648 真理を実践すれば変化できる

1 問題や状態はどんなものであれ、常に真理をもって解決することができます。どんな問題を抱えているにせよ、真理を受け入れてそれを理論から現実へと変換し、実践してその中に入れば、どんな人であろうと変容と成長を遂げることになります。重点は人々の心の中とその選択にあり、そして問題に遭遇したとき神に背を向けるか、または服従して神の言葉に従うかということにあります。また、何かに直面したとき、自分の物理的な欲求を満たすことを選ぶか、あるいは肉を捨て去って真理を実践し、神の言葉に従って行動するかということも重要です。

2 いつも物理的な好みや欲望に従い、自分の肉を満足させて欲求を満たすことを選ぶ人は、真理を実践することの意味も価値も決して経験できません。一方、肉を捨て去り、自分の計画や欲望を手放し、真理に従って実践し真理の現実に入ることができる人は、徐々に真理を実践するとはどういうことかを体験し、真理を実践することの楽しさや喜びに気づけるようになり、そして少しずつ、神の言葉の重要性を感じ取り、そのように行動せよという神の要求の意味と価値は何なのかを感じられるようになります。

3 頻繁にそのように実践しているうちに、自分自身の堕落、邪悪さ、傲慢さ、利己心、不従順、反抗心を嫌悪するようになり、心の中には自分の本性と本質に対する憎しみ、嫌悪、反感が生まれてきます。また同時に、身の回りで出くわすあらゆる否定的な物事にも反感を抱くようになります。彼らは真理を実践できるようになりたいと強く望むようになり、真理を実践するための霊的背丈と十分な意志力を得たいとも思うようになります。そして真理の現実に入り、神の旨を満たし、良心、分別、真理の現実を備えた被造物になりたいと望みます。また神に従い、神によって整えられたすべての環境に従い、神に逆らわなくなることも切望し、神の旨を満たせることを願うようになるのです。

『キリストの言葉の記録』の「あらゆる物事の中に真理を求めてこそ真理の現実に入ることができる」より編集

前へ: 647 私たちが救われるのは神が私たちを選んだから

次へ: 649 神の意志を失望させることはできない

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

111 神は六千年に及ぶ救いの計画における支配者である

1 神は初めであり終わりである。神の働きを始動させるのは神自身なのだから、前の時代を終わらせるのも神自身でなければならない。それは、神がサタンを打ち負かし、世界を征服する証拠である。神自身が人々のもとで働くたび、それは新しい戦いの始まりとなる。新しい働きの始まりがなければ、当然古…

1015 神が人に授ける最高の祝福

1神のことばの完成により神の国が形成する人が正常に戻るとともに神の国がここにある神の国の民は正常な生活を取り戻し今日は神の前に生き明日は神の国で生きる全地は喜びと温かい心で満ちる神の国がこの地上にある神の国がこの地上にある2凍える冬は常春の世界となり人は悲惨なめに遭うことも凍える…

101 神の救いの業の目的

1神には6000年に渡る救いの計画がありそれは3つの段階に分かれている律法の時代次に恵みの時代そして最後の段階は神の国の時代と呼ばれているそれぞれの段階で神の業は違うが全ては人類に必要であり神と戦う サタンの企みに対処するもの神の業の目的は神の知恵と全能を現しサタンの企みを暴き打…

905 神の権威を知るための道

1神の権威と力神に固有の身分と本質についての認識はあなたの想像力によって得られるものではない「想像するな」ということは「何もせずただ座って破滅を待て」という意味ではなく「論理を用いて推測せず知識や科学を通して研究するな」という意味である神の言葉を食べ 飲み 体験する中であなたは神…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索