終わりの日の神の受肉の背後にある目的

神は終わりの日に行うべき働きを行い、言葉による職分を果たすために受肉した。神の心に付き従う人々を完全にすることを目的として、人間のもとで働くために神は自らやって来た。創造の時から現在まで、神がその働きを行うのは終わりの日のみである。そのような大規模な働きを行うために神が受肉したのは、終わりの日のみである。神は人間にとっては耐え難いであろう苦難に耐え、偉大な神として凡人となるほど謙遜しているが、神の働きのうち遅れている側面はなく、その計画は少しも混乱していない。神は、当初自ら計画したとおりに働きを行っている。

この受肉の目的のひとつが、人間を征服することである。もうひとつの目的が、神が愛する人々を完全にすることである。神は、自分が完全にする人々を自らの目で見ることを、そして神が完全にする人々がどのようにして神の証しに立つかを自ら見ることを望んでいる。完全にされるのは一人や二人ではない。しかし完全にされるのは、極めて少人数の集団である。この集団は、世界各地の様々な国から、様々な国籍から集められる。これだけの働きを行う目的は、その集団を得ること、その集団が神のために立てる証しを得ること、そしてその集団をとおして神が得る栄光を得ることである。

『言葉は肉において現れる』の「実践を重視する者だけが完全にされることができる」より編集

前へ: 神は我々のところに静かに到来する

次へ: 誰も神の到来に気づいていない

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

聖霊の働きの原則

聖霊は単独で働くわけではなく また人も独りでは働けない 人と神の霊は共に手を取り合い 一緒に働きを成し遂げる 人の努力と聖霊の働きは 神の言葉の理解をもたらす 人と聖霊が日々共に歩むことで 徐々に完璧な人間が創られる 聖霊から啓示を受け 明察を得るために 必要なことがある 聖霊…

神に味方する人はあまりにも少ない

神は人に多くの働きを為した 人の救いのために 人が神に味方するために 神は多くを語った しかし神は心を同じくする者を ほんの少ししか得なかった そこで神はこう言った 「人は神の言葉を大切にしない それは人が神に味方しないからだ」 神の働きはただ 人が神を礼拝するためではない…

神は人を救うために大いに苦しむ

神は、遠い昔に人間の世界へ来て人間と同じ苦難を受けた。神は長年にわたり人間と共に生活したが、彼の存在を見出した者はいなかった。神は人間の世界の惨事に黙して耐えつつ、自身が負う業を行っている。父なる神の心と、人間の必要性のため、神は人間が嘗て経験したことの無い苦痛を受け、それ…

神が人に授ける最高の祝福

神のことばの完成により神の国が形成する 人が正常に戻るとともに 神の国がここにある 神の国の民は正常な生活を取り戻し 今日は神の前に生き 明日は神の国で生きる 全地は喜びと温かい心で満ちる 神の国がこの地上にある 神の国がこの地上にある 凍える冬は常春の世界となり 人は悲惨な…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索