神を畏れ悪を避けるために必要な道

神を畏れるということは

名づけようのない恐れ、

逃避すること、偶像崇拝や迷信を意味するわけではない。

むしろ、神を畏れるということは、

敬慕、尊敬、信頼、

理解、思いやり、従順を意味する。

それは奉献、愛、絶対的礼拝、

神に報いること、不平のない明け渡しである。

神についての真の認識がなければ、

人は敬慕し、信頼し、理解することも、

本当に思い遣り、従うことも出来ず、

恐怖と不安に満たされ、

疑いと誤解でいっぱいになり、

逃避しがちになり、避けたいと思うだろう。

神についての真の認識がなければ、

神に奉献し報いることはありえないし、

人間は礼拝し、真に自らを明け渡すことはなく、

盲目的な偶像崇拝、

迷信があるだけだろう。

神についての真の認識がなければ、

人は神の道を歩けず、

神を畏れ、悪を避けることも出来ない。

むしろ、人がすることは全て、

不従順と反抗、

口ぎたない非難、

神についての不当な裁き、

真理と神の言葉が真に意味しているものに反する、

邪悪な行為に満ちている。

しかし神への真の信頼があれば、

どのように神に従い、拠り頼んだらよいか分かる。

その時になってようやく人は、

神を理解し、思い遣り始めるのであろう。

神への真の思いやりがあってこそ、

人は本当に従順になることが出来る。

そしてその従順から、神に対する

真の奉献が流れ出るであろう。

そしてそのような真の奉献から、

神への無条件の報いが流れ出る。

このようにしてのみ人は神の本質、性質、

また神がだれであるかを知ることが出来る。

彼らが創造主を知る時、

真の礼拝と、明け渡しが生まれる。

これらが存在する時だけ、

人は自らの邪悪な生き方を本当に棄てることが出来る。

そしてこれらのことが

「神を畏れ悪を避けること」の全過程を成し、

「神を畏れ悪を避けること」

全体の内容である。

それは又、神を畏れ悪を避ける

者となるために、人が歩むべき道である。

『言葉は肉において現れる』の「神を知ることこそ、神を畏れ悪を避ける道である」より編集

前へ: あなたは自分の言葉と行いをどのように扱うべきだろうか

次へ: 完全な者とされるには

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

世界は崩壊しバビロンは麻痺している!

全宇宙の人々は、わたしの日の到来を祝い、天使たちが民たちの間を歩く。サタンが問題を起こすと、天使たちが天での仕えにより、いつでもわが民を助ける。彼らは人間の弱さのせいで悪魔に欺かれることはないが、闇の勢力の攻撃の結果、よりいっそう霧の中で人生を経験しようと努める。民たちはみな、…

人を救う神の意図は変わることがない

人々は、神の様々な性質、神がもつもの、神であるものの側面、また神の働きについてはある程度理解しているものの、この理解の大部分が、表面的な読書、原理の理解、あるいは単にそれらについて考えることに留まっています。人間に最も不足しているのは、実経験から得られる真の理解と見解です。神…

あなたがたは真理を受け入れる人になるべきだ

自分自身の道を選びなさい 真理を拒んだり聖霊を冒瀆せずに 無知にならないで、傲慢にならないで 聖霊の導きに従いなさい イエスの再臨は 真理を受け入れる全ての人にとって 大いなる救いだ イエスの再臨は 真理を受け入れられない人を罪に定める Oh… 真理を渇望し、求めなさい あな…

罪に捕らえられた悔い改めない人々は救いようがない

自分の肉や安楽だけを考える者 信仰の確信のない者 魔術師や妖術師 好色で落ちぶれた者 神から盗み、捧げものを奪う者 賄賂を愛し、天国をぼんやり夢見る者 高慢で名利を追い求める者 不遜な言葉を広め 冒涜的で神をそしる者 神を裁く者 徒党を組み集う者 神の上に立うとする者 浮つ…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索