だ。そうした物事が非現実的であればあるほど、人々はそれを分析し、他のものには目もくれず、それを追い求めて手に入れようとする。それが非現実的であればあるほど、ますます綿密に調べ、分析し、それらについて、自分なりの細かな考えを紡ぎだす。それに対して、物事が現実的であればあるほど、人々はそれらを素っ気なく扱う。ただそれらを見下し、蔑みさえする。これはまさに、わたしが今日行う現実的な働きに対する、あなたがたの態度ではないのか。そうした物事が現実的であればあるほど、あなたがたは偏見を持つ。そうしたものを調べる手間もかけず、ただ無視する。そうした現実的かつ低い基準の要求を見下して、この上なく現実的な神について無数の観念を抱き、神の現実性と正常さを受け入れることができない。このように、あなたがたは漠然とした信仰に固執しているのではないか。あなたがたは、過去の漠然とした神については揺るぎない信念を持っているが、今日の実際の神には何の興味も示さない。それは、昨日の神と今日の神とが二つの別の時代に属するからではないのか。それはまた、昨日の神が天の崇高なる神なのに対して、現在の神は地上のちっぽけな人間だからではないのか。そのうえ、人間が崇める神は、人間の観念によって生み出された神であるのに対して、今日の神は地上で生まれた現実の肉を持つからではないか。結局のところ、人間が神を追い求めないのは、今日の神があまりに現実的だからではないのか。と言うのも、今日の神が人々に求めているのはまさに、彼らが最もしたくないこと、最も恥ずかしいと思うことだからである。これは、人々にとって困難なことではないか。人々の古傷をさらすことではないのか。このように、多くの人が現実の神、実際の神を追い求めず、ゆえに受肉した神の敵、つまり反キリストとなる。これは明白な事実ではないか。過去、神がまだ肉となっていないころ、あなたは宗教家、あるいは敬虔な信者だったかもしれない。神が肉となった後、そうした敬虔な信者の多くは、いつの間にか反キリストになった。それがどういうことか、あなたにわかるだろうか。神への信仰において、あなたは現実に集中せず、真理を追い求めることもなく、偽りの虜になっている――それが、受肉した神に敵意をもつ最も明白な原因なのではないか。受肉した神はキリストと呼ばれる。ならば、受肉した神を信じていない者たちはみな反キリストではないか。では、あなたが信じ、心から愛しているのは、本当にこの肉なる神なのか。それはこの上なく現実的で、極めて正常で、呼吸している生きた神なのか。あなたが追い求める対象はいったい何なのか。それは天か、それとも地か。それは観念か、それとも真理か。それは神か、それとも超自然的な物事か。実際のところ真理とは、人生の格言の中で最も現実に則しており、人類のあらゆる格言の最高峰である。それは神による人間への要求であり、また神が自ら行った働きなので、「人生の格言」と呼ばれる。これは何かから要約された格言ではなく、偉人の有名な引用でもない。そのようなものではなく、天地と万物の主から人類に発せられた言葉であり、人間によって要約された言葉ではなく、神本来のいのちなのである。だからそれは、「人生格言の最高峰」と呼ばれるのだ。人々が真理を実践しようと追求するのは、自身の本分を尽くしているのである――つまり、神の要求を満たすことを追い求めているのだ。この要求の本質は、最も現実的な真理であり、誰にも達成できない空虚な教義などではない。あなたの追求するものが教義に過ぎず、そこに何の現実性もないのであれば、あなたは真理に反抗しているのではないか。あなたは真理を攻撃する者ではないのか。そのような人間がどうして神を愛することを求める人になれようか。現実がない人は真理に背く者であり、みな生まれながらに反抗的だ。

どのように追求しようと、何よりもまず、神が今日行っている働きを理解し、この働きの意味を知らなければならない。終わりの日に神が来るとき、どのような働きをもたらすのか、どういった性質を伴っているのか、そして、人間の中で何が完全にされるのかを理解し、知らなければならない。神が到来し、肉において行う働きを知らず、理解もしていなければ、どうして神の旨を把握し、神の知己になることができようか。実際、神の知己になるのは複雑なことではないが、単純なことでもない。人々が徹底的に理解して実践できれば、それは単純なものになる。人々が徹底的に理解できなければ、それははるかに難しいものとなり、さらに言えば、自身の追求によって漠然としたものへと至りがちになる。神を追い求めるにあたり、自分のよって立つところがなく、自分が固持すべき真理を知らなければ、それは土台がないということであり、そのため、揺るぎなく立つのが難しくなる。今日、真理を理解しない者、善悪の区別ができない者、何を愛し何を憎めばよいのかわからない者が大勢いる。そうした人々が揺るぎなく立つことはほぼできない。神を信じる上で鍵となるのは、真理を実践し、神の旨を思いやり、また神が肉において到来するとき、神が人間に行なう働きと、神が語る際の原則を認識できるようになることである。大衆に従ってはならない。自分が何に入るべきかについて原則を持ち、それを堅持することが必要である。神の啓示によってもたらされた、自分の内にあるものを堅持することが、あなたにとって助けとなる。そうしなければ、あなたは今日道を逸れ、明日は別の方向に逸脱し、本当のものは何も得られない。これでは、あなたのいのちに何の益もない。真理を理解しない者はいつも他人に従う。もし人が、これは聖霊の働きだと言えば、あなたもまた、これは聖霊の働きだと言う。もし人が、これは悪霊の仕業だと言えば、あなたもまた疑惑を持つか、あるいは、これは悪霊の仕業だと言う。あなたはいつも他人の言葉をそのまま繰り返すだけで、自分では何も識別できないし、自分の頭で考えることもできない。それは、自分で物事を区別できない、立脚点を持たない者である。このような人は価値のない惨めな人間だ。あなたはいつも他人の言葉を繰り返す。今日、これは聖霊の働きだと言われていても、いつの日か、これは聖霊の働きでないと誰かが言い、実際人間の仕業に過ぎないという可能性がある。しかし、あなたはそれを判別できず、他人がそう言っているのを目にすると、同じことを口にする。実際は聖霊の働きなのに、それは人間の働きだと言う。あなたは、聖霊の働きを冒瀆する者の一人になったのではないか。これは、物事を識別できずに神に敵対してしまったのではないか。いつの日か、どこかの愚か者がやって来て、「これは悪霊の仕業だ」と言うかもしれない。それを聞いたあなたは途方に暮れ、またもや他人の言うことに縛られてしまう。誰かが混乱を引き起こすたびに、あなたは自分の立脚点に固く立つことができなくなる。それはひとえに、真理を把握していないからだ。神を信じ、神を知ろうと求めるのは、容易なことではない。そうしたことは、ただ寄り集まって説教を聞くだけでは成し遂げられず、熱情だけでは完全になれない。経験し、知り、原則に基づいて行動し、聖霊の働きを獲得しなければならない。経験を積めば、多くのことを識別できるようになる――善悪、正邪、何が血肉に属し、何が真理に属するかを区別できるようになるだろう。あなたは、こうした物事をすべて判別できなければならない。そうすれば、どういう状況にあっても迷うことはない。ただこれだけが、あなたの真の霊的背丈なのである。

神の働きを知ることは単純なことではない。追い求める中で、基準と目標がなければならない。どのようにして真の道を求めるか、何を基準にしてそれが真の道かどうかを推し量るか、そして、それが神の働きであるかどうかということを知る必要がある。真の道を求める上で最も基本的な原則は何か。この道に聖霊の働きがあるかどうか、それらの言葉が真理を表しているかどうか、誰の証しがなされているのか、それが何をもたらすかに目を向けなければならない。真の道と偽りの道とを判別するには、いくつかの基本的な知識が必要であり、最も基本的なことは、そこに聖霊の働きが表わされているかどうかである。人々の神への信仰の実質は、神の霊を信じることであり、受肉した神への信仰でさえ、その肉が神の霊の体現であることに基づいているからだ。つまり、そうした信仰はやはり聖霊への信仰なのである。霊と肉のあいだには違いがあるものの、この肉は霊から来たものであり、肉となった言葉なのだから、人間が信じるのはやはり、神に内在する実質なのだ。そこで、それが真の道かどうかを判断するには、何よりもまず、そこに聖霊の働きがあるかどうかを見て、その後、その道に真理があるかどうかを見なければならない。この真理は正常な人間性のいのちの性質である。つまり、初めに人間を創造した際、神が人間に要求したこと、すなわち、(人間の理知、見識、知恵、そして人間であることの基本的な知識を含む)正常な人間性の全体である。要するに、この道が人々を正常な人間性の生活に導けるかどうか、語られている真理が正常な人間性の現実において必要なものかどうか、この真理が実用的かつ現実的であるかどうか、それが最も時宜にかなったものかどうか、といったことを見極めなければならない。そこに真理があれば、人々を正常で現実的な経験へと導くことができる。さらに、人々はいっそう正常になり、人間としての理知もより完全になる。肉における生活と霊的生活がさらに秩序あるものとなり、喜怒哀楽もますます正常なものとなる。これが第二の原則だが、もうひとつの原則がある。それは、人々が神についてより多くの認識を持っているかどうか、そのような働きと真理を経験することで神への愛を呼び起こせるかどうか、その人をさらに神へと近づけられるかどうかである。このことによって、その道が真の道であるかどうか見定めることができる。最も基本的なことは、この道が超自然的なものではなく、現実的なものであるかどうか、また、それが人間のいのちを施せるかどうかということだ。そうした原則にかなうものであれば、この道が真の道であると結論づけられる。わたしがこれらのことを述べるのは、あなたがたの将来の経験において別の道を受け入れさせるためではなく、また、別の新時代の働きが将来存在すると予言するためでもない。わたしがこれらのことを述べるのは、今日の道こそ真の道だとあなたがたに確信させ、今日の働きをただ半信半疑で信じ、その働きについて洞察できないということがないようにするためである。確信しているものの、いまだ混乱しながら付き従っている者さえ数多くいる。そのような確信には原則がなく、そのような人は遅かれ早かれ必ずや淘汰される。とりわけ熱心に付き従っている者たちでさえ、三割は確信しているが、五割は確信していない。このことは、その人たちに基礎がないことを示している。あなたがたは素質があまりに貧弱で、基礎が浅すぎるので、区別することがわかっていない。神は同じ働きを繰り返さず、現実的でない働きを行わず、人間に過分な要求をせず、人間の理知の外にある働きは行わない。神が行う働きはみな、人間の正常な理知の範囲内で行われ、人間の正常な理知を超えることはない。また、神の働きは人間の正常な必要に沿って行われる。それが聖霊による働きなら、人々はずっと正常になり、その人間性はさらに正常になる。人々は自分の堕落したサタン的性質、および人間の実質についての認識を増し、また真理への渇望もさらに強くなる。これはつまり、人間のいのちがどんどん成長し、人間の堕落した性質がますます変化できるということであり、そのすべてが、神が人間のいのちになるということの意味である。ある道が、人間の実質であるこれらの事柄を明らかにできず、人間の性質を変えることができないのなら、さらにまた、人々を神の前へと導き、神についての真の理解を与えることができないのなら、あるいは、人間性をさらに卑しめ、その理知をますます異常なものにするのなら、その道は真の道ではあり得ず、悪霊の働き、あるいは古い道ということになる。要するに、それが聖霊による現在の働きということはあり得ない。あなたがたは長年神を信じてきたが、それでも真の道と偽りの道を区別し、真の道を求める原則を一切知らない。ほとんどの人は、こうした事柄に興味さえ持たず、ただ大多数が行く方へ行き、大多数の言うことを繰り返すだけである。どうしてこれが真の道を求める者だと言えようか。そうした人々がどうして真の道を見いだせようか。これらいくつかの重要な原則を把握したなら、何が起ころうとも、あなたがたが欺かれることはない。今日、人々が識別できるようになるということが肝要である。これは正常な人間が備えているべきもの、人々が自身の経験の中で備えているべきものである。今日になっても、付き従う過程で何一つ識別できず、人間としての理知がいまだ成長していないのであれば、人々はあまりに愚かで、その追求は誤りであり、道を外れたものである。今日、あなたの追求にはわずかばかりの判別力もない。あなたの言う通り、あなたは確かに真の道を見つけたが、それを本当に自分のものとしたのか。あなたは何かを識別できているのか。真の道の実質は何か。実のところ、あなたは真の道を獲得してはいない。あなたは、何の真理も得ていない。つまり、神があなたに要求することを何も成し遂げておらず、ゆえにあなたの堕落には何の変化もない。そのような方法で追求し続けるなら、最終的には淘汰されるだろう。今日まで付き従ってきたのだから、自分の辿ってきた道は正しい道だと確信しているべきで、これ以上疑問を抱いてはならない。多くの人は些細なことが原因で、いつも確信できず、真理の追求をやめてしまう。このような人々は、神の働きについて何の認識も持っておらず、困惑しながら神に付き従っている者たちである。神の働きを知らない人々は、神の知己であることができず、神の証しをすることもできない。祝福だけを求め、漠然とした抽象的なものだけを追い求めている者たちにわたしは忠告する。あなたの人生が意義あるものとなるように、できるだけ早く真理を追い求めなさい。もう自分を欺くのはやめなさい。

前へ: 自己の観念で神を規定する人がどうして神の啓示を受け取れるのか

次へ: 受肉した神の職分と人間の本分の違い

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

あなたは信仰について何を知っているか

人には信仰という不確かな言葉しかないが、人は信仰を構成しているものを知らないし、ましてやなぜ信仰を持っているのかもわからない。人はあまりに理解しておらず、欠けているものが多すぎる。わたしへの信仰も思慮がなく無知である。信仰とは何か、なぜわたしを信仰しているのか、人はわかっていない…

道……(3)

自身の生活において、わたしは常に自分の身も心も喜んで神に捧げる。そうすることでのみ、わたしは良心の呵責を感じず、多少安心できる。いのちを追い求める者は、まず自分の心を残らず神に捧げなければならない。これが必須条件である。わたしは、兄弟姉妹がわたしと共に、神にこう祈ることを望む。「…

聖書について(1)

神への信仰において、どう聖書に接するべきか。これは原則の問題である。なぜわたしたちはこの問いについて話し合っているのか。それは、将来あなたが福音を広め、神の国の時代の働きを広げるからであり、単に今日の神の働きについて話せるだけでは不十分なのである。神の働きを広げるには、人々の古い…

祈りの実践について

あなたがたは日常生活において祈りを重視しない。人は祈りに関することを見過ごしてきた。従来の祈りはいい加減で、人が神の前でひととおりの動作をするだけである。自分の心を完全に神の前に捧げて神との真の祈りをする人は誰もいなかった。人が神に祈るのは、何かが起こった時だけである。この長いあ…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索