すべての問題は真理を追い求めることで解決できる

今、現実とは、真理を追い求め、自分の堕落した性質を知り、その性質から解放されるために真理を理解し、神を満足させるよう本分を尽くせること、真理の現実に入り、真の人間らしく生きることです。現実とは、神を愛し、神に従い、神を証しすることです。これらは神が望んでいる成果です。触れることも見ることもできないものを探求することは無益です。それらは現実とも、神の働きの効果とも関係がありません。真に知的な人の態度はこうです。「神が何をなそうと、私をどう扱おうと、私がどれほど深く堕落していようと、私の人間性がどうであろうと、真理を追い求めて神を知ろうという私の決意は揺らぐことがない。」神を知ることによってのみ、人は自分の堕落した性質を解消し、神の意志を満たすために本分を尽くすことができます。これこそが人生の方向であり、人間が達すべきことであり、救いへの唯一の道です。

『キリストの言葉の記録』より編集

前へ: 神は決意のある者を好む

次へ: 生存者になることを追求すべきです

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

人類が安息に至る唯一の道

懲らしめと裁きによる 神の最後の聖めの中立つ者は 最後の安息に入る サタンから解き放された者は 神のものとなり最後の安息に至る 裁きと懲らしめの真髄は 最終の安息に備え人を清めること この業がなければ 全人類は種類で分類されない それが安息に入る唯一の道 清めだけが不義を消…

人間への神の憐れみは止んだことはない

「創造主の憐れみ」は虚しい言葉や約束ではない 原則と目的があり 真実で現実的で虚偽ではない その憐れみは人に授けられ とこしえに続く だが創造主がヨナと交わした言葉に残っている なぜ彼が憐れみ深いか どのようにそれを示すか どれだけ人に寛容か そして彼らへの本当の感情が 幾度怒り…

人を救う神の働きの意義

神の救いは神を礼拝し従う人を得るため サタンにより堕落したが 父と呼ばない もう二度と 人はサタンの忌わしさを知っているから サタンを拒め サタンを拒め 人は受け入れる 神の前で罰と裁きを 人は知っている どちらが忌わしくまた聖いのかを 神の偉大さとサタンの邪悪さを こ…

神に味方する人はあまりにも少ない

神は人に多くの働きを為した 人の救いのために 人が神に味方するために 神は多くを語った しかし神は心を同じくする者を ほんの少ししか得なかった そこで神はこう言った 「人は神の言葉を大切にしない それは人が神に味方しないからだ」 神の働きはただ 人が神を礼拝するためではない…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索