神を信じる道とは神を愛する道

神を信じる道は神を愛する道

神を信じるなら 神への愛を持つべきだ


神を愛するということは

ただ神の愛に報い

良心から神を愛することではなく

純粋に愛するということだ

良心では神への愛は目覚めない

神の美しさを感じると

あなたの霊は神に触れ

あなたの良心は本来の役割を果たすだろう


人の霊が神に動かされ

その心に認識が得られると

人は経験を得た後に

良心から神を愛せる

良心による愛は間違いではないが

それは次元の低い愛であり

神の恵みを公正に扱うだけ

霊的成長を促しはしない

神への真の愛は心の底から来る

その愛は神への真の認識に基づく


人が聖霊の働きを得て

神の愛を見てそれを味わい

神について認識するなら

神を真に愛せるようになる

神が愛されるに相応しい方で

またどんなに愛おしい方か分かれば

その時 人ははじめて

神を真に愛することができる


神を理解しない

人の愛は観念や好みからのもので

それは真実の愛ではなく

心からのものでもない

人が神を理解するということは

心が神に向くということだ

心からの愛は真実で自発的

そんな人だけが心で神と一つになる

神への真の愛は心の底から来る

その愛は神への真の認識に基づく


『言葉は肉において現れる』の「神への真の愛は自発的なものである」より編集

前へ: 信仰において神を愛そうとするべき

次へ: 神を信じる者が探し求めるべきこと

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

失われた時は二度と戻ってこない

目覚めよ!兄弟姉妹たち! 神の日は遅れることがない 時は命、時をとらえることは命を救い その時は近い 試験なら、落ちたとしても 学び直し、再挑戦できるが 神の日は決して遅れないことを あなたは知らなければならない 覚えておくように 神のこれらの良い言葉は あなたを促すため…

全能神の聖なる霊の体が現れた

全能神が栄光の体を現し 神の聖なる体が現れた 彼は神自身であり 真の神である 世界は変わり 肉もまた変わった 神の変容は神の真の姿である 金の冠を冠り 白い衣まとい 金の帯 胸に巻く 世界の万物は神の足台 神の眼は炎のようで 口には諸刃の剣 右手には七つの星 神の国の道は無…

裁きを避けることの結果

裁きと真理が何であるか あなたは解かりますか? もし解かっているのなら 神は裁きに従うよう勧める そうしなければ神から称賛され 神の国に入る機会を失うだろう 忠誠を誓いながら裏切る者を 神は容赦しない 霊と魂・肉体において罰するだろう これは神の義の現れ 人を裁き露わにする…

聖霊の働きの原則

聖霊は単独で働くわけではなく また人も独りでは働けない 人と神の霊は共に手を取り合い 一緒に働きを成し遂げる 人の努力と聖霊の働きは 神の言葉の理解をもたらす 人と聖霊が日々共に歩むことで 徐々に完璧な人間が創られる 聖霊から啓示を受け 明察を得るために 必要なことがある 聖霊…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索