神を畏れ悪を避けるために必要な道

神を畏れるということは

名づけようのない恐れ、

逃避すること、偶像崇拝や迷信を意味するわけではない。

むしろ、神を畏れるということは、

敬慕、尊敬、信頼、

理解、思いやり、従順を意味する。

それは奉献、愛、絶対的礼拝、

神に報いること、不平のない明け渡しである。

神についての真の認識がなければ、

人は敬慕し、信頼し、理解することも、

本当に思い遣り、従うことも出来ず、

恐怖と不安に満たされ、

疑いと誤解でいっぱいになり、

逃避しがちになり、避けたいと思うだろう。

神についての真の認識がなければ、

神に奉献し報いることはありえないし、

人間は礼拝し、真に自らを明け渡すことはなく、

盲目的な偶像崇拝、

迷信があるだけだろう。

神についての真の認識がなければ、

人は神の道を歩けず、

神を畏れ、悪を避けることも出来ない。

むしろ、人がすることは全て、

不従順と反抗、

口ぎたない非難、

神についての不当な裁き、

真理と神の言葉が真に意味しているものに反する、

邪悪な行為に満ちている。

しかし神への真の信頼があれば、

どのように神に従い、拠り頼んだらよいか分かる。

その時になってようやく人は、

神を理解し、思い遣り始めるのであろう。

神への真の思いやりがあってこそ、

人は本当に従順になることが出来る。

そしてその従順から、神に対する

真の奉献が流れ出るであろう。

そしてそのような真の奉献から、

神への無条件の報いが流れ出る。

このようにしてのみ人は神の本質、性質、

また神がだれであるかを知ることが出来る。

彼らが創造主を知る時、

真の礼拝と、明け渡しが生まれる。

これらが存在する時だけ、

人は自らの邪悪な生き方を本当に棄てることが出来る。

そしてこれらのことが

「神を畏れ悪を避けること」の全過程を成し、

「神を畏れ悪を避けること」

全体の内容である。

それは又、神を畏れ悪を避ける

者となるために、人が歩むべき道である。

『言葉は肉において現れる』の「神を知ることこそ、神を畏れ悪を避ける道である」より編集

前へ: 神に要求するとき人は神に逆らい易い

次へ: 神を畏れる事によってのみ悪を避ける事が出来る

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

闇の中にいる者は起き上がるべきだ

幾千年もこの地はひどく汚れ悲惨で 幽霊がうろつき 人を騙し欺き 根拠無く人を告発していた 彼らは冷酷で残忍で この地を踏み荒らし死骸で汚す 腐敗した悪臭が充満する 厳重に守られている この地で誰に空の向こうの世界が見えるのか? ゴーストタウンの人々が どうして神を…

神の足跡を探すなら

神の足跡を探すなら 探さねばならない 神の御心、神の御言葉、神の御声 神の新しい御言葉の中 神の御声がある 神の足跡があるところには 神の御業がある 神の印があるところ そこには神が現れる 神の現れるところには 真理、道、命がある 神の足跡を探す時 神の真理、生きる道、…

神の国の王の顔は比類なき栄光に輝く

神はこの地で新しく始め この地で栄光を受ける 最後の美しい光景で 神は心の情熱を伝える 神の鼓動にしたがって 水は踊り、山は動き 波は岩礁に打ち付ける 神が心を語るのは難しい 計画通りに神は行った それは神により定められ 神が人々に見せ経験して欲しいと思っていることだ 神の…

神は傷つきながら人を愛する

肉にある神は裁かれ 罪に定められ 嘲笑され 悪魔と宗教界に追い払われた 誰も神の痛みを埋め合わすことはできない 人類の抵抗や中傷 追跡とでっち上げは 神の肉が危機に直面する原因となる 誰がその苦痛を理解し和らげることができるのか? 神は忍耐強く 堕落から人を救い …

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索