全能神教会App

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

言葉は肉において現れる

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

`

実践(1)

以前、人々はその経験において正しい道から逸脱することが多く、馬鹿げたやり方さえあった。彼らは神が要求する基準をまったく理解していなかったので、人々の経験が台無しになる生活分野がたくさんあった。神が人に要求するのは、人々が普通の人間性を実際に生きることある。例えばそれは、食べものや衣服に関する現代人の生き方である。彼らはスーツとネクタイを身につけ、現代芸術について多少学ぶことができ、余暇には文学生活や娯楽生活を多少楽しむことができる。思い出に残る写真をいくつか撮り、読書し、いくらかの知識を得て、比較的良い生活環境を持つことができる。これは普通の人間性にふさわしい生活であるが、人々はそれを何か神にひどく忌み嫌われるものだと考えている。彼らが通常やることは、いくつかの規則に従うことであるが、これでは彼らは溜まり水のように沈滞しきって、まったく何の意味もない生活を送るようになってしまう。実のところ、神が、人にそうすることを要求したことは一度もない。人々は自分の性質を抑制しようとして、神により近づこうとして彼らの霊において絶え間なく祈り、心は絶えず信心深い事柄を熟考することで占められており、目は絶えず周囲を見回してあれこれ観察し、神とのつながりが何らかの形で断ち切られることを非常に恐れている。これらはすべて人が自分で寄せ集めたことである。すなわち、それらは人のために人自身が設定した規則である。あなたが自分の本質、あるいは自分がどのようなレベルに達することができるかを理解しないならば、神が人に要求する基準を正確に把握するすべはないし、その結果、適切な基準で行われる実践を成し遂げるすべもない。あなたの心はつねにあちこちへ向きを変え、一体どうしたら聖霊に動かされ、啓示を与えられるかについて研究し、手探りで進むためのあらゆる方法を考えている。その結果として、あなたは霊的歩みに入るのに役立つと思われる一連の実践方法をまとめあげる。このような方法で実践する時、神があなたに何を要求するのか、あなたには正確にはわからない。あなたはただ自分流に実践し、自己満足しきって、その成果を気にすることもない。ましてや逸脱や誤りがあるかどうかなど気にも留めない。このようなやり方を続けていくなら、あなたの実践にはかなり多くのことが欠けてしまうだろう。例えばそれは、神による称賛、聖霊による確証、神の要求によって得られる結果などである。そこには普通の人間性、あるいは普通の人の理性さえ欠けているのだ。あなたの実践とは、ただ規則に従っているだけ、あるいは自分自身を制限し、自分自身を抑えるためにわざと重荷を増やしているだけのことである。しかし、あなたは自分の実践は完璧だと考えており、あなたが実践するほとんどは不必要なプロセス、または不必要な規則の順守であることがわかっていない。何年間もこのように実践しているのに、根本的に自分たちの性質には何の変化もなく、新しく理解することも、新しい道に入ることもない人々がたくさんいる。彼らは、無意識のうちに野蛮な性質を存分に発揮し、何度も不合理で非人道的なことをしたり、何度も人々を唖然とさせるようなひどいことや理解できないことをしたりする段階にまで至ってしまう。これが変化した人だとでもいうのだろうか。

さて、相対的に言って、人々は以前より祈ることが少なくなった。今は道を探し求め、手探りで進む時代ではないからである。今は全てが明らかにされる時代、神の国の時代であり、すべてのことが人に明白に語られる明察の生活であり、人はもはや人生において手さぐりで進む必要はない。結婚、この世の営み、生活、衣食住、人と人との関係、人は如何にして神の意志を満足させるように神に仕えることができるのか、人は如何にして肉を捨て去るべきか、などの側面に関して言えば…、これらのうちあなたたちにまだ語られていないのはどれだろうか。あなたたちはまだ探しに行く必要があるのだろうか。あなたたちはまだ祈る必要があるのだろうか。実のところ、その必要性はまったくない。あなたがまだこれらのことをするなら、形式をさらにもう一つ積み重ねているだけではないだろうか。それは必要ではないのだ。肝心要なのはあなたに決意があるか否かである。ある人々は故意に背きの罪を犯す。彼らは世俗的道を歩くことは少しも良くないこと、それは人のいのちに喪失をもたらし、いのちの成長を遅らせることをはっきり知っているにもかかわらず、そうすることを主張し、しかも祈って、探し求めたあとにそうするのである。これは故意に背きの罪を犯すことではないだろうか。官能的快楽を渇望し、富に固執し、それから次のように言って神に祈る者のように。「神よ。私が官能的快楽にしがみつき、富に固執することをお許しになるのでしょうか。私がこのようにお金を稼ぐのは、あなたの御心でしょうか。」これが適切な祈り方だろうか。神がこのようなことはまったく喜ばないことを充分に知っているなら、彼らはそれらを放棄するべきだが、それらのことは彼らの心に定着している。そして神が彼らに譲歩することを強要し、神に答えさせるために彼らは祈り、探し求める。次に、教会の兄弟姉妹たちを自分の味方にして、自分たちだけの独立した王国を建て上げる者たちがいる。あなたは、これらの行動が神に逆らうことだとよくわかっているが、それでもわざわざ神に求め、神に祈る。あなたはあまりにも鈍感で、このようなことをしても、まだひるむ様子もなく、冷静に神に祈ることができる。あなたは本当に恥知らずだ。世俗的道を歩くことに関しては、以前からずっと説教されてきた。それは神が忌み嫌っていることであるのに、あなたはなおも祈って言う。「おお、神よ。私が世俗的道を歩くことをお許しになりますか。このようにして私はあなたの御心を満足させることができるでしょうか。実際、私の意図は正しいのです。私は肉のためにこれをしているのではありません。私がこうするのはひとえにあなたの御名が辱められないためなのです。あなたの栄光のためにそうするのです。そうすればこの世の人々は私の中にあなたの栄光を見ることができます。」このような祈り方は全く馬鹿げたたわごとではないか。あなたは恥ずかしいと思わないのか。これをやり甲斐のあることだと考えるなんて、あなたは最も愚かな者ではないだろうか。あなたは光の生活を経験することを嫌がり、その代わりに故意にあの暗闇と苦しみの生活を味わおうとしている。それならあなたはただ苦しむことを求めているのではないだろうか。あなたは、どのように霊的生活をおくるべきか、また、普通の人間としての生活をどのように送ればよいかを教えられ、真理のすべての側面について教えられてきた。その中で何か理解していないことがあるなら、それについて直接読みなさい。あなたはまだ目を閉じて、祈る必要があるのだろうか。まだ天を見上げて探しに行くなら、あなたはまだ漠然とした神の存在を信じているのではないだろうか。あなたは以前は、探し求め祈ることから成果を見出し、聖霊はあなたの霊を幾分か動かした。それは、当時は恵みの時代だったからである。あなたは神を見ることができなかったので、手探りで進み、そのようにして探し求めるしかなかった。今、神は人の間に来て、言葉が肉となって現れた。あなたは今では神を見ることができるので、聖霊はもはや以前と同じようには働かない。時代は変わり聖霊の働き方も変わった。祈りは以前ほど行われないかもしれないが、神が地上にいるので、今人には神を愛する機会がある。人類は神を愛する時代に入り、彼らの心の中には神への本当の親近感がある。「おお、神よ。あなたは実に良いお方なので、私は喜んであなたを愛します。」このようなわずか数語の明確で単純な言葉があなたの心の中の神への愛を表明し、それはひとえにあなたと神の間の愛を深めることになるのである。時々、あなたは反抗的な態度を表している自分を見出すかもしれない。あなたは言う。「おお、神よ。なぜ私はこんなにも堕落しているのでしょう。」あなたは本当に自分を責めずにはおられず、あなたの目には涙が浮かんでいる。この時あなたは心から悔い苦悶しているが、あなたには、それをどう表現すればよいのかわからない。これは現在における聖霊の働きであるが、それはいのちを探し求める者たちだけが獲得できるものである。あなたは神が自分に対し大きな愛を持っていると感じ、特別な感情を心に抱くが、あなたには明確に祈る言葉が見つからない。しかしながら、あなたはいつも神の愛は海のように深いと感じている。だがこの状態をどう表現すればよいのかわからない。あなたはそれをいつも心の中で感じてはいるが、これを表すに相応しい言葉が一度として見つからない。これはしばしば霊において生じる状態である。神により近づくことを目指すあなたの心の中にあるこの種の祈りと交わりは正常なものである。

今、手探りで進み、探し求める生活は過ぎ去ったが、それは、人々はもう決して祈るべきではないと言うことではない。また、働きを続ける前に神の意志が現れるのを待つ必要はないと言うことでもない。それは人の先入観にすぎない。神は人々と共に暮らし、人の光、人のいのち、人の道となるために来られたのであり、これは事実である。もちろん、神、地上に来る際、彼らが享受する人の霊的背丈に合う実践の道といのちを人にもたらすことが必要である――神は人の実践するすべての方法を破壊するために来たのではない。人はもはや手探りで進み、探し求めることによって生きているのではない。何故なら、神が働き、言葉を話すために地上に来たことがそれに取って代わったからである。神は人を曖昧な暗闇の生活から解き放ち、人に光の人生を与えるために来たのである。現在の働きはものごとを明確に指摘し、明確に話し、人に直接語り、ものごとをはっきりと規定することである。そうすれば人はこれらのことを実行に移すことができる。ちょうどヤーウェがイスラエルの民を導いて、犠牲を捧げる方法、神殿の建設方法を語ったように、あなたはもはや、主イエスが地上を去った後のような探し求める生活を送る必要はない。福音を広めるという将来の働きのために、あなたたちが手探りで進むことは必要だろうか。いかに生きるべきかを知るために手探りで進むことが必要だろうか。自分の本分をいかに実行するべきかを知るために手探りで進むことは必要だろうか。いかに証しすべきか知るために、地面にひれ伏して、探し求めることは必要だろうか。どのような服装をし、どのように暮らすかを知るために断食して祈ることは必要だろうか。征服されることをいかに受け入れるべきかを知るために、耐え忍びながら天の神へ祈ることは必要だろうか。どのように神に従うべきかを知るために日夜ひっきりなしに祈ることは必要だろうか。あなたたちのなかには、「私は理解していないからそれを実践することができない。」と言う人々がたくさんいる。人々は今日の働きに少しも注意を払っていない。私はこれらの多くのことをずっと前に語ったはずだ。ただそれは、あなたたちが注意を払わなかっただけのことで、あなたたちが知らないのは当然だ。もちろん、今の時代でも、彼らが楽しみを感じられるように、聖霊はまだ人々を動かし、また、人ともに生きている。これらはあなたの生活でしばしば起こる特別で快い感情である。時折、神が本当に愛しく思われて、こう祈らずにはおられない日がある。「おお、神よ。あなたの愛はとても美しく、あなたの姿は本当に偉大です。私はもっと深くあなたを愛することを願います。私は私の費やす生涯のすべてをあなたに捧げたい。あなたのためであるならば、私はすべてをあなたに捧げたい。ひたすらあなたを愛することができるために…」これは聖霊があなたに与える喜びの感情である。啓発でも光をあてることでもなく、霊の高揚である。この種の体験は時たま、仕事に行く途中などに生じる。あなたは祈り、神がすぐ近くにいるのを感じるので、涙があなたの顔を濡らし、感動のあまり自制が効かなくなり、あなたは心の内にあるすべての熱情を表現するのに相応しい場所を見つけようと、いても立ってもいられなくなるだろう…時にはあなたが公の場にいる時、あなたが享受する愛の大きさに圧倒されて、自分という人間は並たいていの者ではないと感じることがあるだろう。そして更には、他の誰よりも自分は価値があると感じるだろう。あなたは、神があなたを奮い立たせていること、これはあなたへの神の大きな愛であることを深く知るだろう。あなたの心の最も奥まったところに、あなたは言葉では表せない、読み取ることのできないような神の愛を感じるだろう。わかってはいるものの、それをどう表現すればいいのか分からないので、あなたはいつもふと立ち止まって考え込んでしまうが、充分には表現できないままとり残される。このような時には、あなたは自分がどこにいるのかさえ忘れ、思わず声に出してしまうだろう。「おお、神よ。あなたを理解するのはほんとうに難しいですが、あなたはとても愛しいお方です。」時々、あなたは人々が不可解に思うような奇妙で、一風変わった行動をとることさえあるかもしれないが、これらはすべてしばしば起こりうることである…このような生活はあなたたちの経験では過剰なことであるが、これらのことは聖霊が今日あなたに与えた生活、あなたが今送らなければならない生活である。それはあなたの今の生活をやめさせることではなく、むしろあなたの生き方が変えられるのである。それは描写することも言い表すこともできない感情である。それはまた人の真の感情でもあり、それは更に聖霊の働きでもある。それはあなたに心では理解させるが、あなたはそれをまったく誰にも明確に表現することができない。あなたの話し方が遅いとか、言葉に詰まるからではなく、それは言葉では言い表せない種類の感情だからである。これはあなたが送るべき生活なので、神はあなたがこれらのことを享受することを許す。もちろん、あなたのそれ以外の生活は空虚ではない。ただ、このように聖霊に動かされることは、あなたの生活の中の一種の喜びとなり、あなたはいつも聖霊によるこのような心の高揚を楽しみたくなる。しかし、あなたは、このように動かされることはあなたが肉体を離れ、第三の天に昇ること、または世界を旅行することではなく、むしろ、あなたが今日神の愛を経験できるため、今日の神の働きの意義を経験し、神の配慮と守りを新しく体験するためであることを知るべきである。これらすべてのことは、神が今日行なっている働きをあなたがもっとよく知り、今日あなたが享受している神の愛をさらに感じ、体験できるようにするためであり――これこそがこの業の目標である。

探し求め、手探りで進む生活は、神がまだ受肉していない時のことであった。その頃は人々は神を見ることができなかったので、探し求め、手探りで進むしかなかった。今日、あなたは神を見ることができ、神は直接あなたにどう実践するべきかを告げるので、あなたはもはや手探りで進んだり探し求めたりする必要はない。神が導く道は真理の道であり、神が人に語ること、人が受け取るものはいのちと真理である。あなたは道といのちと真理を持っている。従ってどこかへ探し求めに行く必要はあるのだろうか。聖霊は二つの段階の働きを同時に行うことはできない。わたしが言葉を話し終えた時、もし人々がなおも祈って探し求める必要があるならば、それはわたしが行うこの段階の働きはむだに行われているということではないか。わたしは言葉を話し終えたというのに、人々はまだ充分理解していない。これは彼らが資質に欠けているからである。この問題は教会生活とお互いの交わりによって解決することができる。以前、受肉した神は働きを開始していなかったので、当時は聖霊がそのように働いて、その働きを維持した。その頃は聖霊が働きを行ったが、今は聖霊の働きに取って代わり、働きを行うのは受肉の神自身である。以前人々が祈った時、彼らは平安、喜び、叱責、懲らしめを体験し、これらすべては聖霊の働きに関連していた。今、こうした状態はとてもまれである。ペテロが祈った時、なぜ彼は平安、あるいは叱責の感情を持ったのか、そしてなぜパウロ、及びその他の人たちが祈った時も同じことを感じたのか。それは神の出現を見ることができなかった時代だったからであり、更にそれは、神が異なった働きをした恵みの時代だったからである。聖霊は各時代に一つの働きしかすることができない。もし神が二種類の働きを同時に行い、肉において一つの働きをし、聖霊が人々の中で別の種類の働きをしたら、また、肉なる神の言ったことは有効でなく、霊の言ったことが有効であるなら、キリストは語るべき真理、道、あるいはいのちをまったく持っていないことになってしまう。これは自己矛盾であり、まさに根源的な間違いであることになる。

人々は、過去の経験ではあまりにもひどく逸脱し、あまりにも多くの過ちを犯した。本来は、普通の人間性を備える人々が持つべきであり、行うべきことがいくつかあった。あるいは人間生活において見られるどうしても避けがたい誤りがあったが、これらのことが下手になされると、人々はそれを神のせいにした。客を自分の家に招いた姉妹がいた。蒸し饅頭がうまく蒸せなかったので、彼女は考えた。「これは神の懲らしめかもしれない。神は私の虚栄心を戒めておられるのだ。私はうぬぼれが強すぎるから。」実際、人の常識で考えれば、客がやってきたら、あなたは興奮して慌てふためいて、最初に何をしたらよいかわからず、自分がしていることを順序よく整えていなかったので、ご飯は焦げなかったとしても、料理が塩辛過ぎるといった有様である。通常、客がいなければ、あなたは問題ないのだが、客がやって来ると何もうまくいかない。この状況は興奮した感情によって生み出されるのだが、人々は終いにはそれを「神の懲らしめ」のせいにする。実際は、これは人間生活における過失に関連している。あなたが神を信じていなくても、やはりこのようなことに出くわさないだろうか。この種のことはよく起こることではないだろうか。人々の過失に関連する事柄はたくさんある。人々は数々の過ちを犯すが、それらは聖霊によってなされることではなく、神とはまったく関係がない。たとえば、あなたが食べている時舌をかんだら――これは神の懲らしめだろうか。神の懲らしめは原則に基づいており、通常はあなたが知っていて違反を犯した時に見られる。神はそれが神の名に関する事柄、あるいは神の証し、または神の業に関する場合には人を懲らしめる。人々は今充分に真理を理解し自分たちが為すことについて自覚を持つことができる。例えば:あなたが教会のお金を着服したり見境なく使ったりした時、平気でいられるだろうか。そんなことをしたら何かを感じるだろう。何かをしでかして、後になってから何かを感じ始めるのは不可能である。あなたは自分の良心に反する行動について心の中ではっきりわかっている。彼らは真理を明確に知っているのだが、誰でも自分独自の欲望を持っているので、ただその欲望を満足させる。だから何かした後はっきりとした良心の呵責はない。彼らが間違った行いをした時に懲らしめを受けなければ、後になってからどんな懲らしめがあるのだろう。お金をすべて浪費してしまった後では、どんな懲らしめがあるというのだろう。彼らは何かする時、自分の行為を完全に承知の上で行動し、良心の責めを感じる。あなたが耳を貸さないのであれば、神はあなたに注意を払わないだろう。義なる裁きが下される時が来ると、行動に応じた懲罰が各々に下される。理性のある普通の人間、また良心を持つ者として、あなたは自分のすることすべてを認識している。特に、なにか誤ったことをする時はそうである。教会には依然としてお金を使い込む人々が少数いるのだろうか。男女間の明確な境界を維持していない人々がまだ少数いるのか。人を裁き、逆らい、密かにものを破壊しようとする人々がまだ少数いるのか。それなら何故あなたたちは無事でいるのだろうか。あなたたちは皆、認識、さまざまな感情、良心の責めを心の中に感じており、そのために刑罰や鍛錬に苦しむことがある。人々はただかなり恥知らずなだけなのだ。罰が本当に彼らの身に降りかかるとしたら、それでも彼らはあえてこのように実践するだろうか。良心的な人々が何かする時、彼らは良心がほんの少しでも痛めば不安な気持ちになるので、そこで彼らは肉を捨てることができる。男女間の罪を犯す人々と同様である。彼らはその時自分のすることを認識しているが、欲望が強すぎて自分を抑えることができない。たとえ聖霊が懲らしめを与えても無駄なので、聖霊はもはやあなたには構わない。その時、聖霊があなたを懲らしめず、責めず、またはあなたの肉体に何もしなかったら、後でどのような非難が待っているのだろう。行動が行われた後、どのような懲らしめがあるのだろうか。それはあなたがあまりにも恥知らずで、下劣であることを証明するだけである。あなたは価値のない卑劣漢なのだ。聖霊は不必要な働きはしない。あなたが真理を充分知っているのに協力はしないが、なんでもできる能力があるならば、あの邪悪な者と共に罰せられる日が来るまで待つしかない。これがあなたに一番相応しい終わりなのだ。わたしは今繰り返し良心について説いてきた。これが最低基準だからである。良心がなければ、人々は聖霊の懲らしめも失うだろう。そうすれば彼らは自分のやりたい放題にできる。本当に良心がある人ならば、聖霊が責める時、内面の葛藤を体験し、そこで、あまり深刻な悪さをすることはない。どのように聖霊が懲らしめ叱責するかに関わらず、一般的に言えば、人々は皆何か間違ったことをする時、何らかの感情を抱く。そこで人々はあらゆる種類の真理を理解し、もしそれを実践しなければ、それは彼ら自身の問題である。わたしはこのような人々には反応しないし、彼らのためにどんな希望も抱くことはない。あなたは好きなようやればよい。

寄り集まっては、神の言葉は脇に置いて、いつも人のうわさ話をあれこれしている人々がいる。もちろん多少洞察力があるのはよいことで、あなたはどこへ行こうとも簡単には欺かれないだろうし、簡単にたぶらかされることもないだろう。これは人々が持つべき一面でもある。しかし、これは消極的な事柄に関連しているので、あなたはこの面だけに重点をおいてはならない。あなたは人間にばかり目を奪われてはならない。聖霊がどのように働くのかということに関する今のあなたの認識は少なすぎるし、あなたの神への信仰はあまりにも表面的すぎ、あなたの持つ積極的事柄は少なすぎる。あなたが信じるものは神であり、あなたが理解する必要があるのは神であり、サタンではない。あなたが、サタンがどのように働くのかだけを理解し、悪霊が働くあらゆる方法に精通していたとしても、神に関する認識を少しも持っていないなら、これにどれほどの意味があるのだろう。今日あなたが信じるのは神ではないのか。なぜあなたの認識にはこれらの積極的事柄が含まれていないのか。あなたは真理に入ることの積極的面にまったく注意を払わず、少しも理解していない。それでは、あなたが獲得したいのは一体何なのか。あなたはどのように探し求めるべきかわからないのか。あなたは消極的な「教育材料」をたくさん持っているが、真理に入ることの積極的面では何も得られないので、あなたの霊的背丈は一体どのように成長できるのだろう。誰かがサタンとの戦いについてだけ話すなら、その人の発展には、どのような将来性があるのだろう。あなたの霊的歩みは時代遅れではないだろうか。あなたがこのまま続ければ、現在の仕事から何を得ることができるだろう。肝心要なことは、あなたが神は今何を為したいか、人はどのように神と協力するべきか、どのように神を愛すべきか、聖霊の働きをどのように理解すべきか、今日神が語るすべての言葉の中へどのように入るべきか、それらをどのように読み、理解し、経験するべきか、どのように神の意志を満足させるべきか、どのようにして神に完全に征服され、神の前に従うべきか…これらは今入るべき課題なのであなたはこれらに重点を置くべきである。あなたは理解できるだろうか。人々を判別することだけに重点を置くことが何の役に立つのか。あなたはこちらではサタンを識別し、あちらでは悪霊を識別し、その他多くのことを識別できる。悪霊について完全に理解し、悪霊を見たらすぐ識別できる。しかし、神の働きについて何も言うことができなければ、あなたの識別力はあなたが神を理解することに取って代われるだろうか。わたしは以前、悪霊の働きの表現について交わりの時を持ったが、これは主要なことではない。もちろん、人々は多少の識別力も持つべきである。これは、神に仕える人々が、愚かなことをせず、神の働きを妨げないために所有すべき一面だからである。しかし、最も重要なことは、引き続き神の働きについての認識を持ち、神の意志を理解することである。この段階の神の働きについてあなたはどのような認識を持っているだろうか。神の為すことは何か、神の意志とは何か、あなたは言うことができるだろうか。また、あなた自身の欠点は何であるか、どのようなものをあなたは備えるべきか、言うことができるだろうか。あなたの最新の霊的歩みは何か、言うことができるだろうか。あなたは過去の霊的歩みのうちいずれが逸脱と間違いであるか、どの霊的歩みが時代遅れだったか理解するべきである。あなたは新たな霊的歩みの中で実を結び、理解を獲得するべきである。知らないふりをしてはいけない。あなたは新たな霊的歩みの中で一層の努力をし、自分自身の経験と認識を深めなければならない。また、特にあなたの最新のの霊的歩みと最も正しい経験の仕方をもっとしっかりと把握しなければならない。あなたはまた、どうすれば時代遅れの実践方法を捨て去り、新たな体験に入ることができるかを知らなければならない。それ以上に、以前の時代遅れで、逸脱した実践を新たな働きと識別と歩みから区別するべきである。これらはあなたが今早急に理解し、入らなければならないものである。あなたは古い歩みと新しい歩みの違い、ならびに関係を理解しなければならない。もしこれらのことについて把握しなければ、聖霊の働きについていけなくなるので、あなたはどうしても前に進むことはできない。あなたの過去の歩みと経験の多くは逸脱し、誤った実践方法に関連しており、その多くは過ぎ去った時代に属する経験方法であった。あなたはこれらのことにどのように取り組むべきか理解しなければならない。神の言葉をきちんと読むことと適切な交わりを通して、あなたは以前の時代遅れの実践方法や古びた伝統的概念を変えることができなければならない。そうすればあなたは新しい実践と新しい働きに入ることができる。これらがあなたの達成すべきことである。わたしは今あなたにごく細部に至るまで自分自身を理解するよう要求しているのではない。わたしはあなたにこれを必要以上に深刻に考えるよう求めているのではない。むしろ積極的面に真剣に入り、理解するよう要求している。あなたは「己を知る」ことができるかもしれないが、それは必ずしもあなたの本当の霊的背丈であるとはかぎらない。しかし、あなたが新たな働きの実践とその働きの中に入ることを体験することができて、どれがあなたの以前の個人的概念、あるいは誤解であるかを識別できるようになれば、これはあなたの本当の霊的背丈であり、あなたが所有すべきものである。これらはあなたたちの誰もが達成すべきことである。

あなたたちには、どうやって実践したらよいかまったく分からないことがたくさんある。ましてや聖霊がどう働くかなどはわからない。あなたは明らかに聖霊に従わない何かをすることがある。あなたはすでに飲食を通してそのことの原則を把握しているので、心を責められ穏やかならぬ感情に苦しむが、もちろんこれは真理を知っているということに基づいて感じる感情である。協力しないこと、また、今日の言葉に従って物事を行わないことは聖霊の働きを妨害し、人は必ず内心で不安を感じる。あなたはこの面の原則を理解しているが、それに応じて実践しないので、心を責められる気持ちに苦しむ。しかし、この原則を理解せず、真理のこの面を全然飲食しておらず、それをまったく知らないのであれば、この件に関して必ずしも責められる気はしないだろう。聖霊に責められる気持ちが生じるのは条件付きである。あなたは、自分が祈らなかったから、聖霊に協力しなかったから、自分が担っている重荷を解き放たず、聖霊の働きを遅らせたと考える。実際は、聖霊の働きを遅らせることはできない。また、もしあなたが何か言うべきことを言わなければ、聖霊は誰か他の人を奮い立たせてそれを語らせるだろう。聖霊はあなたによって抑制されることはない。あなたは神に申し訳ないと思い、それはあなたが感じべきことである。しかし、神はそれをなんとも思わず、それは過ぎ去る。あなたが何かを獲得できるか否かはあなた自身の問題である。ときどきあなたは良心に非難の苦しみを感じるが、これはその時の聖霊の啓示でも光をあてることでもないし、聖霊によって心が責められることでもない。むしろそれはあなたの良心の感情である。それが神の名、神の証し、または神の業に関わることであり、あなたが乱暴に行動するならば、神はあなたをそう簡単には見逃さないだろう。しかし、それにも限度がある。言及する価値がほとんどないことに関しては、神はあなたのことで心を煩わせることはなく、あなたを無視するだろう。従ってこれはあなたが自分の良心の中で感じるべきことである。あることは普通の人間性をもつ人々が当然為すことであり、また、あることは普通の人間生活で起こることある。たとえば、あなたが蒸し饅頭をきちんと蒸せないと、神があなたを懲らしめていると言う――これはまったく不合理な発言である。あなたが神を信じるようになる前でも、このようなことはしばしば起こっただろう。その頃はサタンがあなたを懲らしめていたのだろうか。実際、このことに関し、あなたがもっと実践すれば、あなたは間違いをしなくなるだろう。間違いをしているのはあなたの脳にすぎない。あなたにはそれが聖霊の懲らしめのようだと思うが、実はそうではない(いくつかの例外的状況は別として)。なぜなら全部が聖霊によって為された働きではなく、むしろ人々が持つ感情に過ぎないからである。しかし、そのように考えることは神を信じる人々がするべきことである。あなたは神を信じなかった時、このように考えることはできなかっただろう。いったん神を信じるようになると、あなたの心はこのことに関して尽力し、あなたは知らず知らずのうちにこのような線に沿って考え始めた。これは普通の人々の思考から生じ、彼ら自身の考え方から来る影響にも関連している。しかし、一言言わせてもらうが、これは聖霊の働きの範疇に該当することではない。この側面は彼ら自身の思考を通して、聖霊により人に与えられる正常な反応に属している。しかし、あなたは、この反応は聖霊の働きではないことを理解しなければならない。この種の「認識」を持つことは、あなたが聖霊の働きを持っていることの証明にはならない。あなたの認識は聖霊の啓示には関連していないし、ましてや聖霊の働きではない。それは単に人々の普通の思考の反応であり、聖霊の啓発や光をあてることにはまったく関係がない。それらは二つの完全に異なる事柄であり、全部が聖霊によってなされているわけではない。聖霊が人々を啓発するために働く時、聖霊は通常人々に神の働き、および彼らの真の霊的歩みと本当の状態についての知識を与える。また彼らに決意も与え、今日の人に対する神の熱心な意図や要求を人々に理解させ、あらゆる道を開く決意を与える。流血や命の犠牲を経験する時でさえ、人々は神のために行動しなければならず、迫害や逆境に遭遇する時でさえ、神を愛さなければならず、悔いることなく、神のために証しするために立ち上がらなければならない。このような決意は聖霊による激励、聖霊の働きである――しかしあなたは刻一刻そのような激励を受けるわけではないことを知っておきなさい。ときどき集会であなたは非常に感動し、霊によって動かされるのを感じることができ、あなたは大いに賛美し踊る。あなたは、他の人々が分かち合っていることを自分でも信じられないほど理解しているのを感じる。心の中が一新されるのを感じ、あなたの心は澄み切って、虚しさは全くない――これはすべて聖霊の働きに属している。もしあなたが指導的立場の人で、あなたが教会に働きに出かける時、聖霊があなたに並外れた啓示と光を与え、あなたを仕事において信じられないほど熱心で、責任感をもち、真剣にさせるならば、これはすべて聖霊の働きに属している。

前へ:聖書について(4)

次へ:実践(2)

他のお気に入り