精練の苦しみを経て初めて、人の愛は純粋になる

ペテロは生涯、多くの試練を受けた

精錬は神への至高の愛の基礎

ペテロにとって最も重要な経験

決意よりも、精錬と苦しみにより神を愛した

苦しみにより愛に導かれ

忘れがたい思い出となった

精錬に苦しまずに神を愛そうとするなら

人の愛は当然偏ってしまう

精錬に苦しまずに神を愛そうとするなら

サタンの思いで汚され

神の意志を満たせない


神を愛そうと決めても真に愛せるわけではない

人の思いではなく、神のためであるかのように

神を愛し満足させたいと願うかもしれない

だが神の前では褒められず祝福されない

真理を理解し知っていても

神への愛のしるしにはならない

精錬なしに多くの真理を理解出来ても

人々は真理を実行出来ない

精錬された時のみ

真理の本当の意味を理解出来

その深い意味を味わうことが出来る


その時、人は真理を神の意志として行える

そして人間的な思いや本性は減っていく

全ての人間的感情も減少する

その時こそ、全てのことで愛を示せる

神を愛することの真理は

言葉の認識や願いや理解によっては実らず

代価を求める

つまり人が精錬で苦しむことをすると

愛は純粋になり

必ず神の心を満たすだろう


『言葉は肉において現れる』の「精錬を経験することでのみ、人は真の愛をもつことができる」より編集

前へ: 精錬とは神が人を完全にする最良の方法

次へ: 神は人を完全にするために試練と精錬を与える

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

真の信仰を持つ者だけが神の承認を受ける

モーセが岩を打って 神の恵みの水が溢れ出た時 それは信仰によって起きた ダビデがヤーウェを讃えるため 音楽を奏でた時 ダビデの心は喜びで満ちあふれていた それは信仰によって起きた ヨブが家畜や財産を失い 身体が腫物で覆われた時 それは信仰によって起きた それでもなおヤ-ウェの声を…

神は傷つきながら人を愛する

肉にある神は裁かれ 罪に定められ 嘲笑され 悪魔と宗教界に追い払われた 誰も神の痛みを埋め合わすことはできない 人類の抵抗や中傷 追跡とでっち上げは 神の肉が危機に直面する原因となる 誰がその苦痛を理解し和らげることができるのか? 神は忍耐強く 堕落から人を救い …

人類はもはや神が望むような存在ではない

人類は何年もかけ発展し 今日に至った しかし神が創造した人類は 長い間堕落に沈んでいる 人は神の存在を信じない 神が来ることを歓迎しない 神の求めにいやいや同意し 人生の喜び 悲しみを 心から神と分かち合わなかった 人は神を不可解なものと見る 神に微笑むふりをし へつらうよう…

終わりの日に神は言葉を通して全てを成し遂げる

このようにして、終わりの日に、神が肉になるとき、神はすべてを成し遂げるために、すべてを明らかにするために、主として言葉を用いる。神の言葉の中においてのみ、あなたは、神とは何かを知ることができる。神の言葉の中においてのみ、あなたは、神が神自身であることを知ることができる。肉とな…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索