人々は心で神の言葉に近づこうとしない


神はかつて人の前に現した

神聖な神の国の素晴らしい光景を

だが人は貪欲な目で見つめた

誰も本当にそこに入ろうと切望はしなかった

神はかつてこの地の様子を伝えた

人は神の言葉を聞いたが

心では向き合わなかった

神はかつて天の様子を伝えたが

人はそれらを物語だとし

神の言葉を心に留めなかった


人には神の国がきらめいて見えるが

誰がそれをくまなく探し求めただろうか

神の促しなしに夢は覚めない

人はこの地の生活に夢中なのか

高い水準はないのか

神はかつてこの地の様子を伝えた

人は神の言葉を聞いたが

心では向き合わなかった

神はかつて天の様子を伝えたが

人はそれらを物語だとし

神の言葉を心に留めなかった

『言葉は肉において現れる』第二部「全宇宙への神の言葉」の「第二十五章」より編集

前へ: 神が悲しまないことがあろうか?

次へ: あなたがたは真に神の言葉の中に生きているのか

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神の権威は独特なもの

神の権威は独特で それは特有の表現と本質 神に造られたものであれなかれ 誰もこのような本質を持っていない 創造主だけがこの権威を有する 唯一神がこの本質を持つ 神はあらゆるものを創造し その全てを支配する 単に天体を支配するだけでなく 被造物や人類の一部だけでなく 万物を全能…

ペテロの神への愛の表現

生活で神の要望を満たせないものがあれば それはペテロを不安にした もしそれが神を満足させなければ彼は悔やみ 努力し神の心を満たそうとした 生活のどんなに小さなことでも ペテロは神の要望を満たそうと自らに求め 自分の古い性質を容赦することなく 更に深く真理に入ることを求めた 更に深…

神への信仰の本当の意味

神を信じている人はたくさんいるが、神への信仰とは何を意味するか、神の心に従うためには何をしなければならないかを理解している人はほとんどいない。人々は「神」という言葉や「神の働き」のような語句はよく知っているが、神を知らないし、ましてや神の働きなど知らないからである。それなら、神…

神は天地万物を人のために創造した

すべてのものは互いに繋がって依存し これを通して人の環境は守られている この原則のもとでその環境は守られ存続し この生存環境により人は増え そして栄えることができる 神はこの原則を使って 万物の命を維持し 奇しい業で全ての存在を保つ 神はこうして万物に与え 同じように人類にも与え…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索