精練の苦しみを経て初めて、人の愛は純粋になる

ペテロは生涯、多くの試練を受けた

精錬は神への至高の愛の基礎

ペテロにとって最も重要な経験

決意よりも、精錬と苦しみにより神を愛した

苦しみにより愛に導かれ

忘れがたい思い出となった

精錬に苦しまずに神を愛そうとするなら

人の愛は当然偏ってしまう

精錬に苦しまずに神を愛そうとするなら

サタンの思いで汚され

神の意志を満たせない


神を愛そうと決めても真に愛せるわけではない

人の思いではなく、神のためであるかのように

神を愛し満足させたいと願うかもしれない

だが神の前では褒められず祝福されない

真理を理解し知っていても

神への愛のしるしにはならない

精錬なしに多くの真理を理解出来ても

人々は真理を実行出来ない

精錬された時のみ

真理の本当の意味を理解出来

その深い意味を味わうことが出来る


その時、人は真理を神の意志として行える

そして人間的な思いや本性は減っていく

全ての人間的感情も減少する

その時こそ、全てのことで愛を示せる

神を愛することの真理は

言葉の認識や願いや理解によっては実らず

代価を求める

つまり人が精錬で苦しむことをすると

愛は純粋になり

必ず神の心を満たすだろう


『言葉は肉において現れる』の「精錬を経験することでのみ、人は真の愛をもつことができる」より編集

前へ: 精錬とは神が人を完全にする最良の方法

次へ: 神は人を完全にするために試練と精錬を与える

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神は六千年に及ぶ救いの計画における支配者である

全ての神の働きは 神自身によって為される 神の働きを起こすのも、完了させるのも神である その全ての働きを 計画するのは神であり  それを営むのもそれを 成就させるのも神である それについて 聖書にはこう 書かれている・・ 書かれている 「神は始めであり・・神は終わりでもある  …

キリストは聖霊が何であるかを表す

受肉した神は人間の本質を知り 全ての人の行い とりわけ人の堕落した性質と 反抗的な行為を露わにする 神は俗人と生活しないが その本性と堕落を知っている これこそ神の存在そのもの 神はこの世を取り扱わないが 処世の規則を知っている なぜなら神は人類とその本性を 完全に理解してい…

神の権威は独特なもの

神の権威は独特で それは特有の表現と本質 神に造られたものであれなかれ 誰もこのような本質を持っていない 創造主だけがこの権威を有する 唯一神がこの本質を持つ 神はあらゆるものを創造し その全てを支配する 単に天体を支配するだけでなく 被造物や人類の一部だけでなく 万物を全能…

神は傷つきながら人を愛する

肉にある神は裁かれ 罪に定められ 嘲笑され 悪魔と宗教界に追い払われた 誰も神の痛みを埋め合わすことはできない 人類の抵抗や中傷 追跡とでっち上げは 神の肉が危機に直面する原因となる 誰がその苦痛を理解し和らげることができるのか? 神は忍耐強く 堕落から人を救い …

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索