終わりの日の神の受肉の背後にある目的

神は終わりの日に行うべき働きを行い、言葉による職分を果たすために受肉した。神の心に付き従う人々を完全にすることを目的として、人間のもとで働くために神は自らやって来た。創造の時から現在まで、神がその働きを行うのは終わりの日のみである。そのような大規模な働きを行うために神が受肉したのは、終わりの日のみである。神は人間にとっては耐え難いであろう苦難に耐え、偉大な神として凡人となるほど謙遜しているが、神の働きのうち遅れている側面はなく、その計画は少しも混乱していない。神は、当初自ら計画したとおりに働きを行っている。


この受肉の目的のひとつが、人間を征服することである。もうひとつの目的が、神が愛する人々を完全にすることである。神は、自分が完全にする人々を自らの目で見ることを、そして神が完全にする人々がどのようにして神の証しに立つかを自ら見ることを望んでいる。完全にされるのは一人や二人ではない。しかし完全にされるのは、極めて少人数の集団である。この集団は、世界各地の様々な国から、様々な国籍から集められる。これだけの働きを行う目的は、その集団を得ること、その集団が神のために立てる証しを得ること、そしてその集団をとおして神が得る栄光を得ることである。


『言葉は肉において現れる』の「実践を重視する者だけが完全にされることができる」より編集

前へ: 赤い大きな竜の国における神の働きの意味

次へ: ヨブがサタンに勝利した証拠

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

神は人類が生き続けるのを願っている

神は人を蔑んだ 人が神に敵対したから でも神の心の中の 人への思いやり、心配、憐れみは変わらない 人間を滅ぼした時さえ 極みまで人が汚れ 不従順になっても神は その性質と本質のゆえに 原則に従い 人間を滅ぼさざるを得なかった 神はそれでもなお人類を憐れんだ 神の本質のゆえに 人…

神は傷つきながら人を愛する

肉にある神は裁かれ 罪に定められ 嘲笑され 悪魔と宗教界に追い払われた 誰も神の痛みを埋め合わすことはできない 人類の抵抗や中傷 追跡とでっち上げは 神の肉が危機に直面する原因となる 誰がその苦痛を理解し和らげることができるのか? 神は忍耐強く 堕落から人を救い …

あなたは永遠のいのちの源を知っているか

神は人の命の源であり 天と地は神の力によって生きている 命ある全てのものたちは 神の支配と権威から逃れられない あなたが何者であったとしても 人々は神に従わなくてはならない そしてまた人は 神の支配と神の命令に服従しなければならない あなたは熱意を持って 命と真理を探しているか…

神はあなたの心と霊を捜し求めている

全能者の命の供給を離れ 生きる意味知らずに 死をまた恐れ 支えはなく、救いもないが それでも目を閉じようとせずに 魂の感覚のない肉体を支え 無理をして良心をごまかして生きている 誰も彼もが望みはなく 目標もなく生存している 伝説の聖なる者だけが救う 彼の到来を待ち 苦しみの中…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索