人々は心で神の言葉に近づこうとしない


神はかつて人の前に現した

神聖な神の国の素晴らしい光景を

だが人は貪欲な目で見つめた

誰も本当にそこに入ろうと切望はしなかった

神はかつてこの地の様子を伝えた

人は神の言葉を聞いたが

心では向き合わなかった

神はかつて天の様子を伝えたが

人はそれらを物語だとし

神の言葉を心に留めなかった


人には神の国がきらめいて見えるが

誰がそれをくまなく探し求めただろうか

神の促しなしに夢は覚めない

人はこの地の生活に夢中なのか

高い水準はないのか

神はかつてこの地の様子を伝えた

人は神の言葉を聞いたが

心では向き合わなかった

神はかつて天の様子を伝えたが

人はそれらを物語だとし

神の言葉を心に留めなかった

『言葉は肉において現れる』第二部「全宇宙への神の言葉」の「第二十五章」より編集

前へ: あなた方は何を神に報いたのか

次へ: 誰も積極的に神を理解しようとしない

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

全ての者に及ぶ神の完全なる配慮

神の偉大さ 神の聖さ 至高の権威 そして愛 神の本質と性質の詳細は 神が自らの働きを行う度に明らかにされる それらは全ての人に対する 神の意志の中に見受けられ 全ての人の生命(いのち)の中で成し遂げられる 人生の中で人々が感じていても いなくても 神はいつでもあらゆる…

パリサイ人たちがイエスに反抗した理由の根拠

あなたは何故パリサイ人たちが イエスに反抗したのか知りたいか? 彼らの本質が何であるのか知りたいか? 彼らはメシアへの幻想と メシアの到来を信じるだけで いのちの真理は求めていなかった 彼らは救い主を待っているが それは真理といのちの道を知らないから これ程愚かで・・頑なで・…

神から託されたことを成し遂げるために身も心も捧げよ

私たちは身も心も捧げる 人類と敬虔な信者の一人として 神の委託任務を果たすために それが私たちの責任と義務 それが責任と義務 私たちの存在は神からの贈り物 神の支配がなければ存在すらできない 私たちの存在は神からの贈り物 神の支配がなければ存在すらできない この身と心を神の…

神の溢れるいつくしみと計り知れない怒り

神のいつくしみと寛容の存在は 本当であり真実 だが神が怒りを注ぐ時 神の聖さと義はどんな罪も容赦しないという 神の別の面が表される 人が神の命令に完全に従い 神の要求に沿って行動すれば 神は溢れるいつくしみを豊かに与える 堕落・憎しみ・神への敵意で満ちるなら 神は計り知れない…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索