ペテロのイエスに関する認識

ペテロは何年にもわたりイエスに従い、人々が持っていない多くのことをイエスの中に見た。イエスの動きのすべてが生涯ペテロの手本になり、イエスの説教は特にペテロの心に刻まれた。彼はイエスに対して非常に思いやりがあり、忠実であり、決してイエスに不平不満を持たなかった。こういうわけで、彼はイエスが行くところどこでもその忠実な伴侶となった。ペテロはイエスの教え、イエスの穏やかな言葉、食べるもの、着るもの、日々の生活、旅を観察した。ペテロはあらゆる点でイエスのやり方に従った。彼は独善的ではなく、以前の古臭い事柄をすべて投げ捨て、言葉や行動においてイエスの例に従った。


ペテロが天地万物は全能者の手の中にあることを感じたのはこのような時で、そのような理由から、彼は自分で選択はせず、イエスという存在のすべてを手本として吸収した。こうした生活を通して、ペテロはイエスがその行動において独善的ではなく、自慢することもなく、それどころか、人々を愛によって動かすことを見て取ることができた。さまざまな状況で、ペテロはイエスという存在を見ることができた。こうして、イエスのすべてがペテロの自己形成の目標となった。経験を重ねていくうちに、彼はますますイエスの素晴らしさを感じた。


彼は次のようなことを語った。「私は世界に全能者を探し求め、天と地、万物の不思議さを見た。それゆえ私は全能者の素晴らしさを深く実感した。しかし、私は心に純粋な愛を抱いたことはなく、直接全能者の素晴らしさを見たこともなかった。今日、私は全能者の目に、好意を持って見ていただいている。私はついに、神の素晴らしさを感じ、人が神を愛するようになるのは、神が万物を創造したからだけではないことが、ようやくわかった。日常生活の中で、私は神の無限の素晴らしさを見つけた。今日のこの状況だけに限ることなどどうしてできようか。」


『言葉は肉において現れる』の「ペテロの一生」より編集

前へ: ペテロは神を実際に知ることに集中した

次へ: 成功か失敗かは歩む道しだい

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

神はサタンを打ち負かし人を救うために肉となった

神が肉体として地上にいる間 人々の間で神の業を行なう 全ての業にはたった一つの目的がある それは悪魔サタンを打ち倒すこと 神は人を征服することでサタンを倒す また人々を完全な存在にすることで 世界に鳴り響くような証しとするならば これもサタンの敗北のしるし 神はサタンを打ち倒し…

終わりの日に神は自らの性質の全てを現した

神の霊は世界の始まりからずっと 大いなるわざを行ってきた 神はあらゆる国と時代に それぞれ異なるわざを行ってきた 神のそのさまざまな性質を あらゆる時代に人々は見る その性質はさまざまな働きを通して 全ての人にありのままに示される 神は、憐みに満ち、思いやりに満ちた方 神は罪を贖…

人類はもはや神が望むような存在ではない

人類は何年もかけ発展し 今日に至った しかし神が創造した人類は 長い間堕落に沈んでいる 人は神の存在を信じない 神が来ることを歓迎しない 神の求めにいやいや同意し 人生の喜び 悲しみを 心から神と分かち合わなかった 人は神を不可解なものと見る 神に微笑むふりをし へつらうよう…

神の言葉の重要性

神の信者は良い行いをすべきだ 大切なのは神の言葉を持つこと 何があってもそれから離れない 神の言葉を通し神を知り満足させる あらゆる教派・国家・各界が いつか言葉で征服されるだろう 神は人々に直接語り 彼らは神の言葉を握るだろう これで人々は完全にされ 神の言葉は浸透するだろう…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索