ペテロは神を知ることをいつも追求した

ペテロはイエスに初めて従った時

彼を神の遣い、使徒だと思い

キリストと思わなかった

ペテロは御言葉を体験し

自身を取り扱い

神のため苦難にも耐えたが

御業は知らなかった

経験を経て

ペテロはイエスに神の業を見た

神の麗しさと神そのものを見た

イエスの言葉は人が語れるものではなく

イエスの業は人ができるものではなかった

ペテロはイエスの言動に神の知恵の現れを見た

その言動には多くの神性の働きが見えた


ペテロは経験を通して

自己と多くを学んだ

イエスの全てを見守り

新しいことを見つけた

イエスの行いには

実践の神が多く表現され

言動も教会の牧し方も

常人のものではなかった

ペテロはイエスに多くを学び

イエスが十字架にかけられる前に

イエスをある程度知ったから

一生忠誠を誓い

主のため、処された 逆さ十字架に

ペテロはイエスの言動に神の知恵の現れを見た

その言動には多くの神性の働きが見えた

ペテロはイエスの言動に神の知恵の現れを見た

その言動には多くの神性の働きが見えた


『言葉は肉において現れる』の「神を知る者だけが神に証しを立てることができる」より編集

前へ: ペトロの道をたどる方法

次へ: ペテロの追求が神の旨に最もかなっていた

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神は人を救うために大いに苦しむ

神は、遠い昔に人間の世界へ来て人間と同じ苦難を受けた。神は長年にわたり人間と共に生活したが、彼の存在を見出した者はいなかった。神は人間の世界の惨事に黙して耐えつつ、自身が負う業を行っている。父なる神の心と、人間の必要性のため、神は人間が嘗て経験したことの無い苦痛を受け、それ…

人類が安息に至る唯一の道

懲らしめと裁きによる 神の最後の聖めの中立つ者は 最後の安息に入る サタンから解き放された者は 神のものとなり最後の安息に至る 裁きと懲らしめの真髄は 最終の安息に備え人を清めること この業がなければ 全人類は種類で分類されない それが安息に入る唯一の道 清めだけが不義を消…

キリストは聖霊が何であるかを表す

受肉した神は人間の本質を知り 全ての人の行い とりわけ人の堕落した性質と 反抗的な行為を露わにする 神は俗人と生活しないが その本性と堕落を知っている これこそ神の存在そのもの 神はこの世を取り扱わないが 処世の規則を知っている なぜなら神は人類とその本性を 完全に理解してい…

神の新しい業を受け入れる者は祝福される

聖霊の今の言葉に従えば 誰もが祝福される 聖霊がどう働きかけたかや 過去がどうであろうと この日に御業を受け入れる者は 誰より祝福される この日に御業を受け入れずいれば ふるい落とされる 今 新しい光を受け入れよう 今 神の御業を受け入れよう 神は待っておられる 御業を受け…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索