刑罰と裁きのペテロの認識

ペテロの愛は純粋な愛であった。これこそが完全にされる経験であり、完全にされることの最高の領域であり、これ以上に有意義な人生はない。ペテロは神の刑罰と裁きを受け入れ、神の義なる性質を大切にし、ペテロに関することで、それ以上貴いことはなかった。彼は言った。「サタンは私に物質的な享楽を与えるが、私はそれを貴ばない。神の刑罰と裁きが私の上に臨むこと──私はそこから恵みを受け、喜びを見出し、祝福される。神の裁きがなかったとしたら、私は決して神を愛さず、依然としてサタンの領域で暮らし、サタンに支配され、命令されていることだろう。そうした場合、私は決して真の人間とはなれないだろう。なぜなら、私は神を満足させることができず、私の全てを神に捧げることもなかったはずであるからだ。


たとえ神が私を祝福されず、あたかも私の中で火が燃えているように、心に慰めがないままになって、平安も喜びもなく、また神の刑罰と訓練が決して私から離れなくとも、神の刑罰と裁きの中から、私は神の義なるご性質を見ることができる。私はそれに喜びを感じる。人生において、それ以上に貴いことも有意義なこともない。神の守りと慈しみが容赦のない刑罰と裁き、呪いと打ちのめしとなったが、私はそれでもなおこれらの事を嬉しく思う。なぜなら、そうしたことは私を一層清め変化させることができ、私を神に近づかせ、私が一層神を愛し、神への私の愛を一層清くすることができるからである。これにより、私は創造物としての自分の本分を尽くすことができるようになり、サタンの影響から遠ざけられるので、もはや私はサタンに仕えない。


私を救ったのは神の刑罰と裁きであり、私の一生は神の刑罰と裁きとは不可分である。地における私の生活はサタンの支配下にあるので、神の刑罰と裁きによる慈しみと守りがなかったとしたら、私は常にサタンの領域下で生活していたであろうし、なにより、有意義な人生を実際に生きる機会も術もなかっただろう。神の刑罰と裁きが決して私から去らない場合にのみ、私が神により清くされることが可能となるであろう。神の厳しい御言葉と義なるご性質、そして神の威厳ある裁きによってのみ、私は最高の守りを得て、光の中で生き、神の祝福を得たのだ。清くされ、自らをサタンから解放し、神の支配下で生きることができること──それこそが現在における私の人生の最大の祝福である。」これがペテロが経験した最高の領域である。


『言葉は肉において現れる』の「ペテロの経験──刑罰と裁きに関するペテロの認識」より編集

前へ: 神は最後に真理をもつ人を得る

次へ: 試練へのペテロの態度

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神は人類が生き続けるのを願っている

神は人を蔑んだ 人が神に敵対したから でも神の心の中の 人への思いやり、心配、憐れみは変わらない 人間を滅ぼした時さえ 極みまで人が汚れ 不従順になっても神は その性質と本質のゆえに 原則に従い 人間を滅ぼさざるを得なかった 神はそれでもなお人類を憐れんだ 神の本質のゆえに 人…

神はあなたの心と霊を捜し求めている

全能者の命の供給を離れ 生きる意味知らずに 死をまた恐れ 支えはなく、救いもないが それでも目を閉じようとせずに 魂の感覚のない肉体を支え 無理をして良心をごまかして生きている 誰も彼もが望みはなく 目標もなく生存している 伝説の聖なる者だけが救う 彼の到来を待ち 苦しみの中…

終わりの日に神は言葉で人を裁き清める

終わりの日の神の業は 言葉を伝えること それがもたらす変化は かつての恵みの時代に 神が見せた奇跡的なしるしや 不思議な業よりも大きい その恵みの時代には 手を置くと悪魔は逃げたが 人の中には堕落した性質が残った 病気を癒され罪を赦されたのに 悪魔的性質を追い出す業は まだ成し遂…

人間に対する神の姿勢

神は決然としてことを為す 神の目的と原則はいつも 簡潔で明瞭だ 企みも策略も 一切なく 全てが純粋で完璧だ 神の本質には 闇も悪も全くない 人々の邪悪な行いが 神を怒らせる時 真に悔い改めなければ 神は彼らの上に 怒りを注ぐ 人々が神に背き続けるなら 神の憤りは 彼らが滅ぶま…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索