人々は心で神の言葉に近づこうとしない

神はかつて人の前に現した

神聖な神の国の素晴らしい光景を

だが人は貪欲な目で見つめた

誰も本当にそこに入ろうと切望はしなかった

神はかつてこの地の様子を伝えた

人は神の言葉を聞いたが

心では向き合わなかった

神はかつて天の様子を伝えたが

人はそれらを物語だとし

神の言葉を心に留めなかった

人には神の国がきらめいて見えるが

誰がそれをくまなく探し求めただろうか

神の促しなしに夢は覚めない

人はこの地の生活に夢中なのか

高い水準はないのか

神はかつてこの地の様子を伝えた

人は神の言葉を聞いたが

心では向き合わなかった

神はかつて天の様子を伝えたが

人はそれらを物語だとし

神の言葉を心に留めなかった

『言葉は肉において現れる』第二部「全宇宙への神の言葉」の「第二十五章」より編集

前へ: 神が悲しまないことがあろうか?

次へ: あなたがたは真に神の言葉の中に生きているのか

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神の新しい業を受け入れる者は祝福される

聖霊の今の言葉に従えば 誰もが祝福される 聖霊がどう働きかけたかや 過去がどうであろうと この日に御業を受け入れる者は 誰より祝福される この日に御業を受け入れずいれば ふるい落とされる 今 新しい光を受け入れよう 今 神の御業を受け入れよう 神は待っておられる 御業を受け…

キリストは聖霊が何であるかを表す

受肉した神は人間の本質を知り 全ての人の行い とりわけ人の堕落した性質と 反抗的な行為を露わにする 神は俗人と生活しないが その本性と堕落を知っている これこそ神の存在そのもの 神はこの世を取り扱わないが 処世の規則を知っている なぜなら神は人類とその本性を 完全に理解してい…

神の足跡を探すなら

神の足跡を探すなら 探さねばならない 神の御心、神の御言葉、神の御声 神の新しい御言葉の中 神の御声がある 神の足跡があるところには 神の御業がある 神の印があるところ そこには神が現れる 神の現れるところには 真理、道、命がある 神の足跡を探す時 神の真理、生きる道、…

人を救う神の働きの意義

神の救いは神を礼拝し従う人を得るため サタンにより堕落したが 父と呼ばない もう二度と 人はサタンの忌わしさを知っているから サタンを拒め サタンを拒め 人は受け入れる 神の前で罰と裁きを 人は知っている どちらが忌わしくまた聖いのかを 神の偉大さとサタンの邪悪さを こ…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索