神の言葉をどうしても人は実践しない


神は自らの言葉を表し終えているが、人間は全くそれについてゆけずにひどく遅れ、各段階についてゆくこと、子羊の足取りに追随することが出来ない。そうした者は、守るべき事を守らず、実践すべき事を実践せず、祈るべき事を祈らず、捨てるべき事を捨てていない。そうした者はそのいずれも行わずにいる。ゆえに、酒宴に臨む話は空虚であり、全く真意が無い。それは人々の想像の中にある。目下、人々は全く自分の本分を尽くしていないと言える。万事が神自らの言動に依存している一方、人間の役割は極めて小さい。そうした者は、神と協調する方法を知らない、無用な屑である。


肉を捨てること、観念を捨てること、万事において服従する訓練をすること、分別を培うと同時に識見を得ることから、人間の心の中にある身分を捨てること、心を占領している偶像を排除すること、不正な個人的意向に背くこと、感情に基づいて行動しないこと、公平に偏見なく物事を行うこと、神の利益と、他の人たちに語った時に与える影響について一層考察すること、神の業に有益な物事を一層多く行うこと、行動の全てにおいて神の家に利益をもたらすことを念頭に置くこと、感情により態度が決まらないようにすること、自分の肉を喜ばせる物事を捨て去ること、勝手な旧来の観念を排除することなど、神は何万もの言葉を述べてきたが、人間はそれを全く実践しない。


実際には、こうした神が人間に求める事柄に関する言葉から、人間は何らかの物事を理解している。しかし、人間はそれを進んで実践しようとは思わない。それ以外に、神はどのように業を行って人間を動かすことが出来るであろうか。神の見地から見た反逆者は、どうして厚かましくも神の言葉を挙げてそれに感服することが出来ようか。そうした反逆者は、どうして厚かましくも神の食べ物を食べることが出来ようか。人間の良心はどこにあるのか。そうした者は、自分が行うべき最低限度の本分を尽くしていないので、できること全てを行うことを議論しても無意味である。そうした者は空想家ではなかろうか。実践なくして現実の議論は有り得ない。これは明白な事実である。

『言葉は肉において現れる』の「もっと現実に集中しなさい」より編集

前へ: 地位を重宝することに何の価値があるのか

次へ: 神は人が戻ってくるのを待っている

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

世界は崩壊しバビロンは麻痺している!

全宇宙の人々は、わたしの日の到来を祝い、天使たちが民たちの間を歩く。サタンが問題を起こすと、天使たちが天での仕えにより、いつでもわが民を助ける。彼らは人間の弱さのせいで悪魔に欺かれることはないが、闇の勢力の攻撃の結果、よりいっそう霧の中で人生を経験しようと努める。民たちはみな、…

災いが襲うとき

神のすべての憐みは 神を愛し 自己を放棄する者たちに施され 悪人への懲罰は神の怒りと義の証しだ 災いが襲うとき 神に反抗する者は飢えや病に直面して涙する 神に従うが 悪を行ってきた者も この運命に直面し 恐れの中で生きる 神に従う者だけが喜び 神の力を称賛する 彼らは大き…

神の権威はいたるところにある

神の権威はどんな状況にもある 神は全ての者の運命と全てのことを 思いと望みのままに定め、采配する それは人の変化によらず 人の意志とも関係ない また時間や空間や地理など いかなる変化によっても変わらない 神の権威はまさに神の実質だからだ 神の権威は神だけのもの 人にも場所にも何…

神の救いの業の目的

神には6000年に渡る救いの計画があり それは3つの段階に分かれている 律法の時代 次に恵みの時代 そして最後の段階は神の国の時代と呼ばれている それぞれの段階で神の業は違うが 全ては人類に必要であり 神と戦う サタンの企みに対処するもの 神の業の目的は神の知恵と全能を現し…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索