神の言葉をどうしても人は実践しない

神は自らの言葉を表し終えているが、人間は全くそれについてゆけずにひどく遅れ、各段階についてゆくこと、子羊の足取りに追随することが出来ない。そうした者は、守るべき事を守らず、実践すべき事を実践せず、祈るべき事を祈らず、捨てるべき事を捨てていない。そうした者はそのいずれも行わずにいる。ゆえに、酒宴に臨む話は空虚であり、全く真意が無い。それは人々の想像の中にある。目下、人々は全く自分の本分を尽くしていないと言える。万事が神自らの言動に依存している一方、人間の役割は極めて小さい。そうした者は、神と協調する方法を知らない、無用な屑である。

肉を捨てること、観念を捨てること、万事において服従する訓練をすること、分別を培うと同時に識見を得ることから、人間の心の中にある身分を捨てること、心を占領している偶像を排除すること、不正な個人的意向に背くこと、感情に基づいて行動しないこと、公平に偏見なく物事を行うこと、神の利益と、他の人たちに語った時に与える影響について一層考察すること、神の業に有益な物事を一層多く行うこと、行動の全てにおいて神の家に利益をもたらすことを念頭に置くこと、感情により態度が決まらないようにすること、自分の肉を喜ばせる物事を捨て去ること、勝手な旧来の観念を排除することなど、神は何万もの言葉を述べてきたが、人間はそれを全く実践しない。

実際には、こうした神が人間に求める事柄に関する言葉から、人間は何らかの物事を理解している。しかし、人間はそれを進んで実践しようとは思わない。それ以外に、神はどのように業を行って人間を動かすことが出来るであろうか。神の見地から見た反逆者は、どうして厚かましくも神の言葉を挙げてそれに感服することが出来ようか。そうした反逆者は、どうして厚かましくも神の食べ物を食べることが出来ようか。人間の良心はどこにあるのか。そうした者は、自分が行うべき最低限度の本分を尽くしていないので、できること全てを行うことを議論しても無意味である。そうした者は空想家ではなかろうか。実践なくして現実の議論は有り得ない。これは明白な事実である。

『言葉は肉において現れる』の「もっと現実に集中しなさい」より編集

前へ: 誰も神の言葉の真の意味を理解しない

次へ: 神が寛容であろうと自分を甘やかしてはならない

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神は真理を追求する者たちを好む

もしもあなたが 神の求めるものを追求し その道が正しければ たとえあなたが ほんの少しだけ 道をそれたり 弱くなって 転んでしまったとしても 神は気にしない むしろ神はそこにいて あなたを支えてくれる 神はどんな人を好むのだろうか? 神が好むのは真理を追求し決意が固く 無知であっ…

最後までついて行くために聖霊の働きに従いなさい

聖霊の働きは日々変化し より大きな啓示とともに段階ごとに高くなる こうして神は働き 人類を完全にするが ついて来れない人はとり残されるだろう 進んで従う心なしに 人々は最後までついて行くことはできない 生まれつき不従順で意志に逆らう者は 神の働きが速まるにつれ とり残され…

あなたは肯定的な進歩を追い求めるべきだ

人が神の意志を理解し 共通の理想のために 神を満足させるよう共に働き 神の国への道を共に進むことを 神は願っている 無用な観念を持つ必要などあるのだろうか? 今まで神のために存在しない者などいただろうか? それなら悲しみも 嘆きも ため息も 何になるというのか? これは誰のた…

患難の中で証しに立つ者たちは勝利者だ

神の国の時代 人は完全にされる 神の国の時代に実に完全に 征服の業が終わる時 人は精錬と患難を通らされる 征服が終われば 患難の中、勝利する者、証しに立つ者 ああ、彼らこそが 最後に完全にされ、勝利者となるだろう 患難の間 人には精錬が望まれる それは神の業の最終段階だ 神…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索