神を信じる道とは神を愛する道

神を信じる道は神を愛する道

神を信じるなら 神への愛を持つべきだ

神を愛するということは

ただ神の愛に報い

良心から神を愛することではなく

純粋に愛するということだ

良心では神への愛は目覚めない

神の美しさを感じると

あなたの霊は神に触れ

あなたの良心は本来の役割を果たすだろう

人の霊が神に動かされ

その心に認識が得られると

人は経験を得た後に

良心から神を愛せる

良心による愛は間違いではないが

それは次元の低い愛であり

神の恵みを公正に扱うだけ

霊的成長を促しはしない

神への真の愛は心の底から来る

その愛は神への真の認識に基づく

人が聖霊の働きを得て

神の愛を見てそれを味わい

神について認識するなら

神を真に愛せるようになる

神が愛されるに相応しい方で

またどんなに愛おしい方か分かれば

その時 人ははじめて

神を真に愛することができる

神を理解しない

人の愛は観念や好みからのもので

それは真実の愛ではなく

心からのものでもない

人が神を理解するということは

心が神に向くということだ

心からの愛は真実で自発的

そんな人だけが心で神と一つになる

神への真の愛は心の底から来る

その愛は神への真の認識に基づく

『言葉は肉において現れる』の「神への真の愛は自発的なものである」より編集

前へ: 信仰において神を愛そうとするべき

次へ: 神を信じる者が探し求めるべきこと

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

ペテロの神への愛の表現

生活で神の要望を満たせないものがあれば それはペテロを不安にした もしそれが神を満足させなければ彼は悔やみ 努力し神の心を満たそうとした 生活のどんなに小さなことでも ペテロは神の要望を満たそうと自らに求め 自分の古い性質を容赦することなく 更に深く真理に入ることを求めた 更に深…

誰も積極的に神を理解しようとしない

神が悲しむ時は 神に全く気を留めない人々 神に従い神を愛していると言いながら 神の感情を無視する人々に向き合う これで神の心が傷つかないことがあろうか? 神は救いの業の中で 誠実に働き 語り 遠慮なく人と向き合うが 神に従う者たちは神から隔てられ 神に近づこうとも 神の…

神の権威はいたるところにある

神の権威はどんな状況にもある 神は全ての者の運命と全てのことを 思いと望みのままに定め、采配する それは人の変化によらず 人の意志とも関係ない また時間や空間や地理など いかなる変化によっても変わらない 神の権威はまさに神の実質だからだ 神の権威は神だけのもの 人にも場所にも何…

神を崇め悪を避ける者を神は救う

ノアの時代に 人類は迷って堕落をし 神の祝福を失った もはや神の配慮は得られずに 神の約束は失われた 神の光りを失くした 彼らは暗闇の中で生き ふしだらな性質になり 恐ろしい堕落へと身を任せた ノアだけが悪を避け神を崇めたので 神の声と指示を聞くことができ 神の命令に従って箱舟を…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索