信仰において人が持つべき目的

神への信仰とは

神の言葉をいのちの現実として受け取り

神を真に愛するために

神の言葉から神を知ること

より明確に言うと

神に従い 神を愛し

神の被造物が為すべき本分を尽くすこと

これが神への信仰の目的

信仰で保つべきことは

神の愛らしさ 神が敬うに値すること

神が被造物をどのように救い完全にするのかを知ること

神を信じることは

奇跡やしるしを見るために何かをしたり

自分の肉のためであってはならない

神を知り従えるよう追い求めること

ペテロのように

死に至っても神に従うことが成し遂げること


神への信仰とは

自然のままの肉の生活から神を愛し

神の存在の中にある生き方へと変えられること

それはあなたがサタンの支配から脱して

神の守りと配慮のもとに生き

肉への従順ではなく

神への従順に達すること

神に心を捉えてもらい完全にされ

サタンの堕落から脱すること

神への信仰とは

神の力と栄光があなたに現れること

神を信じることは

奇跡やしるしを見るために何かをしたり

自分の肉のためであってはならない

神を知り従えるよう追い求めること

ペテロのように

死に至っても神に従うことが成し遂げること

それは神の力と栄光があなたの中に現れ

神の意志を行い

神の計画を成し遂げるため

そうすればサタンの前で神を証しできるだろう


『言葉は肉において現れる』の「すべては神の言葉が達成する」より編集

前へ: 神の采配の背後にある人のための目的

次へ: 信仰への鍵は神の言葉を命の現実として受け入れること

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神の肉と霊は全く同じ本質を持つ

神の霊を まとった肉は 神自身の 肉である 全能・・崇高・・聖にして・・正しい それはまさに 神の霊と 同じである 人々のため このような肉は 善き事だけを 為す事が出来る 聖なる・・偉大で・・栄光に・・・満ちた 栄光に 満ちた事のみを 為す事が出来る 肉なる神は 真理に背いた…

人類はもはや神が望むような存在ではない

人類は何年もかけ発展し 今日に至った しかし神が創造した人類は 長い間堕落に沈んでいる 人は神の存在を信じない 神が来ることを歓迎しない 神の求めにいやいや同意し 人生の喜び 悲しみを 心から神と分かち合わなかった 人は神を不可解なものと見る 神に微笑むふりをし へつらうよ…

苦しい試練を通してのみ神の麗しさを知ることができる

神を満足させることを求めるのは 神への愛を持って神の言葉を実行することである いつであれ 他の人の力が欠けても あなたは神を愛し 深く慕い 神のことを焦がれる これが実際の背丈である あなたの背丈は神への愛によって あなたが試練の中でも 立つことができるかどうかによって決ま…

全能者の超越性と偉大さ

いつも神の意のまま 神の見守る中 雷光のような速さで この世界は変わることがある 人が夢にも思わなかったことが到来するだろう 人が長らく手にしていた物は 消え去ってしまうだろう 神の足跡を知る者は誰もいない 誰も彼の力の偉大さを把握できない 人に見えないものを感知するのが神の…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索