精練の苦しみを経て初めて、人の愛は純粋になる

ペテロは生涯、多くの試練を受けた

精錬は神への至高の愛の基礎

ペテロにとって最も重要な経験

決意よりも、精錬と苦しみにより神を愛した

苦しみにより愛に導かれ

忘れがたい思い出となった

精錬に苦しまずに神を愛そうとするなら

人の愛は当然偏ってしまう

精錬に苦しまずに神を愛そうとするなら

サタンの思いで汚され

神の意志を満たせない

神を愛そうと決めても真に愛せるわけではない

人の思いではなく、神のためであるかのように

神を愛し満足させたいと願うかもしれない

だが神の前では褒められず祝福されない

真理を理解し知っていても

神への愛のしるしにはならない

精錬なしに多くの真理を理解出来ても

人々は真理を実行出来ない

精錬された時のみ

真理の本当の意味を理解出来

その深い意味を味わうことが出来る

その時、人は真理を神の意志として行える

そして人間的な思いや本性は減っていく

全ての人間的感情も減少する

その時こそ、全てのことで愛を示せる

神を愛することの真理は

言葉の認識や願いや理解によっては実らず

代価を求める

つまり人が精錬で苦しむことをすると

愛は純粋になり

必ず神の心を満たすだろう

『言葉は肉において現れる』の「精錬を経験することでのみ、人は真の愛をもつことができる」より編集

前へ: 精錬とは神が人を完全にする最良の方法

次へ: 神は人を完全にするために試練と精錬を与える

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

誰も積極的に神を理解しようとしない

神が悲しむ時は 神に全く気を留めない人々 神に従い神を愛していると言いながら 神の感情を無視する人々に向き合う これで神の心が傷つかないことがあろうか? 神は救いの業の中で 誠実に働き 語り 遠慮なく人と向き合うが 神に従う者たちは神から隔てられ 神に近づこうとも 神の…

このように神は全てを統べ治める

産声を上げ  この世に生まれた時から 人は自分の義務を行う  神の計画と采配の中  自分の役割を担い 人生の旅を始める  どんな経歴・旅路があろうと 誰も天にある指揮と采配を逃れられない 誰も運命をコントロールできない 全てを統べ治める方のみ  全て為すことができる  人間が…

神を知りさえすれば人は神を畏れ悪を避けることができる

悪を避けるには 神を畏れることを理解し 畏れるには神を知らなければならない 神を知るにはその言葉を体験し 裁きと訓練を知る必要がある 神を畏れ悪を避けることは 神への認識において無数の繋がりを持つ 神を知れば人は神を畏れ悪を避けられる 神の言葉を体験するには 神とその言葉に…

患難の中で証しに立つ者たちは勝利者だ

神の国の時代 人は完全にされる 神の国の時代に実に完全に 征服の業が終わる時 人は精錬と患難を通らされる 征服が終われば 患難の中、勝利する者、証しに立つ者 ああ、彼らこそが 最後に完全にされ、勝利者となるだろう 患難の間 人には精錬が望まれる それは神の業の最終段階だ 神…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索